fc2ブログ

■ブログのスキン(テンプレート)変えました ハロウィン→おさかなさん


ブログのスキン(テンプレート)を

変更いたしました。




公式テンプレートだけを

ずっと使ってきたのですが、

前回、初めて「共有テンプレート」という

一般の方が作った

テンプレートを使用してみました。





デザインはかわいいんですが、

結構、文字のトラブルが多いようで、

残念ながら、

10月31日のハロウィンまで持たずに

変更となってしました…。





ここまでFc2ブログを

いじってきた感じを

以前使用していた

アメブロと比較してみます。




●Fc2は文字関係が弱い

大文字、太字などが反映されないことが

結構あります。


●スキン(テンプレート)の作りこみが甘い。

(アメブロは作りこみがすごくて

安定感がありました。

その代り、スキンの数は限られていましたが)



●HTML関係はいじりやすい

(と思います。全然詳しくないけど。

アメブロのよくわからないのよりずっといいです)








…という感じです。

新しい「おさかな」バージョン、

いかがでしょうか?



また、

「文字が小さい」

「カラムが欠ける」などのトラブル

などございましたら

ご連絡いただけましたら幸いです。








しがない個人のブログですので、

できる範囲は限られておりますが、

読んでくださる方がいてこその

当ブログだと思っております。






いつも読者の方には感謝しております。




今後ともよろしくお願いいたします。











関連記事

■秋田の夏休み計画(笑) 「「研修病院見学は公用車で」に反応なし 秋田県」


夏休みの宿題が

まだできていない子供を

みているようです(笑)。



>秋田県は、臨床研修病院の見学で来県する医学生を対象に

>公用車での送迎サービスを始めたが、これまでのところ

>利用者はゼロ

>医学生の利便性を配慮した

>秋田ならではの“おもてなし”

>だったが、

>問い合わせさえない







まあいいですけど(笑)。




来るあてのない

学生さんを優遇するより、

実際に病院で働いている医師に

優遇をしないでいると

もっと重要な一番働ける

”中堅医師”が

逃げる気がします(笑)。




んで、


>県は8月半ばに態勢を整えた。

>全く反応はなし

>これを受け、当初は夏休み期間に当たる9月中旬ごろまでの1カ月間のサービスと考えていたが、
>継続することにした。





ヲイヲイ…(笑)。




8月半ばって、

もう夏休み中じゃん(笑)。






夏休みの計画を

8月半ばに立てて(笑)、

でも、

「全く反応がなかったので」

中止しないで、

「さらに継続」

する方針とか…。






「研修病院見学は公用車で」に反応なし 秋田県

2008年10月07日火曜日 河北新報 
http://www.kahoku.co.jp/news/2008/10/20081007t41011.htm

 医師確保対策の一環として、秋田県は、臨床研修病院の見学で来県する医学生を対象に公用車での送迎サービスを始めたが、これまでのところ利用者はゼロ。医学生の利便性を配慮した秋田ならではの“おもてなし”だったが、問い合わせさえない状態が続いている。

 「病院見学・県内アクセスサービス」では、見学に訪れる全国の医学生が、秋田大病院など県内計14カ所のうち複数の病院を回る際、駅や空港から公用車を使って現地を訪問できる。

 県側が送り迎えや病院訪問のスケジュール調整も行い、希望があれば観光名所への案内も行うことにしている。これらは無料で、県は8月半ばに態勢を整えた。

 サービスのきっかけは7月、東京で開催した臨床研修病院合同説明会。秋田県内の病院に関心を寄せた医学生が多数いたことから、夏休みを利用して来県する医学生の利用を見込んでいた。サービス開始に当たって、合同説明会で連絡先を知らせてくれた医学生約70人に情報提供するとともに県のホームページでもPRに努めた。

 これに対し、
全く反応はなし

これを受け、当初は夏休み期間に当たる9月中旬ごろまでの1カ月間のサービスと考えていたが、継続することにした。

 県医務薬事課医師確保対策推進チームは「医学生は個別に病院見学を行っているようだが、広い県内を効率的、経済的に移動するのに便利なので気軽に利用してほしい」と説明。「このサービスで本県への研修医生が増えるとは考えていないが、医師確保に向けてでき得るサービスを整えるのがこちらの使命」と強調している。







きっと、

秋田ではいつの日か

どこぞの”議員”さんのように

”医学生”が無料の公用車で

病院見学をすることでしょう。





そして、

病院で働く医師(特に大学病院医師)は

出張費や学会費すら出してもらえず、

自腹を切って、時間外も”奉仕活動”をして

疲弊している姿を見るのかもしれません。








医療現場を捨てて

マッキンゼーに

見学に行く医師が増えるのも

わかる気がします(笑)(1)。



マッキンゼーは

無料送迎してましたっけ…(爆)?









(1)

■東大医学部生は医学を捨ててマッキンゼーへ 「医療改革テーマにフォーラム―構想日本」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-399.html



関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -