FC2ブログ

■開業つれづれ: なにをやっても結果が悪けりゃ1憶円 「<医療過誤>法人に1億円賠償命令 名古屋地裁」


異常があって、帝切しても

結果が悪けりゃ1億円。




…産婦人科の先生方、

どう思われますか?






<医療過誤>法人に1億円賠償命令 名古屋地裁

2009年6月24日14時3分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000052-mai-soci



 分娩(ぶんべん)時に助産師が適切な処置を怠り、女児(9)に重い障害が残ったとして、名古屋市千種区の女児と両親が、医療法人東恵会(同市名東区)を相手取り、約1億6000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、名古屋地裁であった。永野圧彦裁判長は、法人側の過失を認め、約1億円の賠償を命じる判決を言い渡した。

 女児側は「出産時には厳重な経過観察をすべき注意義務がある」と法人側に分娩監視義務違反があったと主張。判決は「分娩監視義務違反と後遺障害の発生との間には相当因果関係を認めることができる」と認定した。

 判決によると、女児は99年9月、医療法人が経営する同市千種区の「星が丘マタニティ病院」で生まれた。心拍が弱く、帝王切開で分娩したが、重度の仮死状態だった。その後、集中治療を受けたが、脳性まひによる歩行困難な重度の後遺症が残った。【式守克史】

 ▽医療法人東恵会「星が丘マタニティ病院」近藤東臣理事長の話 異常事態が発生してから遅滞なく適切に手術がなされていたにもかかわらず裁判所の判断は医療側に極めて過酷なもの。控訴して公正な判断を仰ぎたい。

最終更新:6月24日16時23分





これって単に

日本では正常分娩以外は

なにがなんでも病院が責任を取れ!

という狂った司法判断だと思います。




どうやっても

一定の確率で死産や異常分娩は

生物学的に起こりますが、

それを司法は理解できないのでしょう。





日本を支配している

文系脳って怖いです。





極めて簡単な科学的なことが理解できずに

国益を損なっている典型例だと思います。




いずれにせよ、

産科はやったら負け、

いつかは負けるロシアンルーレットな職場、

ということです。














■ICUでは人は死んではいけない、という和解 「4400万円で和解/豊橋市民病院」

なぜ和解するのか分かりませんが、

こんな判決が出るたびに

現場を離れる医師が

増えていくでしょう。




>肥満、猪首、咽頭浮腫(ふしゅ)などのため挿管が困難で、心停止に陥った。


挿管困難症として、

肥満、猪首は

それ自体が

通常の患者さんと違い

”大きなリスク”になります。








4400万円で和解/豊橋市民病院
東海日日新聞 2008年6月3日
http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=23831&categoryid=1

 02年6月、豊橋市内に住む男性(当時51歳)が呼吸困難を訴えて豊橋市民病院を外来受診してそのまま入院、容体が悪化したため当直医が気管挿管を試みたが、失敗し、低酸素脳症による植物人間となり、今も続いている医療事故訴訟で、控訴していた病院側が和解勧告に応ずることになり、2日開かれた市議会議会運営委員会に報告した。和解金額4400万円。6月市議会定例会に議案として上程し議決後、正式な和解手続きに入る。
 この男性は92年から気管支ぜんそくなどのため同院に通院していた。呼吸困難を訴えて外来受診し入院した際、夜になって血中酸素状態が悪化し集中治療室に入ったが、容体悪化に伴い当直医が気管挿管を試みた。しかし肥満、猪首、咽頭浮腫(ふしゅ)などのため挿管が困難で、心停止に陥った。心臓マッサージや蘇生(そせい)処置により心拍は戻ったものの、脳への酸素供給停止となり、低酸素脳症による植物人間となった。そのため迅速な挿管に失敗したことが後遺障害の原因だとして04年7月、病院を相手取って総額8443万円を求める訴えを起こし、06年9月、担当医師の判断ミスを認め、5142万円を支払うよう命ずる名古屋地裁豊橋支部の第一審判決が出された。病院は、医師個人の処置ミスはないと主張し、判決を不服とし控訴していた。

 名古屋高裁から今年3月、和解勧告があり、

①医師に過失があったかどうか、肯定することは困難
②ほかの医師との連携が十分であったかどうかは争点とされるべき

③三次救命救急センターのICU内で管理中の症例であったことから、気管挿管困難症に適切に対処できる病院の態勢は不十分であり、これが事件に結びついた

―とし、和解金4400万円が示された。同院では、担当医師の過失は認められないという判断が出て、賠償額も減額されたとして、応じることを決めた。





要するに、

司法は、

ICUでどんな理由があるにせよ
人は死んではいけないし、
死んだら医師は責任を取るべき


と言っているわけです。




これが日本の司法の現状であり、

医療をすればするだけ

医師のリスクは高まっていきます。






救急患者さん、

(…いま、原稿を書いているときも

救急車が来ました…(笑))

に対して全力で治療して、

その結果が悪ければ

どんどん裁判をされ、

場合によっては逮捕されています。





そんな国では医師は

どんどん最前線からいなくなるのは

当然ではないのでしょうか?












最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29