スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■突き飛ばされた医師の方が悪者?「医師がブラジル人患者家族に「クソ、死ね」? 病院側は不適切な言動認め厳重注意」

 

(1)の続報です。


 
医学的に正しい事が

必ずしも臨床的に正しい訳ではなく、

いつでも患者さんを納得できる訳はない、

ということ。




でもこの問題、

立場が変われば、

ほんとうに医師の方が悪いのでしょうか?






医師がブラジル人患者家族に「クソ、死ね」? 病院側は不適切な言動認め厳重注意
2015/1/27 19:32
http://www.j-cast.com/2015/01/27226360.html

静岡県内の総合病院の男性医師が、ブラジル人患者の家族に「クソ、死ね」などと罵倒したと、この家族がフェイスブックで訴え、騒ぎになっている。病院側は不適切な言動があったことを認め、病院長が男性医師を厳重注意した。

騒ぎのきっかけは、6歳の在日ブラジル人少女の父親が2015年1月22日、フェイスブックで2つの動画をアップしたことだった。

ポケットに手を突っ込み、「じゃあ、訴えて下さい」

その説明などによると、少女は、太ももなどに赤い腫れものがたくさんできており、夜間に県内の総合病院の救急外来で診療を受けた。動画は、そのとき少女に付き添った家族が撮ったものらしい。

診療後の病院医師らとのやり取りが記録されており、最初の動画では、少女の父親が、たどたどしい日本語で若い男性医師を問い詰めるシーンで始まっている。

父親がこのまま帰ってもいいのかとただすと、医師は、両手をズボンのポケットに突っ込みながら、「で、小児科に行け! 小児科に」と声を張り上げた。父親が別の病院への紹介状を書けるかと聞くと、医師は、ルールがあって書けないと説明した。

これに対し、父親が「酷い問題だったら、どうする?」と問い詰めると、今度は、こう言い放った。

「じゃあ、訴えて下さい。そのときは、裁判で訴えて」

さらに、「救急外来ですべての診療を行うのは不可能なんです」「それを、現実をまず受け止めて下さい」と理解を求めた。それでも、父親が紹介状を求めると、医師は同僚を呼び、その同僚は、少女の病状に心配がないと判断したから、入院の措置も取らなかったと説明した。その間も、医師は両手をポケットに入れて、イライラした様子だった。

「父親ご本人も誤解しているところがあります」

もう一方の動画は、父親らの家族が病院の医師ら数人と話し合いをしているシーンから始まる。男性医師が言ったという「クソ、死ね」は、その前に出たという。

この動画では、家族からその発言を聞いた父親が「ダメ、先生」「裁判所行く、警察呼びます」と医師を叱り、「外国人でも、誰がでも、気をつけて下さい。バカなこと言ったんだよ」と嘆いた。これに対し、医師は頭を下げただけだったが、前出とは別の同僚から「きちんと謝ろう」と言われて、「すみませんでした」と初めて謝罪の言葉を述べた。

その後、父親は、ウイルスが原因と分かっても、どのウイルスか分からなければ心配だとして、再び紹介状を書くように迫った。その理由について、もっと検査したいからだとしたが、別の男性医師は腕を組みながら、「はっきり検査しているみたい」と突っぱね、夜間の対応としては最善を尽くしたと強調していた。

ブラジル人少女はその後、静岡県内の別の病院で診療を受け、3週間入院したという。事実関係ははっきりしないが、少女は、強いウイルスに感染して内出血しており、手当が遅ければ命の危険もあったとこの病院から説明を受けたとしている。

父親のフェイスブックは、ネット上で話題になり、父親が面倒なクレームをつけているのではといった指摘もあったが、医師の対応が酷すぎないかと批判の声も相次いだ。父親の投稿については、理由は分からないが、その後削除されている。

男性医師が勤務する病院では、医事課長が1月27日にJ-CASTニュースの取材に対応し、「父親ご本人も誤解しているところがありますが、ドクターも不適切な言動があったと思います」と話した。

ただ、「クソ、死ね」発言などの事実関係については調査中で、関係機関と対応を協議していると説明した。少女の父親らに直接その結果を報告したうえで、一両日中にホームページ上で経過説明をしたいとしている。

静岡県は、在日ブラジル人が多いことで知られているが、言葉や文化の違いなどでのトラブルは聞いていないという。父親はフェイスブックで差別があったと訴えていたが、医事課長は「それは絶対にありません」と否定した。

なお、昼間は、ポルトガル語の通訳を雇っているというが、夜間は不在になっているという。

(2015年1月27日20時40分追記)

病院は1月27日夜、書面で改めて経緯を説明した。それによると、2人の医師の判断で緊急に治療する必要がない旨の説明をした。その後、以下のような経過をたどったという。

(1)この説明に対し患者の父親は納得せず、入院希望、症状の原因特定、更には急変時の責任の所在や診断書の作成等を執拗に迫ってきた。
(2)診断書は正確を期すため、実施できる検査に限りがある夜間救急では、書かないルールとなっていることを説明するが納得しなかった。
(3)万全を期すため小児科医を呼び出し、専門医からも病状と対処について説明するも、耳を貸さず、大声で自己主張を繰り返すのみ。自分の大声や言葉に更に興奮し、医師に食ってかかる態度を繰り返した。
(4)その後一人の医師が父親に対し、不適切な言葉をつぶやいた。
(5)その言葉に反応し、患者の父親は当該医師の胸ぐらをつかみ、両手で突き飛ばした。
(6)この後から患者様のご家族は、スマホとタブレット計2台で動画の撮影を始めた。
(7)これについて、当該医師は不適切な発言を反省し、謝罪した。






患者の父親は当該医師の胸ぐらをつかみ、両手で突き飛ばした。

野球ならこれで退場ですし、

警官にこれをやったなら公務執行妨害で逮捕です。





医師が「クソ、死ね」と言ったので

患者の家族が

胸ぐらつかんで突き飛ばしたのはOKで、

医師がダメ、って事なんですね。




逆ならいいのかな?

患者さんの家族が「クソ、死ね」と言って、

医師がその胸ぐらつかんで突き飛ばしたなら

患者さんの家族がダメで

医師はOK?




単純に医師が悪い、と考えすぎてませんか?

立場を入れ替えたら

どちらが悪いでしょう?





当直医師の皆さん、

ジェントルマン過ぎです。

これは逆に患者さんの家族が通報されるべき

事案かもしれません。



私は2回、夜間当直中に警察を呼んだ事があります。

詳しい話は書けませんが、

自分ルールはこう決めていました。

1) 自分は徹底的に丁寧に対応

2) 相手が自分やスタッフ、備品などに直接被害が出たらすぐ警察に通報

3) 自分を守るために医師の方が録音する


録画や録音されて困る内容なら

言わないにこした事がありません。



にっこり笑って、

ルールを丁寧に

繰り返すことです。

たとえそれが事務的であったとしても、

患者さんや家族に納得させる事が出来なくても、

ルールはルールですから。





そして、相手が

そこを逸脱してきたら、

ルール違反があったら

それなりに対応するしかありません。

ルール通りにね。




最終的には自分とスタッフを守る事が

優先されます。

胸ぐらつかまれて突き飛ばされたら

身の危険を感じませんか?





すぐに診察室から退去してもらって

警察を呼びましょう。




もしも、

国会議員の胸ぐらつかんで突き飛ばしたら

警察を呼ばれませんか?

もしも、

ホテルのフロントでスタッフの胸ぐらつかんで

突き飛ばしたら

警察を呼ばれませんか?

もしも、

コンビニでスタッフの胸ぐらをつかんだら

警察を呼ばれませんか?

もしも、

銀行の窓口で受付の人の胸ぐらつかんで突き飛ばしたら

警察を呼ばれませんか?

なぜ、

医師は「くそっ、氏ね」と言って

相手に胸ぐらをつかまれて突き飛ばされて、

医師の方が全国的な問題になるのでしょうか?





一方的に医師が悪いと言われるのは

本当なのでしょうか?

同じ事を別の場所、別の人間がやられたら

同じ結果になるのでしょうか?





医師の方もおばかです。

実際に訴えられたら

小さくなって裁判所に行くはめになります。

私は友人や知人に弁護士がいますが、

それだって

「じゃあ好きに訴えろよ!」

なんて、口が裂けても言えません。



「氏ね」なんて言ったのも軽卒です。

先に「氏ね」なんて言って、

共感して擁護してくれる人は

ほとんどいないでしょう。


医師が自分で失点を重ねているから

なかなか医療関係者も

全面的に擁護できないのです。




にっこり笑って、

困った顔で、

「ごめんなさい、今ここで出来るのはここまでなんです」

「小児科の専門医にも来て診てもらったし、今の時間、これ以上検査は出来ませんから」

「今は帰っていいと思います。でも、改善なければ明日にでも小児科に行ってくださいね」

「診断書は決まりで書けないのです。明日書いてもらってください」

とか、言いましょうよ、ねえ。

ルール通りの返答で、無限ループ。





何か不穏な状況になったら、

「じゃあ、別の部屋でご相談しましょう」

とか言って、まずは部屋を出てもらう。

相手にもクールダウンしてもらってから、

上司や後輩に相談。

守衛さんや看護スタッフ、

自分の味方の呼べる人をみんな来てもらう。

だめなら警察に来てもらっちゃう。

もう、人数負けしたらダメです。




あと録音、録画されているときには

自分が熱くなったら負けです。

こっちが録音、録画しましょう。

「あ、じゃあ言った言わないになるので録音させてもらいますね。いいですよね?」

「録音ダメなんですか?なぜ?」

結構、録音されると緊張しますが、

録音すると気持ちが落ち着きます。

同じ事なのにね。



勝つためには

クールに、

相手の問題点を的確につき、

自分は失点をしない。



野球だって狙って完全試合は出来ないけど、

自分のエラーを少なく、

相手のミスを待つのが大事。



今回みたいに両者の乱打戦になったら

印象操作されてしまうのがオチですから、

にっこり笑って公務員的な公式対応で

行きましょう。




もちろん、

医学的なミスをしないのが

大事ですが、

救急外来には100%はありません。

精進するしかありません。





みなさま、良い当直を!!





(1)関連記事
■「搬送女児のブラジル人父に医師が「くそ、死ね」」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-2385.html

クリックするとAmazonに飛びます。

患者トラブルを解決する「技術」







ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




















スポンサーサイト

■「搬送女児のブラジル人父に医師が「くそ、死ね」」

 


あらら。





救急に行く側としては、

困って受診してるので

どうにかして欲しい。




救急を受ける側としては

時間外は小児科の患者さんでも

専門ではない内科の医師が診なくてはいけない。

その上でミスがあったりしたら

責任を取らなくてはいけない。


かなりなストレスです。





でもね、「くそ、死ね」

は良くないですよ。

最近では動画も録音も

簡単ですから

いつでも自分の言動には

注意が必要です。



2/2【動画&音声あり】医師がブラジル人患者家族を「死ね」と罵倒 動画アップされ騒ぎ
http://youtu.be/EFrpIj7qeao




搬送女児のブラジル人父に医師が「くそ、死ね」

産経新聞 2015年1月28日(水)7時55分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00000114-san-soci


 静岡県の磐田市立総合病院で昨年12月、呼吸器内科の20代の男性医師が、救急搬送されてきた女児に付き添っていたブラジル人の父親に「くそ、死ね」などと暴言を吐いていたことが27日、病院への取材で分かった。病院側は事実関係を認め、「男性に事情を説明して謝罪したい」としている。

 病院側によると、昨年12月24日未明、同県菊川市に住む女児(6)が足の不調を訴え、同病院に運び込まれた。当直医だった男性医師が診察し緊急を要しないと判断、付き添いの父親に診察時間内に来るよう指示した。だが、父親は納得せずに口論となり、その中で男性医師が「死ね」などと発言したという。

 男性医師は「片言の日本語でコミュニケーションがうまく取れず、腹が立ってつぶやいてしまった」などと話しているという。

 男性医師の暴言をめぐっては、動画投稿サイト「ユーチューブ」にやり取りを記録した動画2本が配信され、インターネット上で話題になった。暴言の場面はないが、男性医師が「小児科に行け」と語気荒く指示する姿が記録されている。

 同病院によると、男性医師は病院長から厳重注意を受けた。同病院医事課の担当者は「医者として不適切。再発防止に向けて教育を徹底したい」と話した。






呼吸器内科の20代の男性医師

>ブラジル人の父親

女児(6)が足の不調

>コミュニケーションがうまく取れず



むー。

呼吸器内科に

6才の子供の足の不調で

時間外に受診

となると

かなり難しい判断ですよね。




あと、口癖で

「くそっ」

とか

「氏ね」

とか

「ばかじゃね」

とか言う人いますが、

これは医療関係者としては

厳重注意です。


不意に口をつくことがありますので

常日頃、そのような汚い言葉を

口にしないように心がけましょう。

医師生命が終わってしまうかもしれませんから。




追記: 続報あります。
■突き飛ばされた医師の方が悪者?「医師がブラジル人患者家族に「クソ、死ね」? 病院側は不適切な言動認め厳重注意」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-2387.html





クリックするとAmazonに飛びます。

ドクター円堂の救急裏ネタ24時第1巻




ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ










■カリウム、ボーラス注入「薬剤を希釈せず投与 88歳患者、当日死亡 沼津」

 


忙しすぎても

やってはいけないことはあります。



以前は、胃管に入れる薬剤を

点滴に入れてしまう医療事故が

起こっていましたが、

最近では注射器の口が

胃管用と点滴用とで

別になっており、

物理的に接続できなくなりました。




カリウムもボーラスで投与できないような

システムをなにか考えた方が良いのではないでしょうか。



薬剤を希釈せず投与 88歳患者、当日死亡 沼津

@S[アットエス] by 静岡新聞 2014年11月20日(木)14時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141120-00000037-at_s-l22

 沼津市立病院は20日、男性看護師(28)が女性患者=当時(88)=に薬剤を誤った方法で投与する医療事故があったことを市議会民生病院委員会に報告した。事故が起きたのは10月3日で、女性は投与後すぐに死亡した。病院は医療事故によって女性が死亡した可能性はほぼ間違いないと、説明している。
 病院側の説明によると、看護師が医師の指示を受けて、利尿剤の副作用などで不足した体内のカリウムを補う薬剤「カリウム製剤」を投与する際、本来は希釈して濃度を薄める必要があったにもかかわらず、希釈せずに女性の静脈に注入したという。
 病院は外部の医師や弁護士、院内の医師らでつくる事故調査委員会を設置し、当時の記録や状況などから医療事故によって女性が死亡した可能性が高いと判断した。沼津署にも事故発生後すぐに連絡したという。
 医師から看護師への指示書には「(点滴の)ボトル内に混注する」といった希釈の意味を示す記載があり、看護師は「危険な薬ということは知っていた。次の用事があって急いでいた」と話しているという。
 病院は「あってはならないミス。危険性の高い薬の取り扱いに関する教育を充実させるなどの再発防止策を決め、職員に周知した」としている。




ご参考までに、

側管から注入できないタイプの

カリウム製剤をご紹介します。



カリウム(K)製剤の誤投与について
医薬品医療機器総合機構
http://www.info.pmda.go.jp/anzen_pmda/file/iryo_anzen19.pdf


20141120 カリウム


以前から繰り返されてきた

カリウムのボーラス投与。

致死的なミスだけに、

個人の努力ではなく

根本的なシステム変更が

必要なのではないでしょうか。




そして、

システムが変わるまでの間、

医療関係者はとにかく

細心の注意を払ってください。





万全ではない状況で、

ヘロヘロでもうろうとしているとき、

大量の仕事が残っているとき、

予想もつかないミスが起こります。




その時に患者さんも、

医療関係者自身も致命傷を負わないように

出来るだけ気をつけてください。






クリックするとAmazonに飛びます。
写真とイラストでよくわかる!注射・採血法―適切な進め方と,安全管理のポイント (ビジュアル基本手技 4)写真とイラストでよくわかる!注射・採血法―適切な進め方と,安全管理のポイント (ビジュアル基本手技 4)
(2012/02/22)
菅野 敬之

商品詳細を見る






ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






■開業つれづれ:「院内暴力対応学ぶ 済生会病院で護身術講習」








病院は、人の出入りが多い。

って、

人の出入りが多かったら

危ないわけじゃなくて、

病院だから

わがままな人が大量にいる、

ということです。




人の出入りが多いだけなら

スーパーやデパートは

店員さんみんな

重装備の自衛隊並みの装備にでもならないと

立ち向かえないんじゃないですか?








人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






院内暴力対応学ぶ 済生会病院で護身術講習

2011/02/24
http://www.shizushin.com/news/local/central/20110224000000000047.htm

 静岡済生会総合病院(静岡市駿河区)は22日、静岡南署の協力を得て、同院で職員を対象にした護身術講習会を開いた。医師や看護師など約40人が、院内暴力や不審者への対応策を学んだ。
 同署の署員が講師を務めて、不審者をさすまたで押さえつけたり、警杖(けいじょう)で突いたりする方法を指導した。腕をつかまれた場合に簡単に振りほどく方法も実演し、参加者は2人一組になって熱心に練習を繰り返した。
 受付で働く医事課の南條純子さんは「病院は、人の出入りが多い。いざという時に、自分と患者の身を守れるよう、講習を参考にしたい」と話した。


腕の振りほどき方を練習する参加者=静岡市駿河区の静岡済生会総合病院





>不審者をさすまたで押さえつけたり、警杖(けいじょう)で突いたりする方法を指導



って、有効なんですかね。



さすまたや警杖(けいじょう)

を病院に常備していたら

それだけで報道されてしまいそう。





合気道をマスターしようというより

いっそのこと

アメリカのように

スタンガン配備したほうが

潔いです(1)。










(1)
■開業つれづれ:「乱暴な患者はスタンガンで鎮圧…アメリカ」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1485.html



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




■開業つれづれ:「研修医ミス患者死亡 焼津市立病院、1人で処置」


先日の喀痰吸引の流れで(1)

カニューレトラブルについて。




30歳代研修医って、

他大学卒社会人か

多浪生でしょうか。







詳細が分からないので

何とも言えませんが、

やはり呼吸系は恐ろしいということで。






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






研修医ミス患者死亡 焼津市立病院、1人で処置

2011年2月15日 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20110214-OYT8T00998.htm

 焼津市立総合病院は14日、慢性腎不全などで入院していた同市内の男性(88)の気管の切開部位に装着されていた「気管カニューレ」を交換する際に医療事故があり、同日死亡したと発表した。

 病院によると、今月7日、所用があった主治医の代わりに30歳代の男性研修医が交換したが、その際カニューレの内筒を抜き忘れた。男性は呼吸停止状態に陥り、異変に気づいた研修医が内筒を抜いたが、男性は一時心停止になり14日に死亡した。病院のマニュアルでは、患者に危険が及ぶ可能性がある医療行為を研修医が行う時は他の医師の監督下で処置することになっているが、今回は研修医が一人で交換作業を行った。





カニューレトラブルは

なかなか大変なものです。




呼吸は調子悪くなると

1,2分で命にかかわってきます。





研修医ですらこの状態ですから、

医学生に採血とか医療行為とか

かなり無謀な気がします。





目をキラキラさせた医学生

(4年生とか5年生ぐらい)が

「採血させてもらえるんですか!?」

とか言ってきた日には

冷や汗だらだら。






しかも、こいつら学生だから

毎年毎年、初心者が来るし、

やりっぱなしで入局するわけでもないし。




結局、中堅どころの指導医が

さらに疲労を抱えることに

なるわけです。




今回の詳細はわかりませんが、

中堅指導医にあまりに負担がかかりすぎていて

それで医療崩壊が起きているのではないでしょうか?



いくら新人の医師の卵がいても

指導しなければいい医師にはなれません。

そんなこともわからずに

頭数だけ揃えようとする

医療行政のゆがみが

大きく日本の医療を変えようとしています。







だれも語りませんが、

いま一番大変なのは

そんな名もない中堅医師ではないでしょうか。

そこの層が崩壊しているから

日本の医療が崩れているのです。






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





(1)
■開業つれづれ:「変わる医療的ケア たん吸引・経管栄養(上)グレーゾーン/家族に負担押し付け」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1772.html













■開業つれづれ:ブラック病院 どこまで書ける36協定 「静岡子ども病院に是正勧告 医師15人に残業代未払い」







限界を超えてみろ!!

みたいな感じ。



静岡じゃ

こども病院は

法律の限界を超えたいみたいです。






静岡子ども病院に是正勧告 医師15人に残業代未払い

2010/11/01 22:21 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110101001057.html

 静岡県立こども病院(静岡市葵区)が医師に上限を超える時間外労働(残業)をさせ、残業代を支払っていなかったとして、静岡労働基準監督署から労働基準法に基づく是正勧告を受けていたことが1日、分かった。

 医師らは病院を管轄する県立病院機構に対し未払いの残業代を払うよう静岡簡裁に申し立て、9月に医師15人に2007年10月~08年7月分の残業代総額約1630万円を払うことで機構と調停が成立した。1人最大で約300万円だった。

 機構によると、病院は以前、常勤医師には残業代の一部しか支払っていなかった。非常勤医師には週35時間分の正規の賃金しか払っておらず、残業代はなかった。労基署の調査で発覚、08年5月に是正勧告を受けた。

 その後、病院側は残業代を支払う仕組みに変更。昨年4月に医師の時間外労働の上限を、年間450時間から750時間に引き上げることで労働組合と合意した。







まあ、私も開業したので

あまり36協定には詳しくないのですが、

限度時間ってあるはず。



36協定(時間外労働協定)の延長限度時間--労働省告示第154号


だとおもいますが、

表だけピックアップします。




間違っていたらすみません。




期間    限度時間
--------------
1週間   14時間
2週間   25時間
4週間   40時間
1箇月   42時間
2箇月   75時間
3箇月  110時間
1年間  320時間




そこで記事に戻ります。




>その後、病院側は残業代を支払う仕組みに変更


わはは。

残業代を払っていなかったんだ。




これだけでも

狂っていますが、


医師の時間外労働の上限を、年間450時間から750時間に引き上げることで労働組合と合意した。



450時間でもおかしいのに

750時間に引き上げ、

って、

完全アウト

じゃないですか?




労働基準監督署は

黙認しているんでしょうか。




ブラック病院が

36協定あるからオーケー!!

とかほざいている様子が目に浮かびます。




また、労基入るんでしょうね、

きっと。






最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。