スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「新型インフル、医師ら10人集団感染 国立京都医療センター」

新型インフルエンザでは

ついに

医療現場の集団感染も

起きたようです。







新型インフル、医師ら10人集団感染 国立京都医療センター


京都新聞 2009年8月24日(月)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009082200153&genre=C4&area=K00



 京都市は22日、国立病院機構京都医療センター(伏見区)の医師と看護師、事務職員の計10人が新型インフルエンザに集団感染したと発表した。

 市によると、感染したのは21~45歳の医師8人、看護師1人、事務職員1人。全員快方に向かっている。14日にインフルエンザ患者を診察した医師2名のうち1名がPCR(詳細)検査で感染が確定し、21日までに10人の感染が分かった。

 センターには約560人が入院している。感染した場合、重症化の可能性がある一部の患者には予防のためタミフルを投与した。患者に感染症状はないという。




フロントに立つ医療関係者こそ

一番、感染リスクが高い集団だと思いますが、

なぜかスルーに近い報道のされ方です。





きっと

夏休み後に学校で

集団感染が起きたら大騒ぎ、

でも

医療関係者が

新型インフルに集団感染をおこしても

まったくマスコミは

無視に近い状況です。






大流行で医療機関が

機能しないという状況こそが

一番危険だと思うのですが、

まあ、マスコミにとっては

どうでもいいのでしょう。






医療機関が機能しなくて

一般の方に迷惑がおよんだら

きっと

大騒ぎするとは思いますが。







あらかじめお断りしておきますが、

新型インフル対策として

まったく国はお金を出しておりません。



ワクチンも”任意接種=患者さんからお金を取る”

方向です。






国は金も出さず、

これだけ騒ぎになっている

インフルエンザ対策を

医療機関はやっているわけです。

全額自腹で。






医療関係者がいくらインフルになってもかまわないけど

一般にちょっとでも迷惑があったらタダじゃおかねぇ。

現場には新型インフル対策にまったくお金が出てない?

そんなこと知るか!



…というのがマスコミの姿勢です。







新型インフル対策を

きちんとやればやるほど

医療機関に赤字は累積していきます。









今はだれも、

一言も報道されないけどね。








きっと、数か月か、数年してから

「新型インフル対策も医療機関には大きな重荷になった」

とか言われるのです。

あの時がターニングポイントだった、

なんて。









というわけで

ひっそりと

京都では10人の医療関係者が

集団感染起こしましたとさ。




















関連記事

コメント

No title

医療従事者の集団感染はどうしようもありません。
手洗い・うがい、マスクなどでは防げないくらい濃厚接触するわけですから。
問題は、現時点ではすべて「自己責任」と言われること、そしてマスコミが「医者のくせにうつされた」という論調に誘導しないかという不安です。

ウチでは早々に新型インフルエンザに対しても有効と言われた某メーカーの空気清浄機を導入しましたし、マスクも患者に配布できるように大量購入しました。消毒液も準備、検査キットも大量購入しました。

もちろん、「自己責任」ですが。

うちも 自己負担で空気清浄機やら 患者さん用のマスクに消毒を多量に用意しました。だって 患者さんに移したら「院内感染起こしやがって!」「義務忘れた医療従事者たち」って また マスコミに叩かれるでしょうから。さて 選挙ですよ 選挙、まともに 医療を守ってくれる政党はどこ?今の私には 自民党よりはマシ、という政党ばかりで これだっ!っていうのがありません。

No title

医療を受ける権利を守ってくれそうな政党はいっぱいありますが、医療を提供できる環境を守ってくれるようなマニフェストはあまり見当たりませんね。
医師を増やせばいい、強制配置すればいい、診療報酬を増やせばいい、とお題目ばかりで、医療従事者に本当にやさしい政策が何なのか、まだわかってらっしゃらないようで。

共産党に入れとくか…

と思いきや当地は自民、民主、幸福の三択でやんの…。
>自民党よりはマシ、という政党ばかりで
それどこです?自分にはどれも丙丁つけ難いように思われるのですが…。

確かに。 医療を受ける側は守ってくれそうな政策ばかり。医療従事者、特にドクターたちの苦労を本当にわかっている政党はあるのかどうか疑問ですね。共産党が一番まともなマニフェストかな?・・とも思うんだけど 金持ちは許さん!っていう政策で 開業医もその枠に入れられてしまいそうだし。どこになろうと変わらないかも知れないけど それでも 一票の重みは感じるなあ・・・悩むわ。

一人一票

今日は期日前投票してきました
約40日間の選挙期間があるような今回の選挙
自分なりにじっくりとよりマシな候補を選びました

それから「一人一票実現国民会議」
http://www.ippyo.org/
を参考に最高裁判所判事国民審査も投票してきました
この会議、嫌いな人も発起人に名前を連ねていますが尊敬できる人もいるので賛同しました
どんな政権ができてもあきらめずに声を上げていくことが大事なのではないでしょうか?
非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。