fc2ブログ

■黒滋賀 「勤務医の労働改善に高い壁 時間外勤務の上限“過労死ライン”超」


ネタ元は、

新小児科医のつぶやき
2009-04-10 先例は作られた
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20090410

です。いつも大変お世話になっております。




滋賀県では

”労働者(=医師)は死んでもいいから三六協定結んじゃえ”

みたいなことになっています。

まさにブラック企業の居直りですね。






こんなことがまかり通ってしまったので、

日本中が

”過労死ラインを突破した三六協定締結”に

突き進むことにならないのでしょうか。








勤務医の労働改善に高い壁 時間外勤務の上限“過労死ライン”超


中日新聞 2009年4月9日
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20090409/CK2009040902000011.html


 成人病センター(守山市)など県立3病院の医師らの時間外勤務で労働基準法違反があった問題で、県病院事業庁などは先月末までに労使間の協定を結び、大津労働基準監督署に届け出た。協定内容は現場の実態を考慮して、
厚生労働省が示す過労死の認定基準を超える時間外勤務を労使ともに認めるしかなかった。
人員不足の解消など、勤務医の労働環境の改善が急務となっている。 (林勝)

 「(3病院で6割にあたる)過半数の勤務医が労組に加入すること自体が全国的にも画期的なこと。労働の適正化を求める意識が医療現場で高まっている」。病院側との労使間協議に臨んだ県自治労幹部はこう話す。

 1日8時間の法定労働時間を超えて勤務させる場合、勤務時間の上限を定める労使協定を結び労基署に届け出なければならない。県立3病院は従来、この労基法の規定を守らず、勤務医らの裁量に頼った運営をしてきた。

 この結果、脳神経外科や産婦人科などの診療科目によって違法な長時間勤務が常態化。昨春、内部告発を機に労基署がセンターを立ち入り調査して是正勧告を行った。同庁は自治労など職員団体と協議を開始。3病院の医師の労組加入も相次いで、熱心な議論が続けられた。

 しかし、医療現場と労基法の両立は現実的に不可能とする勤務医は多い。ある医師は「我々は労基法を守る前に、医師法または医師の倫理に従って仕事をせざるを得ない」と強調。医療従事者の長時間労働の上に日本の医療が成り立っている現実を指摘する。こうした状況に慢性的な人員不足が拍車を掛け、勤務医の負担は増える一方になっている。

 今回の労使間協議では現実を踏まえ、時間外勤務の上限を決め、当直を見直した。病院側は厚労省が定める過労死認定ラインを下回るように、勤務医の時間外勤務を月80時間以内とする案を提示した。しかし「最初から破られることが分かっている協定を結ぶべきでない」とする現場の意見があり、成人病センターでは月120時間を上限とすることで決着。これに沿って労働改善に取り組んでいくとした。

 成人病センターの医師は「労基法と診療に対する責任を両立させるため、互いが譲り合った現実的な協定だと思う」と評価する。ただ、協定を継続して守るためには勤務医の負担軽減策が急務だ。病院事業庁は「欠員となっている診療科の医師確保に努め、事務作業などで医師の業務をサポートする方法も考えていく」と話している。





問題としては日本の労働基準を

さらに悪化するような

過労死黙認の三六協定が

民間ではなく、県立病院にて結ばれた、

ということでしょう。






自治労も、

こんな前例を作ってしまって、

全国の他業種でこんな問題が起こっても、

「いや、滋賀の県立病院とおなじ三六協定ですから」

といわれたら、”終了”です。





本来は、

「できないことはやらない」

ということで、

出来る範囲で医業をやり、

それ以上は縮小、というのが

正しい姿でしょう。






厚生労働省が自ら、

「医師は過重労働OK」

と言っているようです(2)。






言いかえると

「国主導の医師過労死 黙認作戦」

に出ているようですから、

歯車にすりつぶされないうちに

滋賀のブラック病院から逃散、

というのが一番正しい作戦かと思います。
















(1)
研修医の4割が「過労死ライン」の80時間を超す時間外労働
http://ameblo.jp/med/entry-10033578130.html

(2)
厚労省医政局長から愛育へのアドバイスの中身
http://lohasmedical.jp/blog/2009/04/post_1695.php







関連記事

■魔女狩りはじまる 「「医師が必ず起訴される制度」が始まろうとしている 5.21 改正検察審査会法が施行」

法律名は

「検察審査会法を改正するための法律」。



素人の「一般市民で構成される検察審査会」が

「起訴相当」「起訴をすべき」

としたら、いくら検察が”無理筋ですよ”といっても

刑事事件になる、

という法律がいよいよ施行されます(1)。





まあ、医療業界版の

「姉歯事件 改正建築基準法」

みたいなものです。





姉歯事件で、とち狂ったマスコミは

「どうして規制しないんだ!!」

と叫び、

「はいはい、規制します」

とお役所は言い、

建築の超長時間の事前審査が必要になり

完成不況が始まった、

というやつです。






「医師が必ず起訴される制度」が始まろうとしている

5.21 改正検察審査会法が施行

日経ビジネス 2009年4月9日
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090409/145050/

 医療事故と刑事責任の関係については、厚生労働省のもとで検討が続けられている死因究明事業との絡みで議論されることが多い。

 厚労省では、「診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方に関する検討会」を設置して議論が重ねられ、2008年4月に「医療安全の確保に向けた医療事故による死亡の原因究明・再発防止等のあり方に関する試案」(第三次試案)が出されたのに続き、同年6月には「医療安全調査委員会設置法案大綱案」が発表されている状況である。

 その中において、「故意や重大な過失のある事例その他悪質な事例」について捜査機関への通知を行うとされていることから、これに反発する意見が根強い。






日経さんですので、

一部だけ紹介しますが、

こんなひどい制度です。

しかも、施行決定です。




http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/opinion/orgnl/200904/510166.html

>検察官がいかに不起訴処分を繰り返したとしても、一般市民で構成される検察審査会において、「起訴相当」「起訴をすべき」と議決された場合には、必ず起訴されて刑事裁判が開始されるという制度がスタートするのである。





笑ったのはここ。


>7.当面の対策

> それでは、不当な起訴を防ぐために、医療者としては当面どのような対策を講じることができるであろうか。

> まず、そもそも刑事捜査の対象とならないようにすることが考えられる。






…つまり、弁護士の立場からも、

”逃散”は医師側の合理的な法対応、

ということなんですね。





過剰な法改正で

規制強化がされて、

どんどんその分野の勢いがなくなってゆく、

というのを日本人はどうして好きなのでしょう?







理系脳としては

専門家がこれほど尊重されず、

目の敵にされるのは

狂っているように思えます。






これは最後の逃げるチャンスかもしれません。

5月21日以降、

どのような医学的な裏付けがあっても、

一般市民の感情に逆らえば

刑事事件に必ずなる、

という法律が施行されます。





みなさん、

臨時手術とか、カテとか、救急とか

産科とか、小児科とか、

リスクがあって、

一般市民の理解が少しでも得られない可能性がある医療行為は

事実上、禁止になりました。





5月以降、法律的には

禁則行為を繰り返しているのは

医療自体になるです。







理解できないものは、

結果が悪ければすべて”悪”という

魔女裁判制度のスタートです。









(1)
■【緊急記事】 「「医師を必ず起訴」という新ルートが誕生」 改正検察審査会法について
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-22.html







関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -