fc2ブログ

■「信頼するから、ときに罵倒する」 


>主治医がくれた「原点」 対話が育んだ相互理解



…対話が育んだ相互理解…?

当の医師は、

>「自分は医者をやめようかと思っている、もうだめだ」

って言っているようですが。

相互理解があったんでしょうか?









第3部「現場からの声-7」
主治医がくれた「原点」 対話が育んだ相互理解
共同通信社 2008/12/09

http://kk.kyodo.co.jp/iryo/news/081209rensai.html

  ―がんと告知されたのは37歳になってひと月たったころだった。大学院を出た後、非常勤の教師を複数掛け持ちして暮らしてきて、ついに職を得ることになった直後に診断が確定した。新しい仕事の準備をしながら主治医を探し当て、闘病生活に入った―
 京都で短大の教員をしている村井冬さん(41)=仮名=のウェブサイトの1こまだ。病と向き合いながら思うことをつづる。医療に関心を持った“原点”は最初の主治医との対話の中にあると、村井さんは記者に明かした。どんな人物なのか。
 〈やや自信過剰が鼻につき、言葉足らずなところも少なからずあり、むら気な態度が患者にもスタッフにも、しばしばぶつけられていました。でも非常にまじめに仕事に取り組む姿勢、患者を思いやり考えようとする熱意が根本にあったことを、私は今も疑いません〉
 手術後、村井さんは「標準治療」として抗がん剤注射を受け続け、不眠、うつ症状などで仕事ができないほど苦しんだ。「副作用?それは思い込みでは」と言う主治医に何度も自分の考えを伝え、再発リスクを承知で注射を中止。苦痛は劇的に解消した。
 その主治医が遠方の病院に転勤となり、村井さんは自分のウェブサイトを立ち上げる。ある日、サイトの読者からメールが届いた。
 「どんなにあなたを傷つけていたか、自分が非力だったか、深く反省している」
 主治医だった。
 「どんなに言葉足らずで力不足であったか、今にしてわかる。今の職場にあって悩んでいる」
 〈ついに「自分は医者をやめようかと思っている、もうだめだ」という叫びを聞くことになりました〉
 主治医の姿は、今も鮮明によみがえる。
 〈いつも多忙で白衣を翻して走っていましたが、「先生と相談がしたい」と頼めば、必ず時間を取ってくれました。そういう医師が職場を移って我に返る時間ができた途端、燃え尽きてしまう。そんな現場でいいとは決して私は思いません。医師が不幸な現場は患者にとっても不幸であり、その逆もまた真なりです〉
 ―患者に信頼される医師の前には、医師に信頼される患者が座っているのでなければならない―。村井さんが医療を考える上での理想。主治医との対話から見いだした。
 〈私という患者の書いたものを通して「医師」のありようを省み、変化を起こした医者がいた。患者と医師の間に、そんな“相互理解”の可能性があった―。この1点にかけて、私は日本医療への最後の信頼を失わない。だからこそ批判し、ときに罵倒もするのです。この信頼を軽く考えないでもらいたい、と〉(完)

 この連載に対する感想やご自身の体験を「医療漂流」取材班にお寄せください。ファクスは03(6252)8761、電子メールはhyoryu@kyodonews.jp (2008/12/09)






なんだかよくわからない理論です。



>私は日本医療への最後の信頼を失わない。だからこそ批判し、ときに罵倒もするのです。


…たとえば、

自分の子供を信頼している場合、

批判して、罵倒するんでしょうか?

子供になんて説明するんでしょうか?




デパートやスーパーでも、

信頼しているからこそ

批判して罵倒する?






日本では

医療現場で大声で叫ぶ方が

結構いらっしゃいます。




いきなり殴っておいてから

「これは正しい制裁だ」

とでも言うのでしょうか?

単なる自己正当化の

理論ではないのでしょうか?



>私は日本医療への最後の信頼を失わない。だからこそ批判し、ときに罵倒もするのです。




どのような理屈にせよ、

”罵倒された側の医師”は

静かに第一線から

いなくなっていきます。




>主治医がくれた「原点」 対話が育んだ相互理解

この記事のどこに

相互理解があるのでしょう…?


関連記事

■「市立松原病院:閉院に異論、怒号、やじ 「赤字放置」に次々--説明会 /大阪」


「人のふり見て我がふり直せ」

とはよく申したもので、

怒号、やじが飛び交う現場は

ちょっと前までの

病院の受付や診察室だったのでは、

なんて邪推したりもします。








市立松原病院:閉院に異論、怒号、やじ 「赤字放置」に次々--説明会 /大阪

毎日新聞 2008年12月13日 地方版
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20081213ddlk27040402000c.html

 ◇参加530人
 市立松原病院の閉院についての市民説明会が12日夕、松原市文化会館であった。参加した市民ら約530人から、閉院に対する強い異論の声が上がり、会場が怒号に包まれる場面もあった。

 ◇市おわび
 市側は中野孝則市長、桑田院長らが出席。冒頭、中野市長は増大する累積赤字や耐震強度不足など閉院を決断した理由を説明。「(病院の)開設者として市民の皆様をはじめ、すべての皆さんにおわびする」と陳謝した。

 参加した市民は「枚方では公立病院の建て替え計画もある。なぜ松原だけ閉院なのか」「どうして赤字をここまで放置したのか」と次々質問。「閉院を白紙撤回しろ」とやじも飛んだ。【曽根田和久】





経済的には

他の自治体が病院赤字を膨らます中、

見事な「損切り」を

しているということになります。








赤字を出さずに病院を存続させろ、

というのは

公立病院の7割が赤字に

転落している今、

料金体制的に不可能であります。






署名ややじ、怒号だけでは

病院は成り立たなくなっているのが

現状なのです。














関連記事

■「ローマから日本が見える」 塩野七生


塩野七生さんの

壮大な「ローマ人の物語」。




でも、

読むのは量的にちょっとな…、

とか

1,2巻で挫折しちゃいました、

という方には是非お勧め。




クリックするとアマゾンに飛びます。



ローマから日本が見える (集英社文庫)ローマから日本が見える (集英社文庫)
(2008/09)
塩野 七生

商品詳細を見る




楽しくローマの歴史の

輝きを読むことができます。




それは反面、ローマの努力の

あかしでもあったのです。





本当に多くの人材を

輩出してきたローマの

「英雄の通信簿」なんかもあったりして、

ここから「ローマ人の物語」へ

入っていくのが

とてもいい感じがします。










私はあら、塩野七生の新刊、

と思って手に取って

瞬間的に買いました。




序文の最初を読んだ瞬間に

「あ、やられた」と思いました。



ありゃりゃ、内容は

「痛快!ローマ学」と一緒でした。




クリックするとアマゾンに飛びます。

痛快!ローマ学痛快!ローマ学
(2002/12)
塩野 七生

商品詳細を見る




でも、

再読してやはり

忘れているところが

いっぱいありました。



そして

何より「読書が楽しい」です。




また、

「ローマ人の物語」

読みなおそうかな…。




冬のお勧めの一冊です
















関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -