スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「医療従事者なぜ最優先? 情報提供を―新型ワクチン」


>医療従事者なぜ最優先? 情報提供を―新型ワクチン





”何で医療関係者に優先的にワクチン打つかわかんねーぞ、こら!”

という方に啓蒙しましょう、

と言う主旨でしょうか。






ま、正しい情報を

常に提供することは大事です。




問題は常に

マスコミが正しい報道するかどうかに

かかっているんですけどね。








医療従事者なぜ最優先? 情報提供を―新型ワクチン



更新:2009/09/09 15:32   キャリアブレイン

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/24198.html

 厚生労働省は9月9日、有識者や患者団体代表などを招き、「新型インフルエンザワクチンに関する意見交換会」を開いた。新型インフルエンザワクチンの優先接種の対象者などを盛り込んだ素案を発表してからは初めての意見交換会で、出席者の多くが素案の優先順位を「妥当」と評価したが、医療従事者を最優先する理由を国民に知らせるべきだとの声も一部にあった。


 厚労省は、優先接種の対象を

▽医療従事者
▽妊婦と、基礎疾患を有する人(中でも1歳から就学前までの小児を優先)
▽1歳から就学前までの小児
▽1歳未満の小児の親
―の順とする素案を4日に発表。13日正午までパブリックコメントを実施している。

 神戸大大学院医学研究科の岩田健太郎教授は、素案について「国際的な推奨とほぼ同じ。非常に良くできている」と評価。東北大大学院医学研究科の森兼啓太講師も、「落ち着くところに落ち着いた」と述べた。

 茨城県保健福祉部の染谷意次長は、「全体的に妥当」としながらも、医療従事者を最優先していることについて、「死亡者、重症者をできる限り減らすための適切な医療を提供する『医療従事者』を守ることが、すべての市民を守ることにつながる。こうした基本的な考え方を市民が十分理解できるよう、情報提供が必要だ」と指摘した。東京都健康長寿医療センター病院感染症科の稲松孝思部長も、「なぜ医療従事者が最優先なのかよく説明されていない。病院の医療機能を維持することが、インフルエンザ以外の患者を守るためにも大変重要だと、国民の理解を高めてほしい」と要望した。

 医療の確保に関しては、日本透析医学会の篠田俊雄氏が「感染症指定病院か協力病院で、かつ透析ができる施設は非常に少ない。そういう施設に重症患者が殺到した時に、医療の機会が確保できるかが問題。何らかの援助を期待したい」と主張した。

■接種費用は「すべて無料に」
 接種費用を「実費負担」とする厚労省の方針に対し、日本小児科学会の横田俊平会長は、「子どもが複数いる家庭では負担が大きい」として、小児の接種を無料にすることを求めた。また、神戸大大学院の岩田教授は「医療従事者なども含めて、すべて無料にすべき。医療機関は新型インフルエンザ対策で、既にかなりの経済的なダメージを受けている。さらにワクチンの出費というのは許容できないと思う」と述べた。

 日本患者会情報センターの栗山真理子代表は、「高病原性でも、季節性のインフルエンザでもない今回の新型インフルエンザでは、(重症化しやすい)基礎疾患を有する人も優先対象になることを、対象にならない人たちに十分説明してほしい」と述べた。

 栗山氏はまた、厚労省が今後、「基礎疾患を有する人」の定義を公表する考えを示していることに関して、優先対象から外れた疾患の扱いを明確にするよう要望した。NPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」の小林信秋専務理事も、「例えば小児慢性特定疾患なら514種類あるが、(優先対象となる基礎疾患の)具体的な病名を挙げると、必ず漏れる患者が出て不公平感が生まれる」と指摘し、配慮を求めた。








>死亡者、重症者をできる限り減らすための適切な医療を提供する『医療従事者』を守ることが、すべての市民を守ることにつながる。


当たり前のことかもしれませんが、

これはなにもインフルのときに限らず、

平時でも同じです。





医療資源をコンビニ的に浪費して、

いざというときに

使用できないほど

疲労させておくのは

とてもいいとは思いません。






しかも、今回の新型インフルでは

医療機関はかなり経済的に打撃を受けてます。

それなのに、国はお金に関しては

完全にスルーしているわけです。





国を挙げて新型インフルに対して

医療機関へのフォローをするべきです。

診療報酬上はまったく考慮されておらず、

現時点で日本の各医療機関は

「ただで、自腹で新型インフル対策してる」

状況なのですから。








新型インフルが日本医療に

経済的に

致命的な一撃を加えることになるかもしれません。













関連記事

コメント

元ミニスカポリス・宮内知美のフルヌ ード&濃厚Hシーンが話題!!

元ミニスカポリスの女優、宮内知美が主演映画「エッ チを狙え! 『イヌネコ。』」でフルヌ ードと濃厚なHシーンを披露して話題を集めている。

劇中では、激しく胸を揉みしだかれて先端を口で愛 撫されたかと思うと攻守逆転。
宮内が上になり激しく内山を責め立て、 熟成した女の色気を存分に発揮する。

http://jsayryaryar.blogspot.com/

那覇 腎臓病患者にタミフル事前配布

NHKのニュースです
http://www3.nhk.or.jp/news/k10015347141000.html#

ハイリスク接触者の予防投薬は自由診療では認められていますが、こういうのはこそっとやるもんで、ニュースに流しちゃいかんだろ

バイオテロ防止

はじめまして。

インフルエンザの予防接種の解説を見ていると、医療従事者は、ハイリスクな病人等へ(医療従事者を通じての)感染を防ぐ為、予防接種をしたほうが良いとの記述を見たことがあります。

医療従事者は、感染機会が格段に多く、又、感染時のリスクが高い病人等に接触する機会が多いのですから、当然のことですよね?


今回、そのような話を見かけず、気になりましたので。

びっくり

>医療従事者を最優先する理由を国民に知らせるべきだとの声も一部にあった。

えーーっ医療従事者を最優先する理由なんて、説明しなくても誰だってわかることだと思うのですが...

まさか「優遇されてズルイ!」と思う人がいるってことでしょうか。。

No title

市民と兵士が籠城戦しているとき、

「鎧や防弾チョッキを兵士が着るのはずるい。弱者である市民が着るべき!!」

って言うか?って問題なんですけどねえ?

No title

まおパパ様

「鎧や防弾チョッキを兵士が着るのはずるい。弱者である市民が着るべき!!」

まさにそういう人がいるんですよ。ほんとに。
もちろん、そういう人に限って「なんで金をとるんだ、無料でするのが”あたりまえ”だろう!」「なんで俺を優先しないんだ!」と平気でおっしゃいます。
おまけに、ちょっと腫れたり、熱を出したりなんかしたら、もう大騒ぎ。「副作用だ」「賠償だ」ときます。

そんな国民性だと見抜かれてるから、外国のワクチンメーカーに「欲しかったら免責しろ」といわれるんです。

日常生活より感想

話が少しそれますが

医学部に子供を入れたい親は、このページを見て医者の現実 つらさをよく見たほうがいいですね

よく、子供を医学部に入れたいけど勉強はどうしたら良いかなど相談を受けます。
あなたのお子さんを 健康の危険も冒しつつ当直明けでも働いてそれが当然と言われ、人権もなければ給料も安いしかし医師になるまで時間も金もかかる(国立でもです)しかも将来性も無い仕事につけたいんですか?と聞きたくなります。

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。