fc2ブログ

■ベット1床月12万円赤字ナリ 「医業収支:病院の赤字、過去最大 100床当たり月1261万円--08年調査」

100床当たり月約1261万円赤字

ってわかりずらいですよね。




簡単に言うと、

病院はベット一つで月に12万円以上赤字になっている

ということです。

ずらりと並ぶベットを見ると

赤字の山に見えてきませんか(1)?






>総収支でみると、黒字の病院は23・8%にすぎず、76・2%は赤字

…病院の7割以上が赤字なんですね。

つまりは、近い将来、

病院は7割以上がなくなるかもしれません。








医業収支:病院の赤字、過去最大 100床当たり月1261万円--08年調査


毎日新聞 2009年3月31日 東京朝刊

http://mainichi.jp/select/science/news/20090331ddm002040064000c.html

 全国の病院の医業収支(医療での収入と経費の差)の赤字が08年に、ベッド数100床当たり月約1261万円に上ったことが、全国公私病院連盟(竹内正也会長)と日本病院会(山本修三会長)の調査で分かった。67年の調査開始以来最も赤字が大きかった。コストカットを優先する病院が多い中、診療報酬だけで経費を賄えない現状があるとみられる。

 全国の病院の約4割にあたる3412病院に対し、08年6月1カ月の医業収支などを尋ね、1206病院(回収率約35%)が回答した。

 医業収入は100床当たり約1億3609万円で、対前年比1・1%の減少。内訳は、入院収入が約9063万円(対前年比0・1%増)でほぼ横ばいだったが、外来収入は3・6%減の約3995万円と落ち込んだ。

 必要経費に当たる医業費用は約1億4870万円で、1・2%増。給与費の伸びが目立ち、1・3%増の約7791万円。100床当たりの赤字額は月約1261万円で、過去10年で最少だった00年(月約475万円)の倍以上に膨れ上がった。

 また、医業外を含めた総収支でみると、黒字の病院は23・8%にすぎず、76・2%は赤字だった。【河内敏康】




ど根性理論で、

医師は24時間、365日働け、

過労死するぐらいがちょうどいい、

なんて言っている方に

このデータを見てほしいものです。





劣悪な条件で働かせて、

しかもベット一つ当たり

月に12万円ずつ赤字になっていく、

そんな職場です。

しかも、その料金体制を決めているのが

日本の国ですから、どうしようもありません。






赤字企業が淘汰されるなら、

日本の7割の病院は

消えゆく運命にあります。











(1)私のイメージ(笑)。

鬱
(1998/09/19)
ピンク・フロイド

商品詳細を見る


ピンク・フロイドです。

名作なんですが、これって廃盤?

ちょっとびっくりです。








関連記事

■兵庫 3億踏み倒し 「県立病院の診療費未払い、3億超す 裁判で徴収検討」

さすが兵庫。

何とも言われない香ばしさです。

…こんなこと言うと怒られるかな。







県立病院の診療費未払い、3億超す 裁判で徴収検討 

神戸新聞 2009/3/31 09:56
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001787651.shtml

 兵庫県立の十二病院で診療費の未収額が、時効分を除き今月末で三億円を超える見込みであることが分かった。八年前の二倍以上で、県は「滞納は年々増えており、悪質なケースも目立つ」などとして、民事訴訟を起こすなど強制徴収に乗り出す方針を固めた。(安藤文暁)

 県によると、医療制度改革で患者の医療費負担が増え始めた二〇〇二年度、診療費の年間滞納額は八千万円台に。その後いったん減ったが、〇五年度には一億円を超え、〇七年度は一億三千万円に増えた。

 期限を二十日過ぎても診療費を収めなかった場合、県は督促状を送付。その上で、専門員五人が患者の自宅を訪れるなどして診療費の徴収に当たる。だが、さまざまな事情で住所が確認できないことも少なくなく、年間徴収率は〇一年度以降、40%以下にとどまっている。

 〇五年度からは、一年以上の滞納者への徴収を民間会社に委託したが、それでも徴収率は6%弱と低迷。生活に困窮していたり、支払う意思がなかったりする患者が目立つという。

 診療費徴収には時効があり、昨年度末までの七年間で三億円以上が徴収不能に。〇五年度には時効が五年から三年へと短縮され、景気の悪化なども背景に今後さらに増えるとみられている。

 このため県は、滞納が一年以上の患者らを対象に提訴を検討。裁判結果によって財産を差し押さえた場合、徴収期限の時効が中断されるといったメリットもあるという。県病院局は「資産が把握できれば分割徴収などにも応じたい」としている。

 診療費未収は全国的にも増加傾向で、国立病院機構が運営する百四十六病院では計約十九億三千万円(〇六年度末)。大阪府立の五病院でも約三億七千万円(〇七年度末)に上るという。


 未払い診療費の徴収 医療機関は医師法に基づき、正当な理由がなければ所持金がない患者でも診療の求めを拒否できない。厚生労働省の未収金問題検討会は2008年、医療機関による訪問徴収▽保険者が督促や差し押さえをする「保険者通報制度」の実施-などを提言した。






一県で3億円もの踏み倒しをして許される

業種が他にあるでしょうか?




これは社会問題であり、

法制度問題であり、

なによりこの状況で医療関係者が

ますますやる気を失っていくという

医療問題でもあります。





「医療費が払えないなら生活保護になるべし。

生活保護になりたくないなら医療費は払うべし」



これは極論ではありますが、

一方で正論です。





なぜなら、

”医療費は払わなくても済むお金”

と国民が認識しているためで、

困窮するならまず、

払う必要のない金を払わなくなるのは

当然だからです。

給食費を払わない問題と一緒です。





他の業種でこれが許されるでしょうか?

フランスレストランで食事をしてからお金を払わないとか、

コンビニでジュースを買ってからお金を払わないとか、

車を買ってからお金を払わないとか。





みんな警察に突き出されますよね?




生活保護を受ける人以外は

他業種と一緒に医療費踏み倒しも

警察に通報するような問題であると

認識すべきなのかもしれません。










とても低い次元の話ですみません。

より高い次元に行きたい方は、

絶対に払うべきお金をケチったり、

支払いを遅れさせてはいけません。





そのような行動をとっていると、

かならずそのような人が周りに集まってきます。

”類は友を呼ぶ”というのは

本当です。




「お客からお金を奪い取ってやる」

と言う人は、結局誰かにお金を奪い取られます。


「感謝してお金を受け取る」、

そんな姿勢で働いている方は

周りにも感謝する方々に恵まれます。





踏み倒しをやっている方は、きっと

精神的にも金銭的にも豊かではないでしょう。



なぜなら、豊かでないから結果的に”踏み倒す”のではなく、

いつも”踏み倒している”からこそ、豊かになれないのです。





そこの兼ね合いがわかってくると、

生きていくことも

よりスムーズになるのかもしれません。









関連記事

■「青空エール 2」 河原 和音

青空エール、2巻でました!!

これ、結構いいですよ。

ホント。



クリックするとアマゾンに飛びます。

青空エール 2 (2) (マーガレットコミックス)青空エール 2 (2) (マーガレットコミックス)
(2009/03/25)
河原 和音

商品詳細を見る


なんで、アマゾンに絵がないんでしょう?

1巻もまだです。


楽天のを引っ張っておきます。

クリックすると楽天に飛びます。




こういうのを見ると、

「高校に戻りたいな~」

なんてお気軽なことを考えてしまいますが、

実際に戻ったら、また受験あるし、

結構大変ですよね…。





大介君もつばさも、

一生懸命に頑張ります。

でも、なかなかうまくいかないつばさ。




最後の章では、…な展開で、

本当にグッと来てしまいます。

涙出そう。

いやあ、大介君、偉いよ。







トランペットの

”足あげロングトーン”なんて

激しすぎます。




ということで、野球部と吹奏楽部の

青春を描いている「青空エール」。

ますます目が離せません。






ご参考になりましたら幸いです。

関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -