fc2ブログ

■インパール作戦開始 「患者受け入れ ルール義務化へ」 救急医への最後通牒



インパール作戦

1944年(昭和19年)3月に日本陸軍により開始され6月末まで継続された、援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことである。 補給線を軽視した杜撰(ずさん)な作戦により、歴史的敗北を喫し、日本陸軍瓦解の発端となった。 無謀な作戦の代名詞として、しばしば引用される。


ウィキペディアより





あれですか、

救急医療を滅ぼせ、

と誰かが

念でも送っているんでしょうか?

















患者受け入れ ルール義務化へ


NHK 2008年12月26日 4時32分
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013251181000.html

救急患者が医療機関から受け入れを断られるケースが相次いでいることを受けて、国は消防法を改正し、あらかじめ搬送先の優先順位を決めておくなど都道府県ごとに受け入れのルール作りを義務づける方針を固めました。

ことし10月、東京で妊娠した女性が脳内出血を起こし8つの医療機関に受け入れを断られて死亡するなど、救急患者が受け入れを断られるケースが各地で相次いでいますが、現在の消防法では、消防と医療機関の連携や患者受け入れの方法は定められておらず、責任の所在が明確になっていません。

このため国は消防法を改正し、消防や医療関係者が参加する協議会を都道府県ごとに設置して患者受け入れのルール作りを義務づける方針を固めました。

ルールはそれぞれの地域の実情にあったものを作ることが求められ、例えば搬送時間を短縮するためあらかじめ搬送する医療機関の優先順位をつけておくことや、ベッドが空いていなくても1日だけでも責任を持って受け入れる医療機関を決めておくことなどが想定されています。

また、東京で妊娠した女性が死亡したケースでは女性の容態が医療機関にきちんと伝わっていなかったことから、救急隊が報告する項目を統一化することが検討されています。

総務省消防庁などは、こうした内容を盛り込んだ消防法の改正案を来年の通常国会に提出することにしています。







>東京で妊娠した女性が死亡したケースでは女性の容態が医療機関にきちんと伝わっていなかった


救急隊の任務は

「病院にきちんとした報告をする」

ではなく、

「患者さんを病院に搬送する」

ことですので、

救急隊の嘘八百は日常茶飯事です。





聞いた話ですが、

救急隊が

「交通事故で足の打撲があります」

とだけ言って送り込まれた患者さんが

足の開放骨折だった、

(足の骨が外に飛び出しているぐらいのひどい骨折)

とか、

「顔面をぶつけています」

という患者さんが

呼吸困難を伴うほどの顔面多発外傷だった

とか、

ひどいことこの上ありません。






そりゃ、送ってしまえば

救急隊はおしまいですから

ウソをついてでも送りたい気持ちは分かりますが、

それを受け取った医療側は

最低な気持ちになるわけです。





最悪の場合は対応できずに

別の病院に再搬送です。

救急隊の仕事を今度は

病院がやらされるわけです。







>ベッドが空いていなくても1日だけでも責任を持って受け入れる


…ベットが空いてなくても受け入れる、

という意味は

「医学的に対応できる限界を超えている」

ということです。




対応する医師も看護師もなく、

医療機器もなく、

ホテルのベットに転がしておくのと

何ら変わらない条件で、全部受け入れろ、

患者が急変しても知らん、

「何かあれば病院が全責任を取れよ!!」

というジャイアン流提案です。





タダでも疲弊している救急医療を

一気に限界オーバーさせる

「死へのダイブ」です。




まー、

日本の救急医療崩壊を

これほどまでに

みなさんが望んでいるとは

思いませんでした。






ついに救急医療は

医療の限界を超えてやれ、

過労死なんか知らん、

という条件設定になりましたので

携わっている方は

もう

「過労死することを前提に勤める」

しかないのではないでしょうか。




早急に撤退することをお勧めします。

これが日本医療に対する

国の最後通牒です。







関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -