スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「覚せい剤使用容疑の福島県立医大院生 猶予中承知し入学許可」 相変わらず福島のやることはわけわからん

自校の卒業生がシャブ中になったので

更生のために博士号を取らせてやる、

という福島の理屈。



…私にはよく分かりません。






じゃあ、

同じ理屈なら、芸能人の酒井某さんとか

福島の大学院に行って更生するのってありですか?




いや、ある意味、そういう戦略もありかもしれません…。

インパクトとしては予想のつかないことをするのが大事ですから。

大学のイメージアップを考えたら、

田代某さんを大学院生にするより効果的かもw。







いつから医学部の大学院は

更生施設になったのでしょう?














覚せい剤使用容疑の福島県立医大院生 猶予中承知し入学許可

河北新報 2009年09月12日土曜日

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/09/20090912t63015.htm

 福島県立医大大学院医学研究科2年の吉野勝治容疑者(28)=福島市=が覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された事件で、医大は吉野容疑者が同法違反罪で有罪が確定し、執行猶予中と知った上で入学を許可していたことが11日、分かった。再度の事件を受け、医大は「退学も含めて処分を検討する。入学基準の厳格化なども検討したい」としている。

 医大によると、吉野容疑者は2007年12月に両親と訪れ、大学院進学などについて相談。東京都内の病院に研修医として勤務していた07年7月に覚せい剤を使用し、執行猶予の期間中だと説明し「更生して社会に貢献したい」と訴えたという。医学研究科の出願の書類には前科前歴などに関する項目はない。

 医大は医学研究科委員会で協議、両親との同居などを条件に入学を認めた。薬物に接する機会が少ない基礎医学の衛生学・予防医学講座を志望したことも考慮された。

 吉野容疑者は同大の卒業生で、大学側は「母校として立ち直りのためにできるだけのことをしようと決め、入学後も見守ってきた」と説明する。

 医大は「結果的に見通しが甘かった。大学が門戸を閉ざせば更生の道がなくなることになるが、議論の必要はある」(学生課)として、選抜方法を厳しくするなどの対応策を検討する方針だ。

 事件の詳細は16日に開かれる医学研究科委員会で報告される。入学選抜の方法などについても今後、委員会で議論される見込み。





執行猶予期間中に大学院に入学 大学側「更生させようと」

2009年9月12日 福島民友ニュース

http://www.minyu-net.com/news/news/0912/news2.html


 覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁渋谷署に逮捕された福島医大大学院医学研究科2年の吉野勝治容疑者(28)=福島市=が以前にも同法違反で有罪判決を受け、執行猶予期間中だったことを把握した上で、昨年4月に吉野容疑者の入学を認めていたことが11日、同医大への取材で分かった。同医大学生課は「更生させようと思い入学させた。今回の逮捕は残念で、大学としても申し訳なく思う」と話している。
 厚生労働省によると、吉野容疑者は同医大卒業後に研修医として東京都の病院に勤務していた2007(平成19)年7月、新宿区のホテルで覚せい剤を使用したとして逮捕、起訴され、同10月、東京地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けた。また昨年10月から2年間、医業(医師免許)停止の行政処分を受けていた。
 同医大は吉野容疑者の入学を認めた後、一部の教員に判決について説明し、吉野容疑者が再び覚せい剤に手を出さないよう注意するよう指示したほか、更生の妨げにならないよう課題の数を減らすなど配慮していたという。同医大には執行猶予期間中の入学希望者の扱いについて明確な取り決めはないが、事件を受け、入学資格の見直しも検討したいとしている。

全学生に薬物調査実施へ

 同医大は、覚せい剤の使用の有無などについて、全学生を対象としたアンケートなど何らかの方法で調査を早急に行う方針。









>容疑者が再び覚せい剤に手を出さないよう注意するよう指示

指示出したら

すべて聞くと思っている方が

すごいと思います。





当然、医学部ですから

覚醒剤中毒の再犯率は高いのを理解したうえで、

医学部として大学院で博士号を取得するのにふさわしい人物、

と判断したんでしょう。






大学のもくろみどおりに

話が進めば、



●福島医大卒

●東京で覚醒剤使用で有罪判決、2年間の医師免許停止

●執行猶予期間中に博士号取得

●2年後に医師免許復活、医学博士



という、ある意味エリートコース(?)な

展開になっていたわけです。





福島の考えることは

相変わらず分かりません。













関連記事

コメント

単純に

こういう人でも入学させないと卒後に聖地福島に残る(可能性がある)人材がいない、ということでしょう。今回の言い訳は完全に後付けですよ。

退学は処分ではないでしょうに。除籍でしょJK

薬物中毒の麻酔科医を

よその県立病院で薬物中毒で戒告処分になった麻酔科医を採用して当直させて、当直室で薬物中毒死した事件もありましたね。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q137098908

今みたら、プロポフォールだったんだと。



のりぴーを医師に

のりぴーは堀越学園高校卒なので学部から入学してもらって医師になって更生してもらえば良いんじゃないでしょうか?

NoTitle

「医学部として大学院で博士号を取得するのにふさわしい人物」

深読みしすぎな感じ
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。