スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ「:日本の国民はスウェーデンより“高負担”、そして“低福祉”が貧困を拡大している」


消費税率は実質すでに

欧米レヴェルである日本。





消費税をこれ以上あげたら

医療は即座に潰れてしまうことでしょう。



なぜなら5%消費税を上げても

診療報酬は5%上がらないからです。

消費税の引き上げは

診療報酬の引き下げに相当し、

”医療を救うための消費税アップで

医療の値段が実質切り下げられて立ち行かなくなる”

という本末転倒なことが

起こることでしょう。








日本では社会福祉に関しては

高負担でありながら低福祉

という非常に悲惨な状況になっています。







日本の国民はスウェーデンより“高負担”、そして“低福祉”が貧困を拡大している


2009.08.19 15:00:33 by ガジェット通信 category : ガジェ通 政治経済 Tags : 寄稿
http://getnews.jp/archives/25650

日本は豊かな国ではないかもしれない。豊かになれる可能性は十分にあるのに。税率を上げて国民が生きていけないような国にはして欲しくはない。今回はスクラムさんのブログからご寄稿いただきました。

日本の国民はスウェーデンより“高負担”、そして“低福祉”が貧困を拡大している
自民党の総選挙マニフェストは、近い将来の消費税率アップを含めて“中福祉・中負担”をめざす方向性を明示しています。ということは、日本の現状を“低福祉・低負担”であると自民党は認識しているわけです。

しかし、日本の現状は、“高福祉・高負担”国家と言われているスウェーデンよりも国民が“高負担”を強いられている“低福祉・高負担”国家であることを示すデータがいくつかありますので紹介します。

まず、内閣府の経済社会総合研究所による調査には次のように書かれています。

———–以下引用

スウェーデンの高福祉を支える国民負担率を日本と比較すると、両国の社会保障給付費を対GDP比で見て、スウェーデンの52%に対し、日本は27%となっており、スウェーデンは日本の約2倍である。同じく対国民所得比でみると、スウェーデンの75%に対し、日本は35%となっている。ただし、社会保障給付金等を除いた「再修正国民純負担比率」で見ると、逆転して日本のほうが高くなる
(編集部注:“高負担”の例。日本が14%に対してスウェーデンが11.9%)。


図1:日本とスウェーデンの国民負担率対比表(対GDP比)(1998年)
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-10322484639-10234684924.html

また、出産・育児等、家族政策(育児の社会負担)関連の給付の対GDP比は日本の約7倍、高齢者・障害サービス関連の給付の対GDP比は日本の約10倍、雇用政策関連の給付の対GDP比は日本の約4倍である(編集部注:“低福祉”の例)。


図2:社会保障費給付水準の2ヵ国比較
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-10322484639-10234685261.html

———–引用ここまで

※『スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査』(2005年7月)「第2章第6節 スウェーデンと日本の国民負担の比較」より引用

みずほコーポレート銀行顧問・元駐スウェーデン大使の藤井威(ふじいたけし)氏による、スウェーデンを含む欧米諸国と日本を比較した調査結果でも、日本は再修正国民純負担率が14%と、比較的“高負担”国家です。


図3:日本とスウェーデンの国民負担率対比表(1998年)
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-10322484639-10234685562.html

※経済社会総合研究所経済政策フォーラム『出生率の回復をめざして - スウェーデン等の事例と日本への含意』〈2004年6月25日〉の基調報告資料より引用

さらに、損保ジャパン総合研究所主任研究員・卯辰昇(うたつのぼる)氏の報告でも、以下の数字のように、スウェーデンと欧米先進主要国と比較して、日本の「国民負担率」がもっとも高くなっています。

  日本       29.2 11.4 17.8
  ドイツ       39.0 24.0 15.0
  フランス       43.7 26.4 17.3
  スウェーデン    51.0 37.8 13.2
  イギリス      35.1 20.6 14.5
  アメリカ      26.7 14.5 12.2
(※左から▼税・社会保障負担率、▼社会保障給付率、▼純負担率)

純負担率の国際比較(1992年対GDP比)
※「国民負担率概念に関する議論の整理と今後の展開」より引用

また、政府の税制調査会の報告書「抜本的な税制改革に向けた基本的考え方」(2007年11月)の参考資料「法人所得課税及び社会保険料の法人負担の国際比較に関する調査」(2005年度)によると、自動車製造業の法人負担は、日本30.4%、フランス41.6%、ドイツ36.9%。エレクトロニクス製造業の法人負担は、日本33.3%、フランス49.2%、ドイツ38.1%。情報サービス業の法人負担は、日本 44.2%、フランス70.1%、ドイツ55.7%。日本の企業負担は、フランス、ドイツの7~8割です。

それから、自民党は将来の消費税率アップの方向性を、総選挙マニフェストに示していますが、全国保険医団体連合会は、消費税について次のように指摘しています。

———-以下引用

消費税率5%でも、税収はEU各国と同程度

図4:各国の税収入全体に占める消費税収入の割合
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-10322484639-10234686097.html

「日本の消費税率5%は、国際的にみれば低すぎる」、「福祉先進国のスウェーデンの5分の1、欧州各国の4分の1」とよくいわれます。しかし、国税収入に占める消費税収入の割合をみると、約22%と、まったく同程度であることがわかります。

これは、日本の消費税が「網羅的」に課税されているのに対し、欧州各国の付加価値税は、
(1)医療・教育から住宅取得・不動産・金融など幅広い非課税項目があること、
(2)食料品や医薬品など、生活必需品は軽減税率をとっているためです。

財界は、消費税率を10%から18%に引き上げることを要求しています。そのねらいは、企業の税・社会保障負担を軽減することです。企業負担の軽減分は、国民が負担することになります。

政府や与党のなかには、「社会保障の財源充実のために消費税増税を」という動きがあります。これ以上、消費税率を引き上げれば、国際的にみても「異常な国」となることは明らかです。

———-引用ここまで

※全国保険医団体連合会ホームページ『社会保障の財源を考えてみましょう』 より引用
http://hodanren.doc-net.or.jp/kenkou/gkhtml/gktop/gk6s/gk6s2p/gk6s2p.html

以上、見てきたように、日本社会の現状は“低福祉・高負担”国家と言えると思います。国民にとって“低福祉・高負担”となっているから、現在の貧困問題が噴出していると言えるのではないでしょうか。

執筆: この記事はすくらむ さんのブログより寄稿いただきました
http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-10322484639.html文責: ガジェット通信




関連記事

コメント

こんな国に未来への希望を持てるわけがない

No title

なるほど見事な分析ですね
探せば高負担低福祉の証拠はいっぱい出てきます。

でも、財界は、「本社移転して、日本に税金を落とさないぞ」という脅しでもって、法人税軽減を要求しています。
また、医療分野では、仕入れに消費税をかけ、診療報酬には消費税をかけないという負担を強いているくせに、輸出企業は消費税の逆さやで利益を得ています。

まあ、マスコミも優遇される立場の大企業ですから、自分たちが不利になることはとことん報道しない自由を発揮しておられるようですけどね。
まあ、国民皆保険の理想を掲げた人たちはもうすでにほとんどが鬼籍に入っておられます。残っているのは、いかに食い物にするかを考えている奴らばかりです。

今回の選挙でも、「法人税を改訂し、消費税を上げずに何とかするようにします」というようなところは一切ありませんね。強酸や社民あたりなら言ってもおかしくないんですが。
さてどうなりますことやら。

高税率の低福祉

お久しぶりの、HINAKAです。

中間管理職

いつも、タメになるお話を、欠かさず読ませて、いただいております。
ところで今回の問題は、サスガに座視できませんでしたので拙ブログにても勝手ながら、内容を引用させていただき、記事として掲載させていただきました。

一応、トラック・バックもさせていただきましたので、何か問題がござましたら、ご遠慮無く御指摘下さい
直ちに修正、加筆、及び削除を行います。

それにしても、既に日本の一般庶民がこんな高額の、納税者になっていたとは!まったく、知りませんでした。
その上での、この低所得者層への仕打ち医療関係及び文化・教育関係の公費削減処置。何かもう、無茶苦茶です。

さてお話し変わって、大石マサル著「水色パーフェクト」(水惑星物語外伝)が少年画報社から(大判です)。
そして、森薫氏の連載中「乙嫁語り」1話~3話までを収録した、特別版がエンターブレイン社から、雑誌にしか見えませんが本家Fellows!と同じく、書籍扱いで出ています。
コミックスは、第1巻が10月発売予定と、予想よりも早いようです。

それでは、この気候です。くれぐれもお体を、御自愛下さい。


No title

HINAKAさま、ブログ記事読ませていただきました。

とくに介護制度に関して、「この制度は、未完成の飛行機を飛ばしなながら、問題があれば10年毎の改正して行くという、何とも悠長な制度なのだそうです。」というところにすごく共感いたしました。

なるほどです。たしかに、未完成の飛行機は往々にして墜落しますからね(笑)。
非公開コメント

トラックバック

何だかもう、嫌になるけど……日本は既に、スウェーデン以上の「高税率」で、ヨーロッパ先進国に比べて「低福祉」国家だそうです。

いつもお世話になっている、『勤務医 開業つれづれ日記・2』(リンク済み)ブログ様からの、引用です。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 全国保険医団体連合会ホームページ『社会保障の財源を考えてみましょう』 より引用 http://hodanren....

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。