fc2ブログ

■開業つれづれ:香川のレヴェル 「「何で俺を先に診察せんのや」院内暴力が深刻化」


普通の仕事をする場所で、

暴言、暴力が相次ぎ

従業員の4割が被害を受けている

なんて職場ありますか?





やくざ以外に

何が考えられますか?

刑務所とか

警察とか??






実は、

病院がそうです。







マスコミが一般の方に向けて、


医療関係者、特に医師は悪人だ、

病院に対してクレームを言うのが正しい、

病院に文句を言うのが勇気ある行動、



という誤った報道で

いま、病院では

「おれは正しいことを言っている」

という思い込みで

医療関係者に暴言、暴力を働く人々が

跋扈しています。






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






「何で俺を先に診察せんのや」院内暴力が深刻化


http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=37131



 香川県内の医療機関で、職員が患者から暴力や暴言を受ける被害が深刻化している。先月には県内で、傷害や暴行の疑いで逮捕される患者も相次いだ。

 これらの「院内暴力」に対処するため、ここ数年、専門部署を設置したり、警察OBを常駐させたりする病院も増えている。県も今年度、暴力の予防に重点を置いたマニュアルづくりに乗り出しており、医療現場での対策強化が進んできている。

■深刻化

 「何で俺を先に診察せんのや」。先月初旬、ある病院の救急処置室。路上で倒れ、救急車で運ばれてきた男が声を荒らげ、男性医師に突っかかった。病院には当時、心肺停止状態の別の患者がおり、その処置を優先したことに激高した。

 職員や看護師6人が取り押さえようとしたが、男は医師の胸を数十回突き飛ばし、病院が警察に通報。男は暴行容疑で逮捕された。

 別の病院でもその数日後、「質問が気に入らない」と、職員の顔を殴った男が傷害容疑で逮捕された。

 「早く処置をしろと言って胸ぐらをつかんだり、備品を蹴ったりするのは日常茶飯事」「看護師の首を絞め、殺すぞとすごむ患者までいる」……。複数の病院の担当者がそんな現場の現状を明かす。ある病院が職員約100人を対象に院内で調査したところ、4割が「患者から、身体的暴力を受けた」との結果が出た。

 県によると、県立の4医療施設では、2~3年前から医師や看護師への暴言が目立ち始め、次第にエスカレートしているという。最近では、被害に悩んで辞職した看護師も出ている。担当者は「理不尽な暴力にじっと耐えている職員も多く、把握できているのは氷山の一角。本当の被害は計り知れない」とため息を漏らす。

■対策

 院内暴力の深刻化を受け、ここ数年、対策を本格化させる病院が出てきている。県立中央病院では2008年、マニュアルをつくった。騒いだり、必要のない治療を強要したりした患者には、院長が退去を命令できることなどを盛り込んだ。昨年には初めて、警察官を講師に、院内暴力の対処法講座も開いた。

 高松赤十字病院は05年、院内暴力などのトラブル対策を担う「医療安全推進室」を設けた。各科の待合室には「脅迫的言動をした患者は診療を断る」などと書いたポスターを張り出した。

 両病院と、香川大医学部付属病院では、3~5年前から、県警OBの職員が常駐。警察とも緊密に連絡を取れる態勢を整備した。

■予防へ

 県は今年度、予防に重点を置く県立病院共通のマニュアルづくりも進めている。「見せる警備」を行う▽待ち時間を短縮し、待合室を静かにして、患者をいらだたせないようにする――といった内容で、3月末までに完成させ、来年度から県立の各医療施設で運用することを目指している。県立病院課は「院内暴力がこれ以上ひどくなれば、医療が崩壊しかねない。先手を打ち、食い止めたい」としている。(黒川絵理)








どう考えても

他の場所で同じことやったら

単なる狂っている人、

警察呼んで終わり、

なんですが、

病院という場所では

警察も腰が引けているし

患者さんもハイになっているのか

言いたいこと言いまくっています。







こんな救急現場は

日本全国で起こっています。

こうやって

住民の暴言と暴力によって

世界最高峰の日本医療は

崩壊していくわけです。






※公開したつもりの記事ですが、

間違って下書き保存になっておりました。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ











関連記事

■開業つれづれ:さらばダーゼン 「武田薬品 ダーゼン自主回収 40年前の薬剤の有効性検証難しく 薬物療法進化で」




ダーゼンが自主回収になりました。

ひとつの時代が終わった感じがします。








でも、

いまのところは

ダーゼンは自主回収、

ジェネリックはOKって

変ですよね。






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ







武田薬品 ダーゼン自主回収 40年前の薬剤の有効性検証難しく 薬物療法進化で

ミクスonline 2011/02/22 05:01

http://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/40392/Default.aspx

武田薬品は2月21日、有効性の検証が求められていた消炎酵素製剤「ダーゼン5mg錠」「同10mg錠」「同顆粒1%」(一般名:セラペプターゼ)を同日から自主回収すると発表した。厚生労働省の薬食審・医薬品再評価部会から「医療現場の使用実態に即した有効性の検証」が求められていたが、40 年以上前から販売しているダーゼンの有効性を、現在の新薬をベースとする薬物療法の中で検証することが困難と判断した。現在の薬物療法の中でダーゼンの役割が終えたことを意味する。今後、薬価削除、経過措置期間を経た後に承認整理(自主的な承認取消し)の手続きをとる。

例えば、現在のベース薬とダーゼンによる併用療法と、ベース薬とプラセボによる併用療法を比較してもダーゼンのみの有効性を検証することは難しく、また、現在のベース薬を外して試験デザインを組むことも生命倫理上の課題が生じる。ダーゼンが上市された1968年と現在とでは薬物療法が進化していることが背景にあり、同社は、「(再評価部会の指摘にもとづいて)臨床試験デザインを見直した上で再試験を実施することで、ダーゼンの有効性を証明できるものと考えていたが、最終的には再試験の実施は困難との結論に至った」とコメントした。

同社はこれまでにダーゼンの再評価指定に向けた二重盲検比較試験を実施したが、同剤はプラセボとの間で有意差を示すことができなかった。この結果は1月 19日の再評価部会に提示され、再度の再評価指定の可否と、そのために今後実施する試験内容に関して議論された。これを受けて同社は再試験の実施可能性を検討していた。

ダーゼンは気管支炎や気管支喘息などの際の痰をきったり、手術後や外傷後の腫脹の緩解に用いる。同社によると病院2000件、診療所2万1000件、調剤薬局4万6800件に納入している。2009年度の国内販売実績は67億円。








40年間も使っている薬ですら

このように再評価され

市場から退場しなくてはいけない

医療業界。







反面、ホメオパシーで

何百年も使っている砂糖玉は

昔からいままで使っている、

というだけで生き残っています(1)。

宗教と同じで自浄作用がなく

退場するシステムがありません。










われわれよりちょっと上の世代は

大量にダーゼンやニコラーゼを

処方しています。

多分、ジェネリックにシフトして、

その後、

ジェネリックも市場から消える、

という道筋をたどるのではないでしょうか。






40年間、

ご苦労様でした。









(1)
■開業つれづれ:やっと科学的な意見 「 ホメオパシーは「荒唐無稽」 学術会議が全面否定談話」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1520.html







人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





関連記事

■開業つれづれ:医療の優先順位が変わります 「医療滞在ビザの患者が初来日」 日本人が一番最後





観光医療とか

外国人患者さんの受けいれ

とか、

へーと思ってみているかもしれませんが、

”医療の優先順位が変わった”

ということに気づいているでしょうか?





お金を出す外国の方が一番優先。

観光医療の方は

観光しながら検診ということで

スケジュールがタイトだから、

なお優先。





おまけに

救急車が入って内視鏡の時間が遅れました、

とかあったら

旅行代理店から烈火のごとくクレームが来るでしょう。





日本人の救急搬入より

海外の観光+検診

の方が優先されるのです。









人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






医療滞在ビザの患者が初来日



NHK 2011年2月21日 20時12分

http://www.nhk.or.jp/news/html/20110221/k10014200861000.html

日本で医療を受けたいという外国人のために、先月、「医療滞在ビザ」が新たに設けられたのを受けて、このビザを使った初めての患者となる中国人の男性が、足の手術を受けるため、21日、来日しました。

医療滞在ビザを使った初めての患者として来日したのは、中国の上海に住む陸海華さん(31)です。

医療滞在ビザは、がんの検査や病気の治療で来日を希望する外国人を積極的に受け入れ、医療を新たな成長分野にしようと、国が先月、創設しました。

このビザで来日した外国人は、これまでの2倍の6か月の滞在が可能になったり、最大で3年間、何度でも来日することが可能になったりするため、長期間のケアが必要な治療を受けることもできます。

陸さんは、交通事故でけがをした足の手術が必要だということで、羽田空港に到着したあと、東京・大田区の東邦大学医療センター大森病院に入院し、医師の診察やエックス線写真の撮影などを受けていました。

陸さんは「日本の病院でしかできない手術と言われ、来ました。足が悪いと働けないので、早くよくなりたい」と話していました。

日本で高度な医療を受けたいという外国人は、中国やロシアなどの富裕層を中心に増えており、ビザの創設によって、日本を訪れる外国人を増やし、経済的な効果を高めることが期待されています。








ちょっと前まで

「ベットの利用率が悪いのは信じられない」

という論調があったのを覚えているでしょうか?

日本医療は非経済的で

ガンガン患者さんを回転させるべきだ、

ということです。





総務省は回転率の低い病院を

つぶしていく方針です(1)。




逆に言うと

現場の余力=無駄

という考え方です。





無駄がなく、

余力がないところに

海外のお金を持った人が来る。

日本人の救急医療は

日本の制度では赤字垂れ流し。

救急患者さんが来るたび

ため息をつくのは

「慈善事業を強制されているから」

に他なりません。





海外の方の検診スケジュールが狂ったら

クレーム続出でしょう。

中間の旅行代理店は

めちゃくちゃおこるでしょうね。








日本の医療に余力をなくして、

さらに金儲けしろ、

と言っている政府。




その分のしわ寄せは

日本人である住民に来るわけです。

このニュースの意味するところは

日本人の医療の優先順位が

一番最後に回ったことを

意味することに

どれくらいの人が気づいているでしょうか。



















人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




(1)
■総務省による、公立病院の廃止・縮小計画 ”全国つぶす病院候補”一覧(1)
http://ameblo.jp/med/entry-10056016668.html

■総務省による、公立病院の廃止・縮小計画 ”全国つぶす病院候補”一覧(2)
http://ameblo.jp/med/entry-10056023971.html




















関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -