スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「開業後、「ストレス強まった」が半数以上-日医調査」


ネタ元は

耶馬苦痢陰弔さん

http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1094.html#comment8055


です。

いつも大変お世話になっております。






マスコミも国も

医療現場叩きを

”開業医叩き”に切り替えつつありますが、

昨今の経営事情では

開業医も青息吐息です。






ま、

こんなこと絶対に

マスコミは大きく取り上げないとおもいますが






開業後、「ストレス強まった」が半数以上-日医調査

更新:2009/09/30 21:26   キャリアブレイン

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24551.html



 日本医師会は9月30日、定例の記者会見を開き、開業医の開業した動機や実情に関するアンケート調査の結果を公表した。それによると、

勤務医時代と比べ労働時間が過重

になったり、

精神的ストレスが強くなった

りしたと感じる開業医が

それぞれ約4割、5割強

に上るなど、

開業医が疲弊

している実態が浮かび上がった。


 調査は、日医会員のうち、医療法人または個人立の診療所、病院の開設者が対象。都道府県ごとに診療所の20分の1、病院の10分の1を抽出し、診療所3584施設、病院390施設に7月28日に調査票を送付。有効回答は診療所、病院それぞれ1861施設、123施設だった。

 それによると、新規に開業した場合の開業時の平均年齢は41.3歳。開業後の年数別に開業時の平均年齢を見ると、「30年超」が37.5歳、「20-30年」が39.4歳、「10-20年」が41.7歳、「5-10年」が43.5歳、「5年以内」が44.9歳となった。開業後の年数が短いほど、開業時の年齢が高くなる傾向があり、日医では「病院などで一定期間のキャリアを経た後に開業しているケースが増えている」と分析している。

 また、開業した動機を複数回答で聞いたところ、「自らの理想の医療を追求するため」が42.4%で最も高かった。以下は、「勤務医または研究者としての将来に限界を感じたため」35.1%、「経営も含めてやり甲斐を感じたため」26.3%と続いた。
 さらに、「勤務医または研究者時代の精神的ストレスに疲弊したため」「勤務医または研究者時代に過重労働に疲弊したため」もそれぞれ21.0%、18.6%に上った。

 勤務医時代と比べ、開業後の方が負担になっている「診療面」の業務としては(複数回答)、「レセプトの作成、チェック」が52.2%で最も多く、以下は「自身の医療水準の維持」49.5%、「レセプト以外の書類作成」38.3%と続いた。
 また、「管理面」では「スタッフの採用」が65.1%に上った。「機器等のメンテナンス」(48.5%)、「スタッフの教育・育成」(48.3%)も多かった。
 さらに、勤務医や研究者時代と

労働時間を比較した場合、「過重になった」との回答が41.6%

(「かなり過重になった」20.4%、「やや過重になった」21.2%)、

精神的ストレス

についても、

「強くなった」との回答が54.4%

(「かなり強くなった」27.7%、「やや強くなった」26.7%)に上った。

 今後に対する不安感を「経営全般」「休業時の収入確保」「引退後の収入確保(年金や退職金)」のそれぞれについて聞いたところ、「かなり不安」「やや不安」を合わせた割合はそれぞれ66.6%、83.1%、72.8%だった。

 日医の中川俊男常任理事は、病院勤務医だけでなく開業医も、過重労働や精神的ストレスにさいなまれていると指摘した上で、「地域で理想の医療を追求する医師を失わないためにも、病院勤務医と開業医をそれぞれ評価すべき」と強調した。






医療業界は

国やマスコミの草刈り場になっており

いろいろな歪みを

放り投げこまれています。




医療ではなく福祉の問題も

医療に丸投げされ、

医療が悪役になっており、

国の赤字問題も

医療問題とされています。




そのはけ口が

開業医に向かってしまっています。

現状は

昨年以上に破産が増加し、

医療現場は荒廃しています。






それでもなお、

医療を叩けば

つぶれるのは当たり前なんですが、

開業医は国のゆがみの

人身御供となってしまうかもしれません。



















関連記事

コメント

NoTitle

マスコミはそうなったときの言い訳をもう準備していますよ。

「経営努力が足らない」

臨床ばかりしていて、診療所経営に対する知識を持たずに、夢ばかり見て始めたために、コストの改善ができず経営難に陥っているのだから、自業自得。それを診療報酬などで助けてやる必要はない。実際、多額の収入を得ている開業医もいる。

こういう論理展開で攻めてくるのは確実でしょうね。
多額の収入を得ている開業医の多くが自由診療を行っているから、という所は決して話題にしないでしょうが。

廃業医

自由診療に 手を染めると 歯医者 基
敗者にまっしぐら かと、、、
今までは 技官になった同級生を
侮っておりましたが、、彼の慧眼に
畏怖する毎日ですわ。

NoTitle

  マス●ミが倒産した時の為に、その台詞はとっておきませう。

  『経営努力が足りない』
  妄想ばかりしていて、企業経営に対する知識を持たずに、世の中の流れから取り残されて、薄っぺらい記事ばかり書き連ねていた為に、コストの改善ができずに経営難に陥っているのだから、自業自得。 それを『500億よこせ』などと助けてやる必要はない。 実際、平均年収よりも多額の収入を得ている、『自称』ジャーナリストもいる。

目がテン・・・

医師10人一挙に「診療科部長」に ”実より名”と…香川・坂出市立病院
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091001-OYO1T00603.htm?from=top
>財政難から難色を示す市に「昇給を抑え、『部長』の肩書だけでも」
>給料の等級などは据え置き、一部手当などで年間の収入増を1人平均約30万円に抑える。

これ、「名ばかり管理職」以外の何物でもないでしょう!?それを、

>厚生労働省の担当者は「都市部への医師偏在解消に、自治体が知恵を絞る中、一つの策として参考になるのでは」としている。

・・・病院も厚労省もアホすぎて話になりません。

NoTitle

厚生「労働」省が名ばかり管理職を容認したということですね。
少なくとも医療界においては。
まあ、厚生「労働」省、今までも医療界の過重労働とか、時間外手当の不払いとか、とことんほっぽらかしてきた経緯がありますから、当たり前と言えば当たり前か。

NoTitle

厚労省もさることながら、私はこんな中身のない無茶苦茶な対応について、何ら批判も加えず役所のコメントをそのまま記事にして垂れ流す新聞社の態度を見て少しゾッとしました。いつものことで見慣れすぎてしまっていますが、我が国の言論の自由度は既に相当に制限されてきているのかもしれません。
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。