fc2ブログ

■書かれた方は想像力ある? 「「想像力」の欠落した医師」

人間には多くの方がいます。




検査をしすぎる、

と怒る方もいれば、

検査をしなさすぎる、

と怒る方もいます。





はっきり病名を言わなくて

訴訟になる方もいれば、

はっきり病名を言って

訴訟を起こす方もいます。






あまりに多くの方がいますので、

最近ではアメリカのように

多くの医師ははっきりと

病名を言うようになっています。








さて、読売新聞の

コラムニストさん。





「想像力が欠落した医師」と

言われた主治医の方はどう思うか、

想像はされなかったのでしょうか?











「想像力」の欠落した医師

2008年12月10日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/kaigo/enkei/20081210-OYT8T00520.htm

コラムニスト 北 連一さん

 昨年の12月10日、大腸がんの手術を受けるために入院してから、ちょうど1年になる。幸い発見が早かったために、大腸を15センチ切除しただけで大事に至らなかったが、がんをほぼ撃退したとして仕事に復帰し、1年後73歳で亡くなった筑紫哲也さんの例もあるから、安心はできない。

 1年が過ぎた今も、医師から「がんです」と宣告されたときの衝撃は忘れられない。麻生首相は、医師には「社会的常識が欠落している人が多い。価値観なんかが違う」とおっしゃったそうだが、これだけでは麻生首相の真意が奈辺にあるかわからない。しかし、想像力の欠如している医師は少なからず存在するような気がする。

 私の言う「想像力の欠如」とは、患者に対する思いやり、デリカシーの欠如ということである。70歳で亡くなった作家の吉行淳之介さんは、放射線の医師からがんであることを告げられた時「シビアなことを、おっしゃいますなあ」とショックを受け、それ以後、病と闘う気力が急速に薄らいでいったという。

 私にがんの宣告をした医師も「これからオリンピックに出るわけじゃなし、肉は厳禁。お酒もだめ」と追い打ちをかけた。『ハラスのいた日々』や『清貧の思想』で知られる中野孝次さんの『ガン日記』(文春文庫)にも、食道がんにかかった中野さんが「で、もしいかなる方法もないとすると、あと生きるのはどのくらいです?」と聞くと、「あと一年ですね」とオウム返しに答える若い医師が登場する。

 セネカと唐代禅僧の語録に親しみ、死に対する心構えをしてきたという中野さんは、「自分に余命一年と知って以来、まわりのものすべてに対し愛しさの増すを覚える。すべてが愛おしく」と書かれている。

 私にはとてもムリだ。








>私の言う「想像力の欠如」とは、患者に対する思いやり、デリカシーの欠如ということである。


私の主治医は

思いやりがない、

デリカシーがない、

と言っておられるようですが、

どのような方法が

「デリカシーのあるがんの告知」

なのでしょう?









>「自分に余命一年と知って以来、まわりのものすべてに対し愛しさの増すを覚える。すべてが愛おしく」
>私にはとてもムリだ。



そう、公言してしまうのが

いいのかどうかは

分かりません。







私が亡くした大事な方は

そんなかけらも見せず、

若くして激しい闘病のすえ

無くなりました。








ガン漂流やガンエボ、ラスト・イグジット(1)を

読んでみてほしい。




末期ガンになったIT社長からの手紙(2)を

読んでみてほしい。





きっと、コラムニストって、

日本語の本職なのですから

われわれ医療関係者より

ずっと日本語を読むはずですよね。






こんな文章で

誰が救われるのでしょう?





こんなコラムは

医療関係者にとって

あまりに無意味で

悲しい文章です。












(1)

31歳ガン漂流31歳ガン漂流
(2003/11)
奥山 貴宏

商品詳細を見る


32歳ガン漂流 エヴォリューション32歳ガン漂流 エヴォリューション
(2005/03)
奥山 貴宏

商品詳細を見る


33歳ガン漂流ラスト・イグジット33歳ガン漂流ラスト・イグジット
(2005/07)
奥山 貴宏

商品詳細を見る





(2)
末期ガンになったIT社長からの手紙末期ガンになったIT社長からの手紙
(2006/06/09)
藤田 憲一

商品詳細を見る





(3)
過去記事です。

IT社長 「藤田憲一さんを偲ぶ会」
http://ameblo.jp/med/entry-10024130394.html
関連記事

■「未熟児の親の“声”―特集「新生児医療、“声なき声”の実態」」


NICUについては

多くの問題があります。






そして、

そこにいる家族も

平穏な毎日を

過ごしているわけではありません。






医療関係者は

全力で直そうとします。

でも、

100人の患者さんの

すべてを救えるはずがありません。






あまりに過大な要求をぶつけられ、

立ち往生することも

ままあります。










未熟児の親の“声”―特集「新生児医療、“声なき声”の実態」(4)

更新:2008/12/11 16:00   キャリアブレイン
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/19625.html

 医療者側から見えてきた新生児医療の実態。では、NICUに入る赤ちゃんたちの両親は何を感じているのだろうか。インタビューに応じてくれた3人は、「生まれた子どもがNICUに入院した」という共通点はあるものの、生活や周囲の人間関係がまるで違うため、語る内容は全く異なる。しかし、そこから見えるのは、それぞれが医療者への感謝の念を持ちながらも、同時に不安や疑問も感じていたということ。そして、そのためにフラストレーションを抱えていたということだった。親が語る“声”を聞いた。(熊田梨恵)

■「今なら先生の気持ちが分かる」

 京都府近郊に住む主婦の田中弥生さん(仮名、30)。今から5年前に結婚し、すぐに子どもができた。妊娠の経過は順調で、何の問題もないと思われた。しかし妊娠24週に入ったある晩、いつもよりおなかの張りを感じた。特に心配はしなかったが、翌日に出血が2度ほどあったため、気になってかかりつけの産婦人科医に電話した。「『大丈夫だと思うけど、一応来てみる?』と言われて行ってみた。そしたら、子宮口がかなり開いていたので、先生が急いで大きい病院を探してくれた」。

 入院してからは、早産にならないようにするためにさまざまな処置が施されたが、3日目に子宮口が完全に開いた。「夫は担当の先生から、子どもが助かるか助からないかは五分五分で、何らかの障害が9割の確率で出ると言われていた。わたしはその先生から、帝王切開の方が母親への負担が大きいといって自然分娩を薦められたので、それで頑張ろうと思った」。田中さんは自然分娩で出産し、生まれた赤ちゃんは約580グラムの未熟児。すぐに保育器に入った。

 その後、田中さんの子どもは大きく成長し、今年で3歳になった。ただ、水頭症など重度の障害を残し、現在は肢体不自由児通園施設に通っている。田中さんは、「今でも、これでよかったのかなと思うことがある。もし、帝王切開にする方が子どもへの負担が小さいとその時に聞いていたら、そうしたかもしれない。そうしたら、今の子どもの障害の状態が違っていたのかもしれないと思ったりする」と、整理し切れない当時の気持ちを語る。
 「子どもの手術を勧められても、わたしたちには医療のことは分からないから、その手術が本当に適切なのか、どんな手術なのか、インターネットで調べるぐらいしかできない。子どもがそこに入院しているからセカンドオピニオンなんて取れないし、とにかく子どものことで頭がいっぱいで、不安だった。でも、看護師さんやお医者さんは本当によくしてくれたので感謝している。看護師さんは不安を聞いてくれたし、症状のことだったらすぐに先生が対応してくれた。でも、やっぱりそれでも不安だった」

 それでも、最近は穏やかな気持ちで生活できていると田中さんは話す。子どもと生活しながら感じる最近の気持ちについて、「今は平和で幸せだと思う。今なら、先生が一生懸命助けよう、よくしてあげようとしてくれていた気持ちが分かる。不安も不満も感じたけど、わたしはよくしてもらえた方だと思う。生きてれば、幸せな瞬間はやってくるんだと思う」と、明るい声で語った。


■「助からない方が…」

 「自分や子どものことで頭がいっぱいで、医療側のことを考える余裕なんてなかった」と話すのは、東京都内に住む赤石恵理子さん(仮名、33)。

 赤石さんは、妊娠25週の早産だった。田中さんと同様、出血から不安を感じ、かかりつけ医が連絡して都内の周産期母子医療センターに搬送された。「苦しかった。とにかく苦しくて、お医者さんだけが頼りだった」。生まれた赤ちゃんは約570グラムの未熟児。赤石さんは1週間ほど入院して退院した。しばらくは毎日NICUに通ったが、そのうち足が遠のいてきたと話す。「NICUにはたくさんのお母さんやお父さんが来て、赤ちゃんを抱っこしたり、ミルクを飲ませたりしている。それを見ていると、気持ちがぐちゃぐちゃのまま、何でも話し合える相手がいない自分がどうしようもなく悲しかった。赤ちゃんもこれから障害を持つのかと思うと、かわいそうになった。小さい彼と目が合うと気持ちを見透かされているようで、来づらくなってしまった」。赤石さんは、シングルマザーだ。

 赤ちゃんがNICUにいたころに、受け入れ先となる施設を探したが、なかなか決まらず、NICUに1年近く入院していた。「最後の手段」(赤石さん)として、両親に事情を話して実家に戻ることを決め、仕事を辞めて子どもの世話をしながら生活することにした。今、子どもは2歳になろうとしている。「最初は実家での生活は考えられなかった。子どももわたしも元気なら、保育所に預けて何とか生活できると思っていたけど、子どもは常に世話が必要になってしまった。最初は一人暮らしのまま何とかできないかと思ったけど、施設は見つからなかったし、一人暮らしだと仕事を辞めないといけなくなる。そうすると収入がなくなって生活できなくなり、生活保護になるのかと考えたりして、目の前が真っ暗になった」。赤石さんが実家の両親と、子どもや今後の生活などについて話し合うことは一切ないという。

 赤石さんは、「子どもが助からない方がよかったのかもしれないと思うことがある」と語り、涙をこぼした。
 「昔だったら医療がこんなに発達していないから、小さい赤ちゃんは助からなかったと聞く。じゃあ、わたしの子どもも昔なら助からなかったのだろうか。この子はわたしみたいな親の元で障害を持って生まれてしまい、かわいそう。子どもが生まれた時に、お医者さんも看護師さんも『助かってよかったね』と笑顔で言ってくれた。NICUでは、看護師さんはわたしが来ると寄って来て、状態を聞かせてくれたし、お医者さんも話を聞いてくれて、本当によくしてもらったと感謝している。あんなにも一生懸命に頑張ってくれている人たちに『助からない方がよかったのかも』なんて、口が裂けても言えない。言ってはいけないと分かっている。でも、そういう一番不安な気持ちを話すことができなかったから、ずっと安心し切れなかった」

■「2種類の国民にどう対処する」

 未熟児の子どもを亡くした経験のある、東京都内に住む北野達也さん(仮名、32)は、「最初、NICUでこれだけの医療を受けながら、自分たちが払っている医療費はおむつ代の数百円というのがおかしいと思った」と話す。自身の経験を通して、さまざまな本を読んだりして情報収集し、社会的な問題として新生児医療について考えるようになったという。
 「10年前なら亡くなっていたような子どもが助かるようになった。自分としても、翌日に亡くなっていたかもしれない子どもと、半年間一緒にいられたことに対しては感謝している。ただ、社会全体の中で限られている資源の配分をどうするか。『ここからはできない』という線を引かなければいけない。どこまではできて、どこからはできないのか。医療者から提示していかなければ、国民には分からない」

 北野さんの子どもが手術を受ける前に、医師から話を聞く機会があった。北野さんは、「自分たちは手術以外にどういう選択肢が有り得て、その中でその手術がもっとも適切である理由はどういうもので、手術にかかわるリスクにはどのようなものがあるか、ということを聞きたいと思っていた」と言う。しかし、医師が話したのは、「メスをどこから入れるか」という技術的なことで、自分たちが欲しいと思っていた情報とはまるで違っていた。北野さんは、「医学の正確な知識を理解したいと思っても、医師の言語は分かりにくい。医師側から国民に分かりやすい情報は流れていないので、ネットなどで情報を収集するが、そこには医療に対して怒りを持った人が発信している情報もある。自分の置かれた状況や事情と、そうやって得た情報が合わないほど、医師に対して不信を持つようになる」と語る。

 また、「患者にとっては家族の問題などは大きいけど、医師にとってはどうでもいいもの。だけどそれが患者にとっては大問題だから、医師と患者の話は合わないと思う」と話す。
 北野さんは一般国民と医療者のこれからの関係性について、「国民側には、自分が深刻な経験を抱えているために医療に対して求めるものが多い人、そして全く何も考えていない無関心な人の2種類がいる。これに医療側がどう対処していくかがこれからの課題では」と語った。


 語る言葉はまるで違うが、医療や医療者に対してそれぞれ整理し切れない思いを抱え、「感謝」と「不安」が交錯する患者の心。北野さんは、「ネットには患者も情報を載せているが、声を上げていない人の方が圧倒的に多い」と話す。声となって聞こえてこない患者の声。一般国民と医療者はどのようにかかわり合いながら、今後の新生児医療を形づくっていくのだろうか―。

(続く)







この記事での問題は

まさに”医療情報”のようにも

見受けられます。







ただ、

医療情報を得るには、

あまりに現場のスタッフは

忙しすぎます。









世界的にも優秀な結果を

極めて少ない人数で、

極めて安い医療費で

実現しているのが日本医療です。







例えるなら

世界有数の高級なフランス料理を

24時間、誰にでも

コンビニ価格で提供し、

すべての方にシェフからのご説明を

希望する、

ということがどのようにしたら

現実化するでしょうか?







あまりにも

現実離れした要求に

とうとう医療者が限界にきた、

というのが

今回の医療崩壊です。








NICUの箱だけを

大量に作っても

何もならないことだけは

確かなのですが、

偉い人にはそれがわからんのです…(笑)。








関連記事

■ボン・ヴォヤージ・ラヴァーズ mixed by Mr BEATS a.k.a DJ CELORY


さてと、

かなり

かっこいーCDです(笑)。







レゲエリミックスです。

かなりラテンです(笑)。










クリックするとアマゾンに飛びます。

ボン・ヴォヤージ・ラヴァーズ mixed by Mr BEATS a.k.a DJ CELORYボン・ヴォヤージ・ラヴァーズ mixed by Mr BEATS a.k.a DJ CELORY
(2008/06/25)
オムニバストーラス・ライリー

商品詳細を見る


曲目

01 アイ・ビリーヴ・アイ・キャン・フライ / キャロル・トンプソン
I BELIEVE I CAN FLY / CARROLL THOMPSON

02 イフ・ユーア・ノット・ザ・ワン / スエード
IF YOU'RE NOT THE ONE / SWADE

03 アイ・ビリーヴ / T.O.K.(TOUCH OF K(C)LASS)
I BELIEVE / T.O.K.(TOUCH OF K(C)LASS)

04 ネヴァー・ミス・ユア・ウォーター / ヤシマベス
NEVER MISS YOUR WATER / YESHEMABETH

05 ドロウニング / ルーキー D
DROWNING / LUKIE D

06 デスペラード / VC
DESPERADO / VC

07 ターン・ユア・ライツ・ダウン・ロウ / ルチアーノ&マーシャ・グリフィス&ディーン・フレイザー
TURN YOUR LIGHTS DOWN LOW / LUCIANO & MARCIA GRIFFITHS & DEAN FRASER

08 ブレックファースト・イン・ベッド / キャロル・トンプソン
BREAKFAST IN BED / CARROLL THOMPSON

09 ザ・ローズ / サブリナ・ウィリアムズ
THE ROSE / SABRINA WILLIAMS

10 ステイ・ウィズ・ユー / トーラス・ライリー
STAY WITH YOU / TARRUS RILEY

11 アイ・ワナ・ノウ / アンソニー・クルーズ
I WANNA KNOW / ANTHONY CRUZ

12 ブリッジ・オーヴァー・トラブルド・ウォーター / ジョージ・ヌークス
BRIDGE OVER TROUBLED WATER / GEORGE NOOKS

13 ドント・レット・ゴー / コフィ
DON'T LET GO / KOFI

14 スタンド・アップ・フォー・ラヴ / エンジェル&ニッキー
STAND UP FOR LOVE / ANGEL & NICKY

15 ア・プレイス・イン・ザ・サン / ルーキー D
A PLACE IN THE SUN / LUKIE D

16 イズント・シー・ラヴリー / ウェイン・ワンダー
ISN'T SHE LOVELY / WAYNE WONDER

17 リッスン / フィオナ
LISTEN / FIONA

18 アイ・ドント・ウォント・ユー・バック〔ダーティー・ミックス〕 / ゴースト
F**K IT(I DON'T WANT YOU BACK)〔DIRTY MIX〕 / GHOST

19 パス・ミー・オーヴァー / フェニックス
PASS ME OVER / PHOENIX

20 ユー・ドント・ノウ・マイ・ネイム / フィオナ
YOU DON'T KNOW MY NAME / FIONA

21 マイ・プレイス / ブライアン&トニー・ゴールド
MY PLACE / BRIAN & TONY GOLD

22 ラヴ・二ード・アンド・ウォント・ユー / キャロル・トンプソン
LOVE, NEED AND WANT YOU / CARROLL THOMPSON

23 ユー・アー・ビューティフル / スパナー・バナー
YOU'RE BEAUTIFUL / SPANNER BANNER

24 バッド・デイ / スエード BAD DAY / SWADE

25 イン・へヴン / ダヴィル
IN HEAVEN / DA'VILLE

26 トゥ・ザイオン / ジュリエット
TO ZION / JULIET

27 ジレンマ / ロビン&アラゼイド
DILEMMA / ROBIN & ALAZADE

28 キャント・ホールド・オン / ジョン・マクリーン
CAN'T HOLD ON / JOHN MCLEAN

29 ロンリー / イーク・ア・マウス&ナッズ
LONELY / EEK-A-MOUSE & NADZ

30 ディジャ・メイク・ハー / スライ&ロビー
D'YER MAK'ER / SLY & ROBBIE

31 ソー・シック / ダヴィル
SO SICK / DA'VILLE

32 マイ・ガイ / サンドラ・クロス
MY GUY / SANDRA CROSS

33 ティアーズ・イン・ヘヴン / アイリー・ラヴ
TEARS IN HEAVEN / IRIE LOVE

34 オール・アイ・ハヴ / ナタリー&ホークアイ
ALL I HAVE / NATALIE & HAWKEYE




聞いてみるとわかるんですが、

ノンストップの

リミックス版で、

曲の切れ目がありません。




結構いい雰囲気で、

夜にガンガンかけていると

ラムを飲みたくなります(笑)。





元気ない時には

ぜひ一発かけてみてください。







ご参考になりましたら幸いです。











関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -