スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「救急車の搬送時間 過去最悪」

焼け石に水、

といいますか、

いままで医療を使い捨てにしてた

行政と市民の招いた結果です。



日本の救急は

きっと壊滅するでしょう。







救急車の搬送時間 過去最悪


NHK 2009年9月9日 4時34分

http://www.nhk.or.jp/news/k10015378961000.html

去年1年間に、救急車が患者を医療機関に搬送するまでにかかった時間は、全国平均で35分余りと、過去最悪を更新しました。患者の容態に応じて搬送先の候補をあらかじめ決めておく新たな制度が来月から始まりますが、専門家は、医師不足などの問題解決が重要だと指摘しています。

総務省消防庁によりますと、去年1年間に救急車が搬送した患者は全国で467万7000人と、前の年より4.6%少なくなり、減少の割合は、これまでで最も大きくなりました。

緊急性の低い119番通報を控えるよう呼びかけたことが効果を上げたとみられています。一方で、通報を受けてから患者を医療機関に搬送するまでにかかった時間は、平均で35分6秒と、前の年より1分40秒余り長くなり、過去最悪を更新しました。

総務省消防庁は、医師不足などの影響で受け入れ先の医療機関が見つかるまでに時間がかかっていることが原因とみています。

来月からは患者の容態に応じて、地域ごとに搬送先をあらかじめ決めておく新たな制度が始まりますが、受け入れ体制の整備が依然として課題となっています。救急医療が専門の昭和大学の有賀徹教授は「新しい制度の導入で搬送をめぐる問題は多少、改善されるだろうが医師や看護師不足、病院の経営悪化といった根本的な問題を解決するのが重要だ」と話しています。





救急車は赤字とかないのでしょうか?

警察には赤字とかないのでしょうか?





いつも思うのですが、

なぜ病院だけが採算性を求められながら

極めて低い国定料金

医療を提供しているのでしょう?





はっきりといえばいいのではないでしょうか?

「これだけ労働条件が悪くて、

これだけ赤字を垂れ流して、

その上、一発訴訟で一生が台無しになる職場に

人なんてきませんよ」




いままで救急でやっていた

専門外の患者さんも診る

という行為が裁判所で

どんどん有罪判決

を受けてます。

それで

医師は専門医だけが救急を

診るしか無くなりました。






どれほどがんばって救急を診ていても

その医師には感謝の言葉もなく、

「医師が倒れたなら代わりを連れて来い」

という意見がネット上に流布してます。







行政は、

救急医療を当直という軽労働(見回り程度)

の認識で見ており、

「看護師は夜勤、だけど医師は当直」

という矛盾について一切手をつけていません。





見回り程度の労働賃金だけどバンバン救急患者を診ろ、何かあったら医療裁判

というのが行政のお達しです。






こんな職場を

現場では”戦場”とよび、

日々、脱落者が続出しています。

もちろん、戦場ですから

兵士に日常生活なんてありません。




きっと救急医療自体が崩壊することでしょう。

「救急車の搬送時間 過去最悪」

なんて

救急に運ぶ時間です。




消防は運んでしまえば

あとは全部病院の責任。

実際には、運ばれた後の方が

ずっと問題なのですが、

どうしてかマスコミは

そこには触れられていません。















関連記事

コメント

No title

「医師不足で受け入れ先が決まらない」のがなんで起こっているのかが全く考えられてませんね。
全部医師が悪いんでしょう。
まあ、「タイミング良く」テレビでもドラマをしていますが、「彼らはいつも病院にいるの?なんで?」という発想はないんでしょうね…

松島奈々子に「救急の仕事が大好き」と言わせることで、勘違いして飛び込んでくる医師を増やそうとでも思ってるんでしょうかね(笑)。

今度、「とにかく指定されたら、医師が足りなかろうが、ベッドがなかろうが、とにかく患者は置いていく」制度が始まりますので「搬送時間」は大幅に減少することでしょう。よかったですね>消防庁。

こうなると、受け入れ側もアメリカ型ERのように「大したことがなければ救急搬送だろうがとことんまで放っておく」様になるんでしょうね。
よかったですね>国民の皆様。

No title

まあ戦場なのですから。野戦病院に搬送され長時間待っている間に死んでいく戦闘員や民間人がいるのはデフォ。専門外でも診ていた「野戦病院的精神」ですら消滅しましたし>すべて国民が望んだこと。

「戦士の休息」は、さらなる激戦地に送り込まれる前に付与されるか、もしくは、戦死しかありません>前線に立つ戦士がまだいることに、あきれます。銃後の感覚がマスコミなのでしょうね。

No title

  医療提供者は『戦場』の認識がありますが、受ける側は『リゾート』感覚なのカモ?
  戦場で『命の保障』を要求、悪い結果は提供者にミスがあったからに違いない。
  戦場で『高級リゾート並みサービス』を要求。 サービスが気に食わないのは、提供者に誠意と献身が足りないから。
  チャッチャと焼け野原になって『戦場』の認識を共有すること、それダケが現状で実現可能な唯一有効な処方箋カモ・・・。 
  不可避の老化、一定確立での事故などなど、多くの問題が解決されない限り、誰もが戦場の最前線になりえます。 『自分は銃後で安全』と思っている連中ほど、好戦的だったりしますね。

No title

そのうち、老衰すら訴訟の対象になってしまいそうな悪寒。
 バカばっかりの日本に悲観しています。。。。

英国のように

救急患者がERで6時間待ちというのも程なく来そうですね。民主政権が何やっても手遅れのようです。

東大教授が海堂尊氏らを提訴 ブログで名誉棄損と

http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090901000092.html



 医療現場の内幕を描いた「チーム・バチスタの栄光」などで知られる人気作家で医師、海堂尊氏のインターネット上の文章が名誉棄損に当たるとして、日本病理学会副理事長の深山正久東大教授が、海堂氏に損害賠償と謝罪広告を求める訴訟を東京地裁に起こしていたことが9日、分かった。

 解剖前の遺体をCT撮影して死因特定に役立てる「死亡時画像診断」(Ai)の有効性が争点の一つ。海堂氏は推進する立場で、作品の主要なテーマとしている。今後、同氏は出廷する予定。

 深山教授は文章をホームページに掲載した出版社2社も訴えており、請求額は計1430万円。

 訴状などによると、深山教授は死亡時画像診断と解剖結果を比較する研究計画書を厚生労働省に提出。昨年度に交付金を受けて遺体を調査した結果「死亡時画像は解剖前の情報として有用だが、解剖に代わるものではない」と結論づけた。

 これに対し、海堂氏は「他人の業績を横取りする行為」と自身のブログに書き込み「Ai研究はダメにされてしまいます」「厚労省のAiつぶし」と批判した。

 深山教授は「海堂氏から取材を一切受けておらず、内容は虚偽。(ブログは)閲覧数が非常に多く、多大な迷惑を被った」として名誉を傷つけられたと主張している。

救急を後期研修に

それでも当病院からは後期研修で救急に進もうとする研修医が数名います。「マジで?マジで?」と思いますが、期待感が先行するのでしょうね。僕には分かりません・・・

ヘンタイか情弱か

>「マジで?マジで?」と思いますが、期待感が先行するのでしょうね。僕には分かりません・・・

アレですよほら、ウンコ喰ったりするのが好きな特殊な性癖のヒトがいるでしょ?アレと一緒。
…「同じ免許持ってる」ってだけで同一視して無理にウンコ喰わそうとする痴れ者が多いから激しくメイワクなんですけどね。

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。