FC2ブログ

■開業つれづれ: 「悪の税金学」 大村 大次郎: 追記あり

注:コメントでご指摘があるように

とくに医師の場合、

グレーな手法の可能性があります。

十分に税理士、会計士の方とご相談のうけ

実行してください。

損失が発生した場合も

当ブログ、管理人はいかなる責任も

負いません。






「悪の税金学」

といいますが、

中身は合法な節税法です。




クリックするとアマゾンに飛びます。

悪の税金学―サラリーマン税法の盲点をつく悪の税金学―サラリーマン税法の盲点をつく
(2009/06)
大村 大次郎

商品詳細を見る


私自身、開業を意識してから

お金について真剣に考えるようになりました。





というか

お金について真剣に考えて、

家族やいろいろな条件を考えて

開業に踏み切った

というのが正しいかも知れません。





もしも開業していなかったら、

という仮定でお話しますが、

勤務されている医師の場合、

原稿料や講演料などが

発生しますし、

場合によっては出張や当直バイトなども

あると思います。







本業からのものではなく

”副業”に該当する収入も

十分考えられるのが医師です。




それは

実際に他業種からしたら

すごいことなのです。

専門知識で

いくつも売り上げを立てられる可能性があるのですから。





特に勤務医の方にお勧めできるのが

この「悪の節税学」でしょう。





大きく3つに分けて書かれていますが、

副業で経費を使う

不動産

一人会社を作る

ということが書かれています。





不動産については

割愛させていただきます。



一人会社については、

橘玲氏の「貧乏はお金持ち」


貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する
(2009/06/04)
橘 玲

商品詳細を見る





という最新刊がありますので、

後日ご紹介したいと思います。







それ以外にも

サラリーマンの法人化計画

わかりやすいサラリーマンの法人化計画わかりやすいサラリーマンの法人化計画
(2007/06)
瀬尾 正勝

商品詳細を見る



全サラリーマン社長化計画

全サラリーマン社長化計画 (節税ブックス)全サラリーマン社長化計画 (節税ブックス)
(2007/09/19)
高橋 節男

商品詳細を見る


など、理論的には

一人社長になるメリットがいっぱい出されております。




で、一番有利なのは誰でしょう?

いままでろくな退職金も支払われず、

数年で病院をぐるぐる回っていた、

特殊技術を持ったエキスパート

かつ

ほかの業種に搾取され続けている

医師こそが一人社長に

ふさわしい職業だと思っています。




ただし、どの本も取り上げていない

一人社長の欠点があります。


●報酬は一定(多くは労働時間が延長されても)

●労基法が適応されない 健康管理は自分で

●社会保険は自ら加入

●傷病手当金支給なし

●労災の適用がない


ということになるかと思います。




逆に言うと、

病院管理者側にも「一人社長医師」を取り入れると

”過労死”、”過重労働”の責任を取らなくて済む

裁判などで莫大な時間外労働の給与を支払わなくて済む

などの

非常に大きなメリットがあります。




つまりは

最初の”契約内容”が大きな位置を

占めることになるでしょう。





すでにいろいろな病院を回る

勤務医は終身雇用のメリットを

まったく受けておりません。

安定雇用なんて想像もできませんし

終身雇用、退職金なんて

最初から考えていません。




そこに税務的に大きなメリットのある

「一人社長医師」システムが登場です。








弁護士を間に立てて

大リーグ選手のような契約をする、

というのが今後の医師の

姿になるかもしれません。







私自身、

2,3年前からこのような形態を考えていたのですが、

なかなかそのようにする医師もなく、

私自身、開業してしまったので

メリットを受ける立場にないのですが、

ぜひぜひ

”搾取されている勤務医の方々、社長になってみませんか?”

と声をかけたいです。





節税の入り口の本として

読んでみてください。





ご参考になりましたら幸いです。




関連記事
スポンサーサイト



■開業つれづれ: カテを縮小せよ? 「カテーテル専門医に上限 質を維持、当面千人に」



>要件を厳しくして専門医数を制限し、質を高めようという目的


以前からマスコミが言っていた

専門医制限。


…でもね、

これやっちゃうと医療縮小しますよ。




素人の提言って

わけわかんねー。





アメリカでもやっている

専門医制限。

アメリカでは主に専門医が既得権を守るために

やっている人数制限です。







日本では逆に既得権がないので、

専門医以外の人がカテをやった時に

裁判で負けるとか

そういう”負の資格”になる可能性があります。






カテの専門医が1000人、

>心臓に栄養を送る冠動脈を広げる治療(PCI)だけで実施数は年間約20万件


つまりは

専門医だけなら

1人で200件以上のカテをする

計算になります。






カテーテル専門医に上限 質を維持、当面千人に


asahi.com 2009年6月26日13時32分
http://www.asahi.com/science/update/0626/TKY200906250397.html


 心筋梗塞(こうそく)などのカテーテル治療を行う医師らでつくる日本心血管インターベンション治療学会(理事長=一色高明・帝京大教授、医師会員5598人)は、今年新設する専門医制度で、専門医の人数を当面1千人に限ることを決めた。25日に札幌市で開かれた評議員会で承認された。

 日本専門医制評価・認定機構によれば、同機構加盟の71学会で上限を設けている学会はこれまでなかった。会員の7割ほどが専門医に認定されている学会もある。要件が緩くて質の保証としては不十分な学会もある。今回の取り組みは、そうした現状を踏まえ、要件を厳しくして専門医数を制限し、質を高めようという目的だ。今後、他の学会での取り組みを促すきっかけになると期待されている。

 カテーテル治療は、風船や金属製の管で、狭くなった血管を広げる。心臓に栄養を送る冠動脈を広げる治療(PCI)だけで実施数は年間約20万件と見られている。

 今回の専門医の認定基準では、カテーテル治療の術者として500例以上(うちPCIを300例以上)経験した人に筆記試験の受験資格を与え、合格者に実技試験を課す。

 厚生労働省は、一定の要件を満たす学会専門医を取得した場合、広告でうたえるよう02年から認めている。今回の専門医は今年11月に第1回の試験を行い、来年にも同省に広告を認めるよう申請する。(編集委員・出河雅彦)








専門医や指導医の人数制限が入ると、

現在の日本の医療では

さらなる

縮小モードに入る気がしてなりません。







マスコミがさんざん

「日本の専門医はアメリカと違ってどんどん資格を取らせる。けしからん」

なんて書いています。




一方、司法では

「専門医が診なければ救急でも病院に過失がある」

という判例がまかり通っています。




つまりは日本では、

「専門医制限」 = 「医療制限」

ということになる可能性があります。





(ちなみにアメリカでは

専門医市場を守る形になりますので

「専門医制限」 = 「専門医報酬を高額でキープ」

となります。

日本では専門医と一般医の医療の料金は変わりません)





マスコミに踊らされて、専門医制限。



若手は専門医になかなかなれず、

管理職ばかりが専門医になる「名誉職」になったり、

専門医以外がカテをやってトラブルになったら問題になったり、

全国でも専門医が都市部に集中して

地方には数人しかいなくなったり、

そんな予想をするのは

私だけでしょうか?





「質を維持すべきだ」という

素人のマスコミの主張のせいで

「質を維持するために医療を縮小する」

という方向に日本の医療は

向かっています。






「質を維持するべきだ」

というのなら

マスコミの方こそ人数制限

した方がいいのではないでしょうか?















関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -