スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「高山の防災ヘリ墜落:出動、5年前の3倍 過去最多215回 08年度 /岐阜」 すでにドクターヘリ運航中



墜落したヘリは

すでにドクターヘリとして

運用されていた、

というお話。


>04年度からは、ヘリに岐阜大医学部付属病院の医師が搭乗し、交通の便が悪い地域から大規模病院に患者を搬送する「ドクターヘリ」としての運航も行っている。



へー。

下手すれば

医師も死亡していたわけです。







高山の防災ヘリ墜落:出動、5年前の3倍 過去最多215回--08年度 /岐阜



毎日新聞 2009年9月13日 地方版

http://mainichi.jp/area/gifu/news/20090913ddlk21040034000c.html

 ◇異例の2機体制で対処

 山岳救助に向かった3人が死亡する惨事となった北アルプス奥穂高岳・通称「ロバの耳」で起きた県防災ヘリ「若鮎2号」の墜落事故。08年度の県防災ヘリの出動件数は過去最多の215回に達し、5年前の3倍近くになっていた。今回の事故は、登山者の救出のためなどで山間部への出動件数が増えている中で起こった。【山田尚弘】

 県防災ヘリは、救急(転院)、救助、消火活動のほか、訓練の災害予防対策活動などで出動する。

 県防災航空隊が発足した94年に、「若鮎1号」(川崎式BK117B-2、定員10人)が導入され、97年4月には今回墜落した「若鮎2号」(ベル式412型EP、定員15人)も導入され、全国的にも珍しい2機体制となった。

 岐阜は山間部や河川地帯が多く、機動性のあるヘリは山岳遭難や豪雨災害で威力を発揮するため、出動件数も年々増えてきた。08年度は2機で215回、計190時間を運航。中でも捜索救助活動は94年の導入当時は5件だったが、ここ数年は50件程度に増え、山岳での捜索救助も増えている。

 県防災課によると、2機が持つ機能に基本的な違いはないが、2号の方がエンジン性能が高く、標高が高い場所でも飛行できるという。2号は今回亡くなった操縦士の朝倉仁さんが専従で運航していた。2号の山岳での捜索救助活動は08年度は6件、今年度は11日の出動も含めて3件あった。

 04年度からは、ヘリに岐阜大医学部付属病院の医師が搭乗し、交通の便が悪い地域から大規模病院に患者を搬送する「ドクターヘリ」としての運航も行っている。

 他県の防災ヘリに応援要請をするための協定も近隣8県1市と結んでおり、08年度は5回出動した。





殉職された方のご冥福をお祈りいたします。






日本のドクターヘリは

このような”ハイリスク”

であることが

証明されてしまったわけですが、

それにもかかわらず、

多くの医師が保険もないままで

ヘリに搭乗させらるというのは

いかがなものでしょう?








DMATも無保険の放置状態ですし(2)、

医師は本当に

”使い捨ての安い奴隷”

として働かされているわけです。









(1)
■開業つれづれ:「岐阜県防災ヘリ墜落、3人死亡 北アルプス奥穂高岳」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1068.html

■開業つれづれ:常在戦場=埼玉県の医師?「ドクターヘリ:県が新たな運用開始 夜間も待機、24時間体制に /埼玉」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-984.html


(2)
■補償なしのDMAT 「補償なく災害支援「行けない」と判断 南信2病院 」
http://ameblo.jp/med/entry-10040479923.html










関連記事

コメント

いやなら乗るな。

>それにもかかわらず、多くの医師が保険もないままでヘリに搭乗させらるというのはいかがなものでしょう?

嫌なら断固として拒否すればいいんですよ。拒否の口実には事欠かないではないですか。
…つーか実は乗りたいと見たwだって救急医って産科医に劣るとも勝らないヘンタイ揃いなんだもんww

NoTitle

保険もないまま乗るなんて、というより、機内に収容してもできることが限られているような「似非ドクターヘリ」に乗る意味もないし、その必要もない。それが理由で拒否すべきでは?地上を走る救急車に医師が乗っているか→考えれば解るだろうに…。防災ヘリも県警ヘリも搬送が仕事でしょう。

ポイステ医師なんてましてや(笑)

NoTitle

2000mー3000mクラスの場所にいきなり釣れていかれたら
オイラ高山病になっちゃうね

今回の事例では途中でDr下ろしてるんですよね?
鍋平ヘリポートとやらで
http://zoome.jp/bee-movie_box/diary/17/
何故 乗せて行ったのでしょう?

NoTitle

そういや倒壊大学救急も減り持ってなかったっけ?

NoTitle

本来なら、山岳救助の場合は県警の専門のヘリを使うはずなのですけどね。
何で防災ヘリだったのかしらん。

ヘリ墜落:遭難救助、3000M超経験なし 若鮎2号

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090913k0000m040111000c.html
ヘリ墜落:遭難救助、3000M超経験なし 若鮎2号

 岐阜県高山市の北アルプス奥穂高岳(3190メートル)で県防災ヘリコプター「若鮎2号」が墜落し、搭乗員3人が死亡した事故で、同機は3000メートルを超える山岳地帯での救助経験がなかったことを12日、県防災課が明らかにした。97年の同機導入と同時に県庁入りした操縦士の朝倉仁さん(57)は同機専従で、同様に経験がなかったという。

 県防災課の鈴木金治・防災対策監によると、遭難の119番があると県防災航空センターに連絡が入り、センターは岐阜県警察航空隊と調整、県防災ヘリと県警ヘリのいずれが出動するか決める。だが現場が険しい山岳地帯の場合、これまで県防災ヘリが現場で救助にあたったことはなかったという。

 若鮎2号も導入以来、北アルプスのふもとのヘリポートまで救助に向かったことはあるが、3000メートル以上でホバリングして遭難者を引き上げた経験はなかった。

 だが今回は両者が協議し、県警ヘリは出動しなかった。鈴木・防災対策監は「警察航空隊からセンターに『警察に直接通報がなければ出動できない』と説明があったと聞いている」とした上で「一刻を争う事態だったので出動した」と説明した。県警幹部は「事実関係を確認したい」としている。

上の判断ミスか…。

朝倉さんは「経験がなく自信ありません」と、きっぱり言うべきでしたね。それが「プロ」ってもんでしょう。ちなみにボクはいつも言ってますw
>「警察航空隊からセンターに『警察に直接通報がなければ出動できない』

なんと言うお役所仕事!とか言う素人もいるでしょうが、これこそ「プロ」ってもんですw。
>「一刻を争う事態だったので出動した」
いやもう既に死…

医者なら袋叩き、ヘリの操縦士ならかわいそうな人

朝倉さんは、経験もないのにいちかばちかで出動し、結果的に同乗者は死亡したと、そういうことですね。

あれ?どっかで聞いたような?
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。