スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■開業つれづれ:「外科医がいなくなる? 過酷な勤務状況で若手の外科離れが進行」


これもずいぶん前から言われていることです。

外科が少なければ

内科も少ない。

小児科も産婦人科も少ない。




そして

医学部の大増員をはかれば

いっぺんによくなるさ…

的な、まったく先を考えていない

厚労省。






このままでは

外科、という分野自体が

死滅してしまうかもしれません。








外科医がいなくなる? 過酷な勤務状況で若手の外科離れが進行


2009年8月18日0時9分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000501-san-soci


 産科や小児科の医師不足が叫ばれて久しいが、ここ数年、“花形”ともいえる外科医の減少が目立っている。長時間に及ぶ手術や当直など勤務状況が過酷であるにもかかわらず、報酬はそれに見合わないことなどを嫌い若い医師の外科離れが進んでいるという。こうした状況を懸念した医療関係者は、NPO法人「日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会」を発足させた。外科医を増やすための情報発信や待遇の改善を国に訴えていくという。(長島雅子)

 ■じわじわ進行…

 厚生労働省の調査によると、平成18年までの10年で医師総数は約15%増え26万3540人。一方、外科系(外科、心血管外科、呼吸器外科、小児外科)は約8%減の2万6075人。これまで医師不足が指摘されてきた産婦人科(産科、婦人科を含む)の約6%減よりも減少幅が大きい。一方、小児科は約10%えている。産科と小児科の「医療崩壊」の影で外科医の減少がじわじわと進行していたのだ。

 外科医の中でも29歳以下の若手医師数をみると、16年の医師数は2184人で、8年の調査に比べて1000人以上も減少している。若手の「外科離れ」が目立っている。

 外科医の大多数が加入する日本外科学会の新規会員数も昭和60年以降減少傾向にあるという。平成20年の新規会員は前年に比べ78人少ない832人だった。同学会は「このままでは近い将来、深刻な外科医不足が起こることは避けられない」と危機感を強める。

 ■6割が当直明け手術

 同学会が外科医1276人を対象に実施した18年の調査(複数回答)によると、外科医が考える志望者の減少理由として、「労働時間が長い」(71・9%)がトップ。これに「時間外勤務が多い」(71・8%)、「医療事故のリスクが高い」(68・2%)、「訴訟リスクが高い」(67・3%)、「賃金が少ない」(67・1%)が続く。

 調査を行った大阪大学の門田守人(もんでん・もりと)副学長は「医学の進歩により手術が高度化し、医師一人にかかる負担は重くなっている」と指摘する。

 同学会が18年に実施した調査(1355人回答)の結果は、過酷な勤務実態をあぶり出した。

 「当直勤務明けに手術に参加しているか」との問いには、31%が「いつもある」と回答。「しばしばある」も28%にのぼり、約6割が当直明けに手術をこなしているのが現状だ。

 門田副学長によると、病院に勤務する外科医の週平均労働時間は労働基準法が定める時間を大幅に上回る69時間。一方、診療所の医師は48時間。しかし、病院に勤務する医師の収入は診療所の医師に比べ約2分の1にとどまっている。

 また、治療結果に不満を持った患者が訴訟を起こすケースが産科に次いで2番目に多く、リスクを伴う治療を避ける萎縮(いしゅく)医療を招いているという。

 ■今は崩壊前夜

 7月10日に開かれた「行動する会」の発足式では同会監事で東北大病院の里見進院長が「今は40代の医師が支えているが、外科医療は崩壊前夜だ」と現状を説明した。国は21年度から医学部の定員数を増やしている。しかし、門田副学長は「外科医が一人前になるには10年以上かかる。その間、外科医不足を解消するためにするべきことは多い」と指摘する。

 門田副学長は解決策として、(1)勤務環境の整備(2)労働内容にみあった報酬の実現(3)医療事故が起きた場合、原因を究明する医療版事故調査委員会の早期設置-などを挙げている。


最終更新:8月18日0時9分








あと、重要なことは

”外科医はつぶしがきかない”

ということです。




頑張って、がんばって、

死ぬほど頑張って、

10-15年たったら

自分の将来がぱったりと閉ざされていた、

というとてもシュールな状況です。




家庭医や産業医をとって

転進をねらう方もいますし、

切れないメスで

組織内の政治力を持って

保身を図る方もいます。





中堅以降の

ライフプランが描きずらい

外科系は

すでに崩壊前夜ではなく

崩壊突入

しているように思えます。
















関連記事

コメント

No title

外科医って開業しにくいんですよね。
開業しちゃうと殆ど内科整形外科医。
せめて消化器で内視鏡ができればまだしも、最近は消化器内科が内視鏡をするんで、外科にいてもスキル習得は難しい。

かといって、一生勤務医でOpeだ!といったところで、老眼が入ったらもう難しい。
そうなるまでに病院内での地歩を固めておかなければ、いい年になったら窓際族へさようなら。

まあ、心臓外科や脳外科なんてもっとシビアですが。

アメリカ並みに、「50歳まで切りまくってお金を稼いで、あとはさっさとリタイヤしてセカンドライフ」なんて割り切れたらいいんですが、そうするには日本では収入も少なすぎ。

そりゃ、外科医を目指す医師が増えるはずがありません。
だいたい、必死になって技術を磨いても、それを国が激安技術料という形でしか評価してないんだもの。まあ、これは医療全般にわたってではありますが。

No title

>>門田副学長によると、病院に勤務する外科医の週平均労働時間は労働基準法が定める時間を大幅に上回る69時間。一方、診療所の医師は48時間。しかし、病院に勤務する医師の収入は診療所の医師に比べ約2分の1にとどまっている。

相変わらずあさっての方向に誘導しようとしてますなあ。

No title

まあ、一人前になるのに10年かかるのは外科に限らず、すべての診療科の医師共通でしょうね。
でも、相変わらず、「開業医の給与が勤務医の倍」という厚労省の嘘に踊らされてますね。
阪大の副学長のくせに、大阪府医師会が出したデータも見てないと思われます。
せめて自分のところから逃散して開業した医師たちに、現時点でどれくらい稼いでいるか、聞いたらいいのに。リアルの情報も持たずに自分のことばかり考えてたら困るあるよ。

労働時間の年齢分布もちゃんと考えてね。
勤務医の方が中央値も平均値もかなり低いんですから、平均労働時間が長くなるのは、ある程度自然であって、すべての職種に共通するかと思います。まあ、医療分野は多少極端かもしれませんが。

しかし、開業医の年収2500万、週労働時間48時間が現実だったらすごくうれしいんですけどね…

はじめまして。
消化器外科で働いている看護師です。
外科の先生方(特に若手と言われる先生方)には本当に頭が下がります。
うちは600床ある病院ですが、給料聞いてびっくり。緊急手術はあるし、状態が悪ければ呼び出されるし、睡眠不足による慢性頭痛で鎮痛剤が手放せない…ような状況なのに予想していたよりも全然少ない。
だから、体がしんどくてもアルバイトをするんだと思いました。
まだうちは、住宅手当て、ボーナス等が出るからいいと、大学病院から移動してきた先生が言ってました。

大学の先輩も仕事に限界を感じて、勤務医(心臓血管外科だったと思います)をやめて、個人病院の雇われ院長になってました…
日本の外科領域は現場の人間からみると、とても細い屋台骨を医師の気合いだけでもちこたえているだけで、すでに崩壊してます。

No title

私もこれから大学をやめようと考えています。
消化器外科医です。
疲れました。

ななしさん

コメントありがとうございます。

>私もこれから大学をやめようと考えています。
>消化器外科医です。
>疲れました。

お疲れ様でした。
わたしも日本の医療のため、と頑張っていましたが、ふと気付いて、かなり守備範囲を狭くしました(笑)。
一度、お休み取られるのもいいかと思います。

ただ、開業経験者から言わせてもらえば、医局とはケンカ別れしない方が絶対よいです。医師という一生の仕事で、同じフィールドに敵がいるのは絶対に良くありません。

名無しさんの将来に幸あれ。
今後ともよろしくお願いいたします。


非公開コメント

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。