スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:ついに医療従事者死亡 「40代女性保健師が死亡 医療従事者初、集団感染の調査担当



新型インフル、8人目の死亡者が出た、

とは思っていましたが、

実は初の医療従事者、

しかも40歳代。

合併症は新型インフルとは

関連がないと思われている高血圧。







なぜマスコミさんはあれほど大騒ぎするのに、

医療関係者のことは一切触れないんでしょう?






新型インフルの医療の最前線で

働いている人の死亡ですが。






これがマスメディアの

スルー力

なんでしょうか。







新型インフル 北海道で8人目の死者


2009年8月31日21時14分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090831-00000716-san-soci



 北海道は31日、新型インフルエンザに感染した利尻町の40代の女性が死亡したと発表した。女性の死因は急性心不全。感染源は不明。新型感染の疑い例を含めた死者は、国内で8人となった。

 道によると、女性は高血圧の持病があった。高血圧の程度を確認しているという。

 女性は29日に38.7度の発熱があり、稚内市内の医療機関を受診した。簡易検査で陽性と診断されたため、抗ウイルス薬、タミフルの投与を受けた。この日は同市内のホテルに宿泊したが、30日午後2時ごろ、ホテルの室内で意識がなくなった状態の女性を従業員が発見、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。女性の死後、詳細(PCR)検査を行い、新型への感染が確認された。

 女性は利尻町に住んでいたが、高熱が数日間続いたため、稚内市内の医療機関を受診した。




8月31日21時14分







これだけでは

全く情報がありません。






実は、

>女性は新型インフルエンザ患者の聞き取り調査などに従事

という保健婦さんで、

新型インフルの最前線で

働いていたことが判明。










新型インフルエンザ:40代女性保健師が死亡 医療従事者初、集団感染の調査担当

毎日新聞 2009年9月1日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090901ddm041040144000c.html

 北海道は31日、新型インフルエンザに感染した稚内保健所利尻支所(利尻町)に勤める40代の女性保健師が死亡したと発表した。女性は新型インフルエンザ患者の聞き取り調査などに従事していたが、感染経路などは不明。感染者の死者は国内8人目。医療従事者の死者は初めて。道によると、女性には高血圧症の基礎疾患があったが、高血圧症は厚生労働省が注意を呼び掛けている「重症化しやすい疾病」には含まれていない。新型インフルエンザと死亡との因果関係も不明という。

 女性は29日に稚内市内の医療機関でインフルエンザA型と診断された。女性は同日、稚内のホテルに宿泊したが、30日午後2時ごろ、意識不明の状態で倒れているのをホテル従業員が発見。その後、医師が死亡を確認した。死因は急性心不全だった。道は31日の検査で女性の新型インフルエンザ感染を確認した。

 女性は21日、利尻町の隣の利尻富士町の公立中学校で新型インフルエンザの集団感染が確認された際、マスクなどを着用したうえで患者から聞き取り調査をしていた。患者との接触時はマニュアル通りに防護措置が取られ、道は「問題はなかった」とみている。【鈴木勝一、仲田力行】








常に忍び寄る

新型インフルの影。




当然、一番被害が出やすいのは

医療関係者です。





そこに発生した死者。

まったく報道されない死亡例に

我々はどう対応したらいいでしょう?




マスクも入手できず、

消毒液もインフルキットも不足し、

国からは一切の補助がないまま

「全医療施設で対応しろ」

といわれ、

各施設は自腹を切って対応しています。




おそらくは

ハイリスクの合併症を持った医療関係者、本人ですら

「新型インフル」に対応しなくてはいけない現状。






医療の最前線では死亡者が

続出する可能性すらあります。










関連記事

コメント

No title

ちょっとスレ違いのコメで失礼します

知人の保健師に時々相談を受けますが、医療関係者以上に危険なのが、学校の保健師じゃないでしょうかね

他の職員は教職者であって医療従事者ではないため、必然的に保健師が指導的立場になりますが、彼女(達?)の知識がまた....
しかも、保健師を守るための備品が足りてません。生徒を守る意識が強いあまり、職員を守ると言う意識が学校側に足りないようです。
無防備の状態で熱の出た生徒との濃厚接触、しかも休校になるまでエンドレスです。

彼女達は、看護師の免許で食えますからね。保健師の逃散が起こるんじゃないの?
なんて思っています

No title

喫煙と新型インフルエンザ死亡率の関連を調べた調査はないのでしょうか・・・

単なる過労死じゃ…

いや、根拠はまったくないただのカンですが。
それにしても保健師さんとはお気の毒です。医師ならまあはっきしいって新型インフルに濃厚感染しそうなトコで働いている奴は自己責任でまったく同情する気にならんのですがw。

うちは インフルエンザ疑いの患者さん対応には担当ナースがいます。彼女は他スタッフの持病を考え、赤ちゃんがいるスタッフへの感染を心配し、自分が担当する、と自発的にやってくれています。そのため「特別手当て」を付けました。勿論持ち出しです。

No title

>各施設は自腹を切って対応しています。

この点について、何回もご不満を漏らされております。お気持ちは分かりますが、例えば市内の食堂や商店なんかでは、保健所の衛生指導に従って当然、自腹を切って対応しています。

>ハイリスクの合併症を持った医療関係者、本人ですら「新型インフル」に対応しなくてはいけない現状。

ハイリスクの合併症をもったお医者様については、勤務医の場合には労働問題そのものです。ご自分で病院の管理者と交渉すべき事項でしょう。

開業医の場合には、営業を継続するかどうかは経営者としてご自分で判断すべき問題です。自己保健の問題でしょうか。この場合、休診しても応召義務違反にはならないように思います。

No title

↑まぁべつにいいんですけどね。
食堂や商店に死にそうな客が病院くらいくるならね。
で、医療関係者が屍累々になったら我々は誰に診てもらうんでしょうかねぇ・・・
それに休診すれば絶対診療拒否って言われると思いますけど。

>つれづれ様

あまりのコメントにずっこけました。

意味分かって言ってますか?

新型インフルで、修学旅行の補償は速攻決めたのに、医療現場はこれほどの大騒ぎでもまったく金銭的にフォローがされずに、「食堂だって自腹で衛生管理してますよね」という次元で語ることがどれほどバカげていることか。

今回のインフル騒動の対策で病院は”億単位の減収”になっていて、このままでは本当に医療機関はつぶれてしまいます。「老人の合併症ありの医師、ああ、対策なんて現場でやれ。そんな職場で働くからだ。早くしねや」的な発言が何の意味があるのでしょう。

修学旅行にはすぐに金を出して、医療現場はマスクがない、消毒液がない、というのにまったく金を出さず、「職場が悪いんですね。自分で努力しなさい、ははは。」という意見を聞かされても、なんの解決にもなりません。

>この場合、休診しても応召義務違反にはならないように思います。

いったい、何様?
他の企業にも同じに言えるんですか?「休めばいいじゃん」って。「パンがなければケーキを食べればいいじゃん」みたいな?どれだけ休むんですか?すぐにつぶれますよ、今の時代じゃ。「休むのは法律違反じゃないから休めば?自己責任で」ってことですよね。

もしも本当に医師がぞくぞくと”インフルエンザ休暇”を取ったら、それも認めるつもりなんですかね?もちろん勧めているんですから、休んでもいいわけですよね?

疲れますね、こんな意見は。

つれづれ様のご意見は正論だと思いますよ。

XY様、
>新型インフルで、修学旅行の補償は速攻決めたのに、医療現場はこれほどの大騒ぎでもまったく金銭的にフォローがされずに、

そんな状況にもかかわらず唯々諾々と自腹切ってまじめに一生懸命やってれば、そらあ金銭的なフォローなんかされませんよ。頑張ってるうちは誰も助けてくれない、ってのは産科医とか過労死した先達とかが命と引き換えに残してくれた貴重な教訓なのに…。

>「老人の合併症ありの医師、ああ、対策なんて現場でやれ。そんな職場で働くからだ。早くしねや」的な発言が何の意味があるのでしょう。

いいから早く逃げろ!こんな馬鹿な戦争で愚民や無為無策な役人政治家のために死んだら祖先の嘆きと子孫の失笑を買うぞ、との意味でわ?

>すぐにつぶれますよ、今の時代じゃ。
お気の毒ですが自営業な以上つきもののリスクです。その開業医の弱みに付け込む厚労省は許しがたいですが…。

>もしも本当に医師がぞくぞくと”インフルエンザ休暇”を取ったら、それも認めるつもりなんですかね?もちろん勧めているんですから、休んでもいいわけですよね?

取りましょうよ、どんどん。どうせ有給休暇溜まってるんでしょ?つーかここでどんどん取らないから愚民&役人政治家か付け上がるんですよ。



自営業である以上それはしょうがないかと。

入院ではなくホテルに宿泊?

ひとつ疑問なのは、インフルエンザでわざわざ利尻島から稚内まで来ていて、重症なのに入院していなかったのはどうしてなんでしょうか?
入院できなかった理由があったのか、入院するほどではなかったのか。

脳症で一気に死亡するとは,思えないんですが。
当然、司法解剖するんですよね。
高血圧があるそうですが、SAHとか、脳出血とか、
突然死するような病気を除外するべきでしょう。
インフルエンザにかかっている患者さんが別の病気で死亡する可能性もあるのですから。
で、かなり過労っぽいのですが、そういう突然死は大丈夫なのかしら。



友人の某公立病院で聞いた話。
なんでも呼吸器を臨時で買ってくれるんだそうです。◎●台。
でもMEの増員はなし。
今ですら、心外の人工心肺、夜間緊急透析で過労死しそうなほど働いているのにMEさん死ぬんじゃないかと思います。

No title

今回の新型インフルエンザの対策に関しては、追加の診療報酬が請求できるわけではありません。
当たり前ですが、日本の医療は基本的に保険診療です。インフルエンザの対策をしっかりしようが、診療報酬は全く増えません。

飲食店が食中毒対策をして、あるいは、客のサービス向上を図ろうとして、それにかかるコストは料金に上乗せできます。
また、企業努力として、コストダウンができた分、値段を下げるということもできます。それが自由競争社会のお約束です。

でも、医療は公定価格です。日本の医療コストは社会主義なのです。
そして、インフルエンザの診療を行うに当たっては、通常診療よりさらに感染防御や医療者自身の自己防衛の手段を取る必要がありますが、取ったからと言って、それを患者に診療代として転嫁できません。いただける報酬に転嫁することが許されていないんです。というより、手間や手技・材料が全く変わってないのに(あるいは複雑になっているのに)、年々(2年に1回)診療報酬は削られ続けています。

それでも、飲食店や商店と同じなのですか?

ウチも、今回、空気清浄システムを導入し、マスクも大量にストックしました。この代金を診療代に積み上げることはできません。
どこか別のところでコストダウンをするのも不可能です。

さらに、最近は「インフルエンザじゃないことを証明しろ」とか、わけのわからない要求まで増えています。
短期間に複数回の検査をすれば、もちろん2回目以降は医療機関の持ち出しです。
さすがにこれに関しては、「インフルエンザが疑われない状況では自費診療になります」と断るようにしていますが。

さてそれでもやはり「コストは医療機関が全部かぶれ」と言えますか?

つれづれ様 お願いですから もっと医療の問題を勉強してください。あなたのような方がいるから 官僚の思うままに医療は崩壊し続けているのですよ。あなたも開業医は楽して儲けていると思っている愚民ですか?うちは 診療報酬が下げられてからは 経費と人件費でほとんど赤字です。今回のインフルエンザ対策でさらに赤字です。 食堂は 野菜の値段が高騰すれば料金を上げられます。医療はすべて持ち出しです。一緒に考える意味がわかりません。わからないくせにわかったようなことを意見しないでください。モチベーション下がります。インフルエンザにかかったら医療しかないでしょ?医療を粗末に考えないでください。

No title

〉あなたも開業医は楽して儲けていると思っている愚民ですか?

開業医が楽して儲けているとは思っていません。
数年前まで某大学病院で助手をしておりましたので、確かに「愚民」ではありますが。

つれづれ様 レスありがとうございました。大学病院で医療に携わっていたのですか。それならば何故 医療と食堂を一緒に考えるのか不思議です。素人かと思いました。ちなみに 私も愚民です。

No title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090902-00000018-sph-ent

ジャニーズが、24時間テレビで「インフルエンザテロ」をしたようです。
発熱直後は「インフルエンザは診断できない」という常識を無視して、出演を強行させたようですね。
出演させる「報道機関であるテレビ局」、「愛は地球を救う、と募金活動を行う番組制作者」がこの時期にここまで安易なことを平然とする辺りにそら寒さを覚えます。
これで会場にいた人に新型インフルエンザが蔓延したら、ジャニーズおよび日本テレビはどう社会的責任を果たすんでしょうね。

インフルエンザテロ

No title

心労はご察しいたしますが、病院に限らず今や国内そこら中で、生きるのに必死な状況なんですよね。

マスコミ、国に不満があるのかもしれませんが、こんな状況でものうのうと「権益」を甘受している方々がいるわけです。

医療の世界にもいるのでは?
なんだか肩書きがズラズラ続くお偉いさん。

怒りを向けるとしたら、そっちだと思います。

食堂、医療現場、言葉悪いですが「末端同士」でやり合っていたら、上の人が喜ぶだけです。

政権が変わってこの「既得権益構造」を破壊しようとしている方々がいるので、応援したいなと。

No title

TO とおり須賀り

どなたが食堂とやりあってるのかご指摘ください。

死因不明社会ですね

剖検はしてないんでしょうね。急性心不全ていうのは「ワカンネーヨ」と言ってるのとおなじです。感染と死亡の因果関係をもっと追究すべきでしたね。
 心筋炎や呼吸不全という診断名ならまだわかります。
医療従事者のワクチン接種を優先するそうですがこれも両刃の剣ですからどうなることやら、、、、

No title

医師としては、↓大変気になります。致死率の極めて高い疾患です。フルとの関連性の調査がなされることと望みます。関連があるなら、オソロシス。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009090200187&genre=C4&area=K00

Kyoto Shimbun 2009年9月2日(水)
木津川市の69歳男性が死亡 
新型インフル 京都府内で初

 京都府は2日、新型インフルエンザに感染し、肺気腫と慢性心疾患があった木津川市の69歳男性が死亡したと発表した。新型インフルエンザ感染者の国内での死者は9人目で、府内では初めて。

 府によると、男性は8月21日から木津川市内の病院に肺気腫で入院していたが、25日から院内で発熱などの症状があり、翌26日に遺伝子検査で新型インフルエンザに感染が判明した。抗インフルエンザ薬タミフルを投与し熱は下がったが、心疾患のために府南部の別の病院に転院。劇症型心筋炎の疑いで、2日夕方に死亡した。
 府新型インフルエンザ対策本部は「病院で他に新型インフルエンザの症状を訴える人は出ておらず、院内感染の可能性は極めて低い」としている。劇症型心筋炎はウイルス感染で引き起こされる場合があるという。

横レス申し訳ありません。

>さてそれでもやはり「コストは医療機関が全部かぶれ」と言えますか?
>うちは 診療報酬が下げられてからは 経費と人件費でほとんど赤字です。今回のインフルエンザ対策でさらに赤字です。

原則論で言えば割に合わない事業からは撤退すべきなんでしょうけどねえ…。全ての医療機関がケツをまくればお上もさすがに考え直すでしょう。<お上とチキンランやって勝てるとも思えませんが…。
お上が自営業者の弱みに付け込んで無理強いするのは今に始まった事でも医療に限った事でもありません。私が思いつくだけでも耐震構造偽装の余波でやたら書類が煩雑になって予定遅れ捲くりな建築業界やら、PF法?でしたっけ??中古電気製品が売れなくなりそうになったの、やら…数多あります。まあSeisan先生ご指摘の通り、コストを上乗せ出来ない医療機関が一番不利なのは間違いないですが。
上に政策あれば下に対策あり、と言います。愚痴っててもしょうがないから何かお上の鼻を明かす方法を考えましょうよ。…まあ私には「資産に余裕のある開業医は今すぐ休業する」くらいしか思いつけませんがw
ここはやっぱり勤務医の先生方に期待ですね。「正当な処遇を得られない限りインフル対策は出来ない、しない!」と啖呵切って、レッツインフル休暇w

No title

>レッツインフル休暇

いやいや、「レッツインフル有給休暇」でしょう(笑)
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。