fc2ブログ

■「HUNTER×HUNTER NO.26」 冨樫 義博 ハンター×ハンター 最新刊

ついに出ました、26巻。




衝撃の、というか

息もつかせぬ26巻。




ある意味、「理想的な子供」

として活躍していたゴン。





でも、

彼の怒れる感情が

ついに爆発してしまいます…。








「なんでだぁぁ!!!」


(No.275 約束より)




クリックするとアマゾンに飛びます。

HUNTER×HUNTER NO.26 (26) (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER NO.26 (26) (ジャンプコミックス)
(2008/10/03)
冨樫 義博

商品詳細を見る





アマゾンではまだ

絵が出てません。





表紙はゴンが中心の赤っぽいもので、

最初、HUNTER×HUNTERの

最新刊とイメージが違って、

見落としていました。



あと、

本筋とはあまり関係ないのですが、

前振りの長かったヂートゥ

(チーターみたいなやつね)の

”新技”が意外な形で結末。







すっきりしたのは

私だけでしょうか(笑)?



















(1)
■伝説再開! 「HUNTER×HUNTER NO.25」 冨樫 義博 ハンター×ハンター 最新刊
http://ameblo.jp/med/entry-10077896155.html

関連記事

■鳥取大医学部はヘリからダイブ(笑)!! 「ホイスト降下運用開始 医師らヘリから現場へ」

ちょっと待て(笑)。

「コードブルー」か

なんかの見すぎか(爆)?




しかも、

防衛医大でもない

「大学病院の医師」



ヘリから垂直降下

しなくてはいけないんですね…。








鳥取大学医学部では

「ヘリからのホイスト降下」が

OSCEかBSTに入るのでしょうか(笑)?





(某大学の某教授)
>「多くの国税を使って医師になれたのに、良心の呵責(かしゃく)は覚えないのか」

って、

昨日の記事では

吠えている教授がいましたが(2)、

それこそ、

大学の教授には

「多くの国税を使っている(?)医師を
ヘリから垂直降下させて
良心の呵責(かしゃく)は覚えないのか」


と聞いてやりたいですね(笑)。






ホイスト降下運用開始 医師らヘリから現場へ


山陰中央新報 2008/10/04
http://www.sanin-chuo.co.jp/health/modules/news/article.php?storyid=506794075

 医師や看護師を傷病現場にヘリで運び、直接降下させる「ホイスト降下」の中国地方初の運用について、県は鳥取大医学部付属病院と合意し、先月二十六日から同病院スタッフを対象に運用を開始した。これにより、山岳地帯などヘリ着陸の困難な傷病現場で、上空から医師や看護師を直接投入し、応急処置やトリアージなどが迅速に実施できるようになった。

 ホイスト降下は、ことし七月から九月にかけ、同病院スタッフらが県消防防災航空隊などと合同訓練を行ってきたが、運用上問題がなかったことから今回の合意に至った。対象となるのは、同病院の医師六人と看護師七人の計十三人。今後必要に応じて追加も考える。

 現在まで運用実績はまだないが、同隊の天野智隊長は「有事の際の救命率向上につながると期待している。運用する中で細かな課題が出るかもしれないが、随時見直す」と話した。

 ヘリによる医師、看護師の派遣については現在、県と県内四病院との間で「医師同乗救急ヘリコプターの運用に関する協定」が結ばれている。六月に鳥取大医学部付属病院との間で協定一部変更を行いこれまで不可能だった医師、看護師のホイスト降下が認められた。




鳥取県消防防災ヘリコプターからの医師等ホイスト降下の実機訓練の実施について

http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/5725f7416e09e6da492573cb001f7512/93978F953F9D9AC5492574AA000BE015?OpenDocument

2008年08月27日提供 資料提供



提供課等:防災局消防防災航空センター  
電話番号:0857-38-8125

 鳥取県消防防災ヘリコプターから医師等が傷病現場にホイスト降下(医師・看護師を、空中停止しているヘリコプターからホイストで傷病現場に投入し、直ちに医療処置を行うこと。)するために、実際に消防防災ヘリコプターを利用した訓練を、下記のとおり実施します。


1 日時
 9月18日(木)、25日(木) 両日とも午後1時~4時30分
2 場所
 鳥取県消防学校グランド
 (米子市流通町1350、電話0859-27-0353)
3 訓練参加者
 鳥取大学医学部附属病院医師及び看護師 16名(予定)
 消防防災航空隊 9名
4 訓練等の主な内容
(1)消防防災ヘリコプターのホイストによる医師及び看護師の降下、吊上げ収容訓練
(2)医師等の救急処置資器材のバック収納と携行方法の検証
(3)機内慣熟訓練
(4)意見交換
5 今後の予定
 今回の訓練結果を検証し、実施に当たって問題がないことを確認した上で、10月を目標として運用を開始する。
【参考】
 現在県内の4病院と「医師同乗救急ヘリコプターの運用に関する協定」を締結し、ヘリコプターで救急現場に医師・看護師を派遣する運用を行っている。
 より迅速な医療処置を実施するため、鳥取大学医学部附属病院とホイスト降下の実施について、協議が整ったため、7月3日及び10日に消防防災航空センターの訓練施設等を利用した事前訓練を実施したところである。
※〈医師同乗救急ヘリコプター運用協定を締結している4病院〉
  ・鳥取県立中央病院
  ・鳥取大学医学部附属病院
  ・鳥取市立病院
  ・鳥取県立厚生病院


鳥取県企画部広報課
住所 〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
電話 0857-26-7020 ファクシミリ 0857-26-8122
E-mail kouhou@pref.tottori.jp




ちなみに

ホイスト降下とは…

こんな感じです(笑)。





消防防災航空隊の救助活動 - 長野県ホームページ

http://www.pref.nagano.jp/kikikan/kokucntr/kyujo/kyujo.htm


平成20年9月14日  木曽町三岳 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
木曽広域消防本部からの要請により出動。隊員1名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年9月14日  大滝村滝越 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
木曽広域消防本部からの要請により出動。隊員2名ホイスト降下し要救助者2名をヘリハーネスにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年9月9日  黒姫山 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
長野市消防局からの要請により出動。隊員1名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年9月9日  栂池自然園 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
北アルプス広域消防本部からの要請により出動。隊員2名ホイスト降下し要救助者1名をバーティカルストレッチャーにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年6月30日  甲武信ヶ岳 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
佐久広域連合消防本部からの要請により出動。隊員1名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、救急隊へ引き継ぎました。


平成20年6月30日  五竜岳白岳沢 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
県警地域課からの要請により出動。県警隊員1名・消防隊員1名ホイスト降下し要救助者4名をヘリハーネスにて機内収容、源太郎ヘリポートへ搬送しました。


平成20年6月28日  阿南町 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
飯田広域消防本部からの要請により出動。隊員1名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年6月24日  八ヶ岳連峰横岳 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
県警地域課からの要請により出動。県警隊員1名・航空隊員1名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、救急隊へ引き継ぎました。


平成20年6月22日  杓子岳 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
県警地域課からの要請により出動。県警隊員1名・航空隊員1名ホイスト降下し要救助者2名をヘリハーネスにて機内収容、救急隊へ引き継ぎました。


平成20年6月15日  北穂高岳 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
県警地域課からの要請により出動。県警隊員1名・航空隊員1名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年6月8日  上高地徳本峠 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
松本広域消防局からの要請により出動。明神ヘリポートにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年6月7日  穂高岳岳沢 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
松本広域消防局からの要請により出動。隊員1名ホイスト降下し要救助者2名をヘリハーネスにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年5月30日  聖岳 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
県警地域課からの要請により出動。県警救助隊員・遭対協隊員4名をホイストにて現場投入。


平成20年5月8日  大町市鷹狩山 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
北アルプス広域消防本部からの要請により出動。隊員2名ホイスト降下し要救助者1名をバスケットストレッチャーにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年5月4日  飯田市熊伏山 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
飯田広域消防本部からの要請により出動。隊員1名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年5月3日  白馬村猿倉 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
北アルプス広域消防本部からの要請により出動。隊員1名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、救急隊へ引き継ぎました。


平成20年5月2日  下諏訪町 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
諏訪広域消防本部からの要請により出動。隊員2名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、救急隊へ引き継ぎました。


平成20年4月27日  上田市独鈷山 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
上田地域広域連合消防本部からの要請により出動。隊員1名ホイスト降下し要救助者1名をヘリハーネスにて機内収容、病院へ搬送しました。


平成20年4月5日  小谷村栂池 救助活動
※下の写真をクリックすると大きな写真がご覧になれます
北アルプス広域消防本部からの要請により出動。隊員2名ホイスト降下し要救助者1名をバーティカルストレッチャーにて機内収容、病院へ搬送しました。









いや、だめだとは言ってませんが、

災害医療派遣チーム(Disaster Medical Assistance Team)

の医師ですら、

きちんとした補償なく

災害現場に駆り出されている現状から(1)、

ヘリでの補償は

きちんとされているのでしょうか?





ヘリの隊員だけが

十分な補償があって

ヘリに残り、

医師と看護師は

何の保証もなく、

垂直に降下している、

という構図が目に浮かびます(笑)。













(1)

■補償なしのDMAT 「補償なく災害支援「行けない」と判断 南信2病院 」
http://ameblo.jp/med/entry-10040479923.html

(2)
■東大医学部生は医学を捨ててマッキンゼーへ 「医療改革テーマにフォーラム―構想日本」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-399.html



関連記事

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -