スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:産科医不足で天下りの焼け太り 「「地方のお産が壊滅し、天下り団体だけ太る」 資金繰り不安問題」

さすがお役人。

天下りに関しては

抜け目がありません。





「出産未納金対策」

という名目までも

天下り団体がおいしくいただく

まさに

火事場泥棒

の様相です。








「地方のお産が壊滅し、天下り団体だけ太る」 資金繰り不安問題


川口恭
ロハスメディカル 2009年9月 1日 17:10
http://lohasmedical.jp/news/2009/09/01171011.php

 出産育児一時金の支払方法が10月から変更されるのに伴い産科診療所に資金繰り不安が出ている問題で、とある産科開業医の声を聞いた。「制度変更の趣旨と違う。我々は踏んだり蹴ったりで、天下り団体が太るだけ。このままではパニックになる」という。(川口恭)

 「趣旨と違う」というのは、制度変更は「医療機関の未集金対策」との説明だったために全分娩の5%程度を占める支払い困難事例のみ適用されるのかと考えていたところ、蓋を開けてみたら全分娩が対象だったこと。これによって資金ショートの発生することが確定したという。スタートが10月であるために最初の支払いは12月20日過ぎになり、ちょうど従業員へのボーナス支払いの時期にあたることから医療機関では通常期以上に資金需要がある。借り入れ額も大きくならざるを得ない。

 「踏んだり蹴ったり」というのは、既に4月から妊婦検診の無料化(券方式)が行われたため、ここでも2ヵ月程度の資金ショートが生じて、手持ち資金は既にその穴埋めにつぎ込んでしまっていることを指す。「厚生労働省は小規模の産科診療所を全部つぶすつもりなんだろう。うまいことやられた」と、陰謀史観めいた言葉すら漏れる。お産専業でやっている地方の診療所が最も打撃を受けそうな情勢だ。

 「天下り団体が太るだけ」というのは、医療福祉機構の融資制度が担保と保証人を取って、なおかつ1.6%の利子を取るため。しかも、分娩取り扱いをやめて引退するまで資金ショートは順繰りに続いていくため、ずっと利息を取り続けられる形になる。

 この開業医は「民主党に変わったのだから、この仕組みも何とかしてほしい」と話している。








産科では

妊婦健診無料化

で2ヶ月資金ショート

出産育児一時金

で2ヶ月資金ショート

という状況で、現金が足りなくなって

年末にかけて

銀行に泣きつくことでしょう。



天下り団体は

利子までとって安全な場所から

産科医を助ける、

という名目をつかって

”いただきます!”

という寸法。








国やマスコミ、野良妊婦に

骨までしゃぶられて、

いったいそこまでして

なんで

産婦人科しているの…?

そう言いたくなってしまいます。





やめたら?



















関連記事

コメント

No title

えーっと、医療福祉機構という天下り団体は、健保などからの分娩一時金をいったん集金して、そのうえで、医療機関からの求めに応じて分娩代を払う、ということでいいのでしょうね?
なぜこんな機関が存在するのか、まったく不明なんですが、今までの保険診療のように、健康保険から直接払いにならないのはなぜなんでしょう。もちろんそれにしても、診療報酬のようにタイムラグが生じるのは当たり前ですが。
間に入って何するの?ああ、利ざやをかせぐ、というやつですね。

ほんとに徹底的に焼け太りを狙ってますねぇ。
小児医療の無料化にも同じ手段を使ってきそうで怖いです。

No title

やはり文系のエリートだけあって頭がよろしいようです。
これじゃあ成り上がり議員ではとてもじゃないが太刀打ちできません。
しっかりしてくれと言ったってまず無理でしょうね。
よこせよこせ詐欺です。

予約金

出産一次金を約40万円、それを2ヶ月ということですね。
毎月X人の分娩があるということは、80X万円が必要ということです。

では、通院している妊婦さんはというと
6週で分娩予約する人が40週まで通うとすると、
34÷4=8.5
Xの約8倍の妊婦さんが通っているということです。
ですから、妊婦さんから分娩予約金として10万円を預かれば、出産一次金の2ヶ月分の資金が確保できるのではないでしょうか?

理由をキチンと説明して、10万円の分娩予約金を預けてくださる方とお産を続けたらいいと思いますが。
そういうのはだめなんでしょうか?

君はいい妊婦だったが他の野良妊婦どもがいけないのだよ!

>理由をキチンと説明して、10万円の分娩予約金を預けてくださる方とお産を続けたらいいと思いますが。
そういうのはだめなんでしょうか?

つ応召義務
まあアレは罰則とかありませんし、産科医が腹括れば済む事なんですがあいつらはほら、ドMでへたれだから…。

No title

医療福祉機構ですが、ホームページを見てみたら
年金担保貸付(平成21年7月3日改定)なんてやっています。
年金を担保にして金を貸しだしして、しかも金利を取る
(約2%ですが)という金融業者に禁じていることを自分たちでやるとは、、、、。人を救済するという役割はありますが、年金しかない人にそこからさらに合法的に絞りとるというのは、結局その人を更に追い込んでいないでしょうか?
はっきり言えば、これは本当は自治体の仕事であって、こんな団体を作るというのは単に役人の天下り先を作るだけですね
そういう意味ではこの団体は早くつぶして、自治体にその分の金を配れと言いたいです。

ふと疑問に思ったんですが、経膣分娩って保険適応外ですよね?つまり病気ではないと
病気ではない状態の人を対象に応召義務は発生するんでしょうか?

サルガッソー様、

もしかして、パンドラの箱を開けてしまったのでわw
ま、仮に応召義務が発生しないとしても、ドMでへタレな産科医には関係ない話ですがww

利息2%のお産貯金

いまどきどんなにいいといっても年利1%以上の銀行の定期預金はありません。だったら利息2%1年もののお産貯金を病院がやったらどうでしょうか?もちろん、2%の利息を現金ではなく、その病院だけで使える金券として発行するのです。病院に患者さん用の託児所や保育園がある病院だったら1日保育サービス券を10枚くらいつけたら、お母さんに感謝されること受け合いです。あるいは、出産後エステとか。もちろん既存のスタッフと設備でできるサービス(要予約)に限定すれば原価はずっと安いのですから2%分の金券をつけても実際の費用はずっと安く押さえることができますので病院側は年利0.5%くらい、1.6%の利息よりずっと安い資金を確保できるような気がするんですけれど。

No title

福祉医療機構の年金を担保にした貸し付けですが、国民年金法第24条ただし書き、厚生年金保険法第41条ただし書き、独立行政法人福祉医療機構法第3条第2項に規定された、”法律に基づく業務”であって、勝手に行われているものではありません。少なくとも、各公的年金法に定められた年金を受ける権利の譲渡・担保・差し押えの禁止の規定の例外として、国会の議決(意思表明)に政治的正当性を有し特別に行われている業務です。よって、一般の金融業者が行えば法律違反ですが、福祉医療機構が行う場合に限って全くの合法です。なお、金利については原資が財政投融資資金ですのでやむを得ません。有利子貸し付けの形を採らないと、元となる資金に穴が空きますから。利率は確か逆鞘ギリギリの筈ですよ。

ついでに申し上げると、歴史的経緯としては高度成長期の頃から年金福祉事業団法に基づいて始まっていて、特殊法人の整理合理化に伴って福祉医療機構の業務として整理された経緯があります。法律の原案を書いたのは官僚であっても、それを最終的な決定権の行使を以て追認したのは他ならぬ国会なので、制度の改廃は国会議員への陳情によって実現するのが、この国の政治体制下では正当な方法です。

確かに色々問題があって、年金担保融資の廃止は一部国会議員の間で話題になった事もあるのですが、廃止すると現在返済中の方々に一括返済を迫ることになるという政治的配慮もあって、現状に至っていますから。一応限度額や返済について、当初よりは年金生活者に配慮された形になったのですが、あくまでも年金受給者の任意による貸し付けですから。利用者がいると言うことは、需要の裏返しでもあるところが悩ましい。

本題ですが。

出産育児一時金ですが、あくまでも診療報酬の支払と同様、診療報酬支払基金から支払われるのであって、出産育児一時金が全部福祉医療機構を通じて医療機関に支払われるわけではありません。

ただ、診療報酬の例でも明らかなように、支払までに2・3ヶ月かかるので、その間の資金繰り支援として、希望する医療機関については福祉医療機構を通じて”つなぎ融資”の途も用意しますという話です。

また、出産育児一時金の直接払いですが、(他の健保組合や市町村国保については未確認ですが)少なくとも協会健保については産婦さんが望めば、現行通りの方法も認められる筈です。(つまり医療機関としては従来通り産婦さんから現金での支払を受ける途がある筈です。もっとも、産婦さんが従来の方法を望むという意思表明をしなければ、新方式による支給になる筈です。)

No title

秘匿希望 様
コメントありがとうございました。

非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。