fc2ブログ

■開業つれづれ:”狂った二択” 「診療報酬改定:再診料統一 勤務医の待遇改善狙う 開業医の「残業」には手当」

医療崩壊だ、大変だ

と言いながら

診療所の再診料を引き下げる

国の方針。




結局、財務省の言いなり、

というわけです。




診療所はたいてい医師が一人。

”社長”である診療所の医師は

労働基準法が適応されません

から、

24時間働きっぱなしでもかまわない、

ちょっとだけ加算をつけたら

診療所の医師が24時間働くだろうから

今度は診療所の医師を死ぬまで使いまくれ、

という

悪魔の診療報酬改定

です。








今度は診療所が崩壊します。






診療報酬改定:再診料統一 勤務医の待遇改善狙う 開業医の「残業」には手当

毎日新聞 2010年2月11日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100211ddm002040081000c.html



 <世の中ナビ NEWS NAVIGATOR 政治>

 2回目以降の外来診療時にかかる再診料について、厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」(中医協)は10日、4月から病院(200床未満)、診療所(開業医)とも690円で統一することを決めた。病院は今より90円引き上げる一方、診療所を20円引き下げ、疲弊ぶりが指摘される病院勤務医の待遇改善を図る。一方診療所でも、24時間患者の対応をするなど、地域医療を支える医療機関は減収とならないよう加算を設ける。結局、厚労省から狙い撃ちされたのは、定時に閉院し、休日や夜間は診療しない都心のビルに入居するような「クリニック」だ。【佐藤丈一】

 収入が多いとされる開業医の取り分を削り、病院勤務医に回す--。開業医の再診料引き下げによる価格統一は、かねて厚労省が目指していたものの、開業医を中心とする日本医師会(日医)やその支援を受ける自民党の意向もあり、踏み切ることができなかった。しかし、政権交代後、厚労省入りした政務三役は中医協から日医の代表委員を外し、開業医の再診料引き下げに布石を打った。

 とはいえ、新たな中医協委員にも開業医はいる。10日の中医協で、学者ら公益委員が690円での再診料統一案を示した際も、診療側委員は「結論ありき。許容できない」と退席し、議論が中断する一幕もあった。

 結局、診療側委員が反対できなかったのは、開業医の引き下げ幅を20円にとどめたためだ。それでも、

病院は90円アップで約180億円の増収

になる一方、

開業医は約200億円の減収

となる。

 さらに10日は開業医を説得する案として、

(1)かかりつけの患者からの電話に24時間対応できる体制を整えている

(2)医療費の明細書を無料で発行できる

--開業医については、再診料に加算する制度も示された。

(1)(2)とも実施すれば、事実上再診料の現行水準が維持

されるようになっている。

 厚労省は、こうした仕組みにより、「残業」をしなかったり、患者へのサービス意識に欠ける開業医が減収となるよう意図している。同省は、夜間や休日、病院の外来に訪れる軽症患者の足を開業医に向けさせることで病院勤務医の負担軽減を図る意向だ。

 このためにも、24時間体制で頑張る開業医の意欲をそぐわけにはいかないという事情もある。

 しかし、診療報酬全体の伸びが0・19%と低いうえ、入院費を大幅にアップさせるという新政権の考えもあるため、外来診療充実というにはほど遠い内容となっている。

 10日は患者が医療機関で、リハビリや傷の手当てなどを受けず、問診だけだった場合などに上乗せされる「外来管理加算」(520円)の扱いも決着した。前回改正で、問診が5分を超えないと加算ができないようになった「5分ルール」について、医療関係者は強く廃止を求めていた。今回、5分ルールは廃止されたものの、投薬目的で症状を確認するだけの「お薬受診」では加算を認めないという新たな条件も設けられ、開業医の間には「減収は必至だ」という不満が出ている。

==============

 ■ことば

 ◇再診料
 外来で2回目以降の診療時に算定される。現在、病院(200床未満)が600円なのに対し、診療所は710円と手厚く、収入の1割を占める。外来患者を中心に診るのが開業医、入院や手術などは病院--という役割分担を明確にするため、1985年の診療報酬改定時に病院より開業医の単価を高く設定した。より入院機能を重視する200床以上の病院には、再診料はない。4月からの価格統一で、医療費の窓口負担割合が3割の人は、再診料負担が診療所なら6円安くなる一方、病院では27円高くなる。






>病院は90円アップで約180億円の増収

>開業医は約200億円の減収


つまりは、

単純に20億円、金が浮くからこの案ね、

という

医療崩壊とか

日本の医療の進路とか

まったく関係ない金銭的なレヴェルで

きまったということです。






想像してみてください。





>(1)かかりつけの患者からの電話に24時間対応できる体制を整えている

ということの意味は、

赤字の中小企業の社長に、

(開業医の3割は赤字)

国がいきなり

お客さんあたり20円削っておきながら、






「ただし、社長自身が24時間、

お客のクレーム対応したなら、

お客さん一人当たり10円上乗せしますよ

(追加の金額は未定)」



と、つぶれそうな会社に向かって言うようなものです






社長の基本的人権は

全く考慮されておりません。

「いやなら一人単価を20円、削減したままです」

国は平気で答えます。




「地域に貢献しなさい。24時間、休みなく」



つまり、

減収に苦しむクリニックの院長は

さらに再診料を下げられて

苦虫をかみつぶすような顔をして決めるのです。

「…24時間、電話応答をしよう…」





>(1)(2)とも実施すれば、事実上再診料の現行水準が維持

あっさり書いてますが、

個人事業主、中小企業に24時間クレーム対応なんて

大企業でもやっていないことを

やらせようと誘導すること自体が

あまりに国策として無慈悲です。







かくして、中医協のメンバーは

ぐっすりと眠りこけ、

全国の開業医は24時間、

わずかな加算のために

患者さんからの電話を待つ、

という非常なルールを課せられたのです。





あまりに安い診療報酬に、

取引するような24時間ルール。

これほどまでに非人道的なルールを

なぜ容認するのでしょう?





「悪い奴ほどよく眠る」

とはよく言ったものです。





「地域に貢献しろ」という美名で睡眠を削り取られる開業医。

そうでなければ、診療報酬削減。




これが、ミンスの実行する

医療対策です。





医療を救います!

と言いながらミンスは

「眠らないか、赤字でつぶれるか」

という

”狂った二択”

を迫っているのが現状なのです。



マスゴミはそれを”当たり前”と

表現し、追い打ちをかけています。

”当たり前”のどこに医療崩壊に対する対策があるのでしょう?


”狂った二択”は

医療崩壊をさらに加速するだけです。





























関連記事

■開業つれづれ:新聞は無知が当たり前?「診療報酬改定 当たり前がやっと実現」中日新聞 社説

>当たり前がやっと実現

???

なにを馬鹿な事を言っているんでしょう?





大本営発表を

そのまま鵜呑みにする

レガシーメディア

(時代遅れのメディア)。








本当にマスメディアって

専門知識ない人が書いているんですね。









診療報酬改定 当たり前がやっと実現

中日新聞 社説 2010年2月11日

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2010021102000043.html

 二〇一〇年度の診療報酬改定が十日までの中央社会保険医療協議会(中医協)でほぼ合意された。

医療機関の再診料の統一、

医療費明細書の無料発行の義務化

など

当たり前のことがようやく実現

する。

 健保組合などから医療機関に支払われる診療報酬を平均0・19%引き上げることは昨年末、政府レベルで合意されていた。最大の論点は、この上げ幅の中で医療財源を個々の医療行為などにどう配分するかだった。

救急、小児、産科などを中心に医療崩壊が指摘

されているだけに、

それを防ぐため診療報酬で方向性を示す

ことが強く求められていた。

 今回の改定では長年の懸案である診療所と病院(二百床未満)の再診料が初めて統一される。これまで診療所七百十円、病院六百円で、同じ医療を受けるのになぜ差があるのか患者らから疑問が出ていたが、開業医中心の日本医師会の反対で統一できなかった。

 今回も開業医代表の委員を中心に医療側委員は最後まで診療所の再診料引き下げに反対したが、最終的には公益委員の裁定で、六百九十円に統一が決まった。

 外来部門で浮く財源は、診療時間外に患者からの問い合わせに応じた場合の「地域医療貢献加算」や小児科救急外来の充実、勤務医の待遇改善などに振り向けられる。適切な見直しといえる。

 医療機関に対し、原則無料で患者に医療費の明細書付き領収書の発行を義務付けることもようやく実現する。一般社会では消費者がものやサービスを購入すれば、ごく普通に領収書や明細書がもらえるが、医療界ではこの常識が長い間、通じなかった。

 二〇〇五年末、当時の政府・与党の「医療制度改革大綱」でも「医療費の内容が分かる領収書の発行の義務付け」を打ち出していたが、医療側が抵抗していた。

 現在、大病院では義務付けされている

ほか、自発的に発行している医療機関もあるが、全医療機関に義務付けする意義は大きい。

 明細書によって患者は自分が受けた医療の内容を知ることができ、増大する医療費への理解を深めると同時に、医療費の透明性が高まり、

無駄を除くきっかけにもなるからだ。

従来のような「努力目標」では、こうしたことがあまり期待できなかった。

 今回の改定だけでは、医療再生を図ることは難しい。そのためには、決められた財源をいかに有効に使うか。診療報酬の配分の見直しを不断に行う必要がある。




>医療機関の再診料の統一、



まず第一に、医療機関の再診料は統一されておりません。

200床以上の病院は

A002 外来診療料 70点

つまり、700円の再診料なわけです。




わかりやすいように点数ではなく

1点10円で

話をします。





診療所 710円 → 690円

199床以下の病院 600円→ 690円

200床以上の病院 700円据え置き



ということで、

再診料ではなく名前は違いますが、

外来診療料という名の再診料は

700円のままですから、

統一なんかされておりません。




専門の医師に会えて、

相談する値段が690円なんて

狂っていると思いませんか?

さらに自己負担額は3割ですから、

ファーストフードなんかより

ずっと安いことになるわけです。





結論ありきで

本当の意味で統一もしていないのですが、

社説で堂々と論じる姿は

恥ずかしい、の一言です。





一物五価という

最低な土地価格を是正したら

ものすごい節約になります(1)。




すでに3割の診療所は赤字です。

医療崩壊なので

診療所をさらにつぶす、

というのが国の方針、

もろ手をあげて賛成なのが

マスメディアという図式です。




狂ってますね。




>医療費明細書の無料発行の義務化

>など

>当たり前のことがようやく実現





ほー、ぜひ

新聞社の明細を無料発行してほしいものです。




新聞の取材費、

販売経費、

記者の交通費、通信費、

歓送迎会や取材相手の接待交際費

幹部の退職金を含めて

すべて一部ずつ請求してください。



当然なんでしょ?

実現できてませんが、何か?




(医療費の内容が分かる領収書の発行の義務付け)

>現在、大病院では義務付けされている


この文章なら、

すでに大病院では実施済み、

という印象です。




はぁ?

どこの大病院で毎回全患者にレセプト並み領収書を

発行しているんでしょう?


しかも義務付けられているんですか?




レセプト並み明細書の発行は

400床以上の病院について、

患者の請求があった場合に限り義務化。

費用も実費徴収可、

というのが正解です。




(明細書の発行が)

>無駄を除くきっかけにもなるからだ。


…何のことやら。

どう無駄が発生しているのでしょう?








それよりも

クレーマーからの

いちゃもんをつけられる素地になる

可能性のほうがずっと高いと思われます。




単純に

今までの方針どおり

「希望者に実費あるいは無料で

レセプト並み明細書を発行」

ということでいいのではないでしょうか?




全員にレセプト並み明細書を渡す

意味がわかりません。

いわば、

車の料金をすべて部品ごとの値段をつけて

請求するようなものであり、

フランス料理でひと皿ごと、

デザートごとに

明細をつけるようなものです。











素人が

なにも調べずに社説を書く、

意見を一般市民に垂れ流す、

ということがどれだけ恐ろしいことか。






”これが当り前で正解!!”

という診療報酬改定で

さらなる医療崩壊の地獄が

幕を開けるでしょう。




この改定で

開業医がバタバタと

撤退することでしょう。










関連記事

■開業つれづれ:「憂楽帳:米国の医療」 毎日新聞が当たり前のことを書いていて気持ち悪い




毎日新聞が

当たり前のことを書いているので

逆に気持ち悪い。




アメリカではERに入るだけで数万円、

という世界です。

それなのに

「アメリカ最高、日本の医療は最悪」

という医療たたきを繰り返してきた

マスコミ。






のん気すぎて、自分たちが

今までにどんなことやってきたのか

わかっているんでしょうか?







憂楽帳:米国の医療

毎日新聞 2010年2月9日 大阪夕刊

http://mainichi.jp/select/opinion/yuraku/news/20100209ddf041070029000c.html

 米国留学中、激しい胃痛を訴えた妻を夜中に病院へ運び込んだ。診断もはっきりしない状態で、いきなりモルヒネの投与。1錠数千円の強力な痛み止めを処方され、病院を放り出された。「痛くなったらまた来て」と。

 案の定、翌日、緊急入院となった。超音波、胃カメラ、腸カメラ……。次々に検査をしたが、それらしき病変はない。専門医に「胃炎は?」と尋ねると、「胃カメラでは判別できない」と、日本ではまずあり得ない答え。超小型カメラ内蔵のカプセルをのむ、100万円を超す最先端の検査を勧められたが、断った。2泊3日の入院費がいくらだったのか。海外留学保険のキャッシュレスサービスを利用したので知るすべもないが、救急室で点滴を1本打ってもらった知人は3000ドル(27万円)を請求されたという。

 高額の医療費は、医者の診療報酬が高いからだが、その医者も年間1000万円と言われる賠償責任保険の掛け金の支払いに苦しむ。元をただせば医療訴訟の増加が原因だ。

米国と比べて、日本の医療は押しなべて良質で安価だと思う。

医療崩壊は食い止めたい。



【岡田功】









毎日新聞の記者って、

自分の新聞記事って

全く読まないのでしょうか?






>米国と比べて、日本の医療は押しなべて良質で安価だと思う。

>医療崩壊は食い止めたい。


マスコミによる医療破壊の最先端を

突っ走っておきながら

何を言うか、

といった感じですね。





奈良の医療を破壊しつくして、

挙句に第11回新聞労連ジャーナリスト大賞の特別賞

と坂田記念ジャーナリズム賞なんかとったりして

ご満足(1,2)、といった様子。





毎日の報道によって

奈良県南部の産科医療は崩壊し、

裁判が繰り広げられています。




まず、受賞を辞退して、

記事訂正してから

この記事書け、

そう言いたいです。




大淀病院事件の

判決は3月1日の予定です。






(1)
■開業つれづれ:「妊婦転送死亡:発生3年 「世の中、動いたと実感」遺族、産科医療改善望む /奈良」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1014.html

(2)
■新聞労連 毎日新聞報道が特別賞で表彰される 「躍動感」で奈良県南部 産科消滅
http://ameblo.jp/med/entry-10024207652.html



(3)
【奈良・妊婦死亡 目次】
http://ameblo.jp/med/entry-10019702050.html











関連記事

■開業つれづれ:「<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける」





これはすごい。




「あー、ダメだ」

「そうですね、警察運びますか」

ぐらいの会話だったんでしょうか。










<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける


2010年2月10日22時56分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100210-00000128-mai-soci

 さいたま市消防局は10日、出動した救急隊が意識を失っていた男性(51)を誤って死亡と判断し、病院に運ばず引き揚げていたと発表した。男性は搬送された埼玉県警大宮西署の検視室で目を開け、生きていることが分かった。別の救急隊が病院に運び、右脳出血で3週間の安静が必要だが、命に別条はないという。

 市消防局によると、10日午前9時40分ごろ、「同市西区の屋外ゲートボール場で、男性が冷たくなっている」と付近の住民から110番があった。男性は布団にくるまった状態で、市桜消防署大久保出張所の救急隊長(52)と救急救命士の隊員(41)は、

あごや両腕の硬直など外観から「死亡」と判断。

声を掛けながら肩をたたいたり、口元に耳を近づけて呼吸の有無を確かめるなど、

初歩的な確認を怠った。

救急隊員歴は隊長が20年、隊員は12年のベテラン。

 男性は「警察に運ばれるまでのことは覚えていない」と話しているという。小池健一市消防局長は「緊張感の欠如以外の何ものでもない。内規に照らし厳正に処分する」と謝罪した。【稲田佳代】

最終更新:2月11日2時31分








逆に消防は

責任逃れのため

病院に死体を運ぶことも多くて

医療側はうんざり。





この事件で、

ありとあらゆる死体が

病院に運び込まれて、

「医学的にも死んでます」

と言われるためだけに

当直医を叩き起こすことになるでしょう。







医療崩壊だ!

とか言っているのに

死体を運んで

生きている人だけじゃなくて

死体の事務手続きまで

医師にさせるのは

明らかに医療資源の無駄だとは

思わないのでしょうか。






きっと

「死体もワンコールで引き受けろ」、

とか言い始めるんでしょうね。

















関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -