スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「凄惨、「45歳差婚」の散弾銃無理心中現場の絶句…75歳カリスマ医師はなぜ若妻を撃ち殺し、自らも死んだのか」

 

75歳の院長と30歳の妻。

院長の娘は36歳。



さらには

アウトロー板で有名な人も

絡んでいたりして、

なんだかなんだか昼ドラみたいな設定です。




凄惨、「45歳差婚」の散弾銃無理心中現場の絶句…75歳カリスマ医師はなぜ若妻を撃ち殺し、自らも死んだのか

産経ニュース-2014/11/11
http://www.sankei.com/premium/news/141112/prm1411120004-n1.html

 老齢の医師はなぜ、45歳も年下の若妻を散弾銃で射殺するという凶行に走ったのか。東京・田園調布の高級住宅街で10月、横浜桐峰会病院(横浜市瀬谷区)理事長の松本義峯さん(75)と妻の亜耶乃さん(30)の遺体が発見された。警視庁は無理心中とみているが、一代で大病院を築き、富と名誉に加え、若妻も手に入れた“カリスマ医師”の晩節の歯車が狂ってしまった経緯は-。(宇都宮想)

頭部の右半分吹き飛ぶ “血の海”の凄惨現場

 「2人が血まみれになって死んでいる」

 東京都大田区田園調布の民家から、警備会社の警備員が110番通報を入れたのは、10月17日午後1時10分ごろのことだ。

 警視庁田園調布署員が駆けつけると、2階の寝室には凄惨(せいさん)な光景が広がっていた。室内は文字通りの“血の海”で、ベッドに寝間着姿の男女の遺体が横たわっていた。女性は胸と腹から大量に出血し、男性は散弾銃を腕に抱え、頭部の右半分が吹き飛んでいた。変わり果てた姿の松本夫妻だった。

 同署によると、通報した警備員は、義峯さんの経営する病院で外科医として勤務する次女(36)から依頼を受けて室内に入った。次女は父親が出勤時間を過ぎても姿を見せないことを不審に思ったという。

 玄関は施錠されており、室内に荒らされた形跡はなかった。遺書は見つかっておらず、寝室以外に目立った血痕がなかったことから、義峯さんが寝室で亜耶乃さんを撃った後、自分ののどに銃を押しつけて自殺を図ったとみられる。散弾銃はクレー射撃が趣味の義峯さんが、以前居住していた神奈川県で所持の許可を得ていたものだった。

 病院関係者によると、義峯さんが病院スタッフだった亜耶乃さんと結婚したのは約3年前。義峯さんにとって2度目の結婚だった。事件現場となった田園調布の邸宅は約20年前に購入しており、夫妻はこの邸宅で新婚生活を送っていたとみられる。だが、義峯さんは孫ほど離れた年齢差からか、周囲に亜耶乃さんを紹介することはほとんどなかったという。

 周辺住民は「いつも雨戸を閉め切っていて人の気配がなく、女性の姿も見かけたことがない」と困惑を隠さない。

3万人を執刀 「心から心配してくれる先生」

 義峯さんは、どのような人物だったのか。

 医療関係者向けの転職サイトに掲載されたインタビュー記事などによると、義峯さんは昭和40年に三重大学を卒業。同大大学院に入学し、中退後に国立がんセンターなどで内視鏡の技術などを学び、46年に横浜市の産婦人科の医院を改修して医療法人桐峰会を設立した。

 胃がんや脳内血腫など多分野の手術を行う救急外科医として自らもメスを握り、開業以来約40年間で3万人以上の患者の執刀に当たってきた。キャリアを重ねる中で、病院の規模もどんどん大きくなっていった。インタビュー記事では「8回の増設工事で驚くほど立派な手術室を設置した。廃業する病院も多い中、この病院は変わらぬペースで歩んでいる」と自信をのぞかせていた。

 医師としての評判も高く、数年前から同病院に通院しているという近くの60代男性は「仕事だからではなく、心から患者のことを心配してくれる先生だった。地元では腕一本で病院を建てたカリスマ的な存在だった」と振り返る。

 私生活では、病院を開業した昭和46年ごろ、同じ病院の看護師の女性と結婚。高級別荘地があることでも知られる神奈川県葉山町に新居を購入し、3人の子供をもうけた。教育熱心で「娘を医者にしようと思い、3歳のころから手術のにおいを嗅がせてきた」(インタビュー記事)という。

 趣味はジャズトランペットで、横浜に病院を置いたのも、ジャズとの縁が深い「横浜に住みたかったから」(同)。自身がリーダーを務める9人組バンド「ドクター松本&ストレンジャーズ」のメンバーは、いずれもプロの音楽家で、病院近くの瀬谷区公会堂で頻繁に演奏会を行っていたという。

激務の果ての離婚 経営難に最愛の母の死

 順風満帆の生活に思えたが、10年ほど前に離婚した。インタビュー記事では「診察と手術に明け暮れて家庭を顧みることもできず、奥様に愛想を尽かされて離婚されました」とつづられている。

 病院関係者によると、このころから病院経営が徐々に傾き始めたという。「看護師にボーナスの返還を要求したり、病院の経営資金として借りた金の返済が滞っていたりと、景気の悪い噂話を聞くようになった」と打ち明ける。亜耶乃さんとの再婚を機に再び奮起したが、今年初めに最愛の母親を亡くし、気落ちしていたという。

 病院に10年来通院している女性は「義峯さんは病院で『うちの母がね…』と話してくれたことがあり、とても母親思いだった。あまり口には出さなかったが、とても落胆した様子だった」と振り返る。

 度重なる不幸が最悪の悲劇を招いたのか。インタビュー記事では、「医師に大事なことは患者さんと深く対話すること。医師とは、人間性に溢(あふ)れ、情に深く、誰からも慕われる人であるべきだ」と語っていた義峯さん。捜査幹部は、やり切れない表情でこう話した。

 「遺書がないため、無理心中だったとしても本当の動機は本人にしか分からない。しかし、まだ年若い妻を道連れにする必要があったのか。人生をともに歩む妻と対話し、最悪の悲劇を回避する方法を探すことはできなかったのか」




>医療関係者向けの転職サイトに掲載されたインタビュー記事

これはMRTという会社のもののようです。



20141115image_2906.jpg
http://kaigyou.medrt.com/?page_id=257
(リンク切れ)
手術でないと助からない患者さんがそこにいる手術が終わるまで何も考えられない、ただ手術に没頭する それが人生

当院は年間で1500~2500件の救急患者を受け容れています。開院以来一日も休むことなく、救急車を毎日5~6件 軽症から命にかかわる重症まで受け入れています。

現在手術は週に10件平均、月間で50件強、そのうち直接命にかかわるのが10件、整形が15件ぐらい、残りが軽症も含めて25件 ざっとこれぐらいですが、40年間で一番忙しかった時などは一日胃・十二指腸・腸穿孔などだけでも24時間で7件数えた日もありました。

私は昭和40年三重大学を卒業後、同大学院第一外科に入学し中退、その後名古屋大学医学部第二外科に副手として入局しました。

在局中に派遣勤務で兵庫県公立八鹿病院、愛知県蒲郡市民病院、その後築地の国立がんセンターで、内視鏡を勉強し、神奈川県横須賀市の米国海軍病院でendoscopic surgeryとして指導にあたりました。

ジャズトランペットが趣味で、今でもプロのジャズバンド(ドクター松本&ストレンジャーズ)のバンドマスターをやっているのですが、その為、日本のジャズの発祥地である横浜に住みたいと考え、昭和46年に横浜市郊外にあった産婦人科の貸し医院を改修し、外科を開業しました。

開業して最初の手術は膵臓がんでしたが、産婦人科の分娩台で手術したのを覚えています。

開業後も、神奈川県がんセンター内視鏡倉俣先生、横浜市立大学第二外科大久保講師や池田助教授、杉山教授、脳外科の山口助教授、藤沢市民病院院長笠岡先生、神奈川県がんセンター小泉総長など蒼々たる第一戦外科医の薫陶と指導を受けながら続けてこれたことは幸せでした。

常にそばにいて開業を助けてくれた、相棒の吉岡立樹脳神経外科医や、北里大学麻酔科仲野講師の存在も大きかったと思います。

これらの出会いに深く感謝しています。

開業当初、産婦人科の貸医院の設備を使ったので外科の手術台と違ってテーブルが低く、12時間かかった手術の間に腰が痛くなり、何度もしゃがみこんで手術を終えた事を憶えています。

手術には真摯な気持ちで立ち向かいました。万が一患者さんの命に支障をきたしたら、という恐怖が原点にあったようです。

開業後まもなく、手術待ちの患者さんがたくさん並ぶようになったので、現在の場所に移して60床の外科、放射線科、整形外科、麻酔科の病院を建てたところ、新しい病院はすぐにフル回転するようになりました。

第8次まで増築を重ねた病院は、大学病院並の手術室も備えています。

昨今は、銀行もなかなか新規開業医にお金を貸してくれませんが、当時は実績があればいくらでもお金を貸してくれました。

「先生流行ってますね。これじゃ狭いでしょう。新しい病院を建てましょう」と言われて、夢もふくらみ、当時600ベッドの病院をたてるべく土地を物色しました。

話のあった土地は現在聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の土地でした。何故か、地主さんに売ってもらえませんでしたが、横浜市に売る方が一民間病院の私に売るよりも都合良かったのだと思います。あっさり断られて今のところに117床の病院をたてました。

幼稚園の頃から祖母に繰り返し外科医になれと勧められ、その祖母が尊敬する愛知県碧海郡大字中島の足立病院の院長を目指して医者になるようインプットされました

産婦人科病院の大先生でしたが、馬に乗って往診し、産婦人科の手術だけでなく盲腸などの外科手術も行い、地域から尊敬されていました。従って子供の頃から外科医になるように、お祖母さんにインプット(洗脳)されてきました。

開業後は、診察と救急医療と手術に明け暮れ、家庭を顧みることもできず、とうとう4年前に奥様から愛想を尽かされて離婚されました。

娘も医者にしようと思い、3歳のころから手術のにおいを嗅がせてきました。今では当院の外科 整形外科医師として専門医の資格も取り、診療にあたってくれています。


MRT紹介のドクターは、患者さんの人生と対話ができる

開業当初は医者も看護婦もたくさん集まりました。

アメリカ留学から帰ってきて、「自分は手術のために生まれてきたんだ。その能力をここで発揮してやる」と豪語するような一騎当千の医者が続々と来てくれたものです。

外科医として開業するためには自分ひとりでどんな症例でもマルチにこなせる能力を身につけなければなりませんから、技術を身につけるためにガムシャラに頑張る若手医師を、横浜の地の利を活かして全国から雇うことができました。現在は国立大学の教授になった人もいますし、メイヨークリニックの教授になった人も勤務してくれました。

ところが昭和60年に医療法が変わって病院の地域規制が始まり、新規に病院をたてることが出来なくなりました。

外科医としてどんなに腕を磨いても、自分の病院を作ることが出来ません。 病院を経営するためには潰れた病院を買収するしかなく、その為には最低でも10億円の資金が必要になります。おいそれと開業できるものではありません。

このあたりから一騎当千の何でも外科医、つまり全体外科医が激減いたしました。

そういう現状の中で、MRTさんには大変助けてもらっています。口コミでMRTさんのことを知って、「外科系をマルチにこなせるドクターをお願いします」と頼んだのですが、ご紹介いただいたドクターは皆さんずっと残っていただいていますが、ほぼ希望に叶うドクターを紹介して頂いています。

MRTさんから紹介いただいたドクターのすばらしいところは、まず患者さんと対話ができる、それも患者さんの人生と深く対話ができることです。

更にマルチな技術も全体医として、幅広く専門以外にも勉強してくれているドクターが集まってくれています。

横浜桐峰会病院のような外科系を中心とした個人の救急病院にはとてもありがたいことです。

その点、MRT紹介のドクターが診察に座ると、評判を聞いて、毎週患者さんが増えてくるようです。

患者さんとの対話も気持ちよいくらい紳士的で、礼儀もわきまえて会話してくれますので病院の品格もあがり、患者さんも感謝して帰ってゆきます。

やはりMRTさんはきちんと面接をしてドクターを選んでいるということと、評判の良い医師紹介会社には優秀な人材が集まってくるということなのでしょう。



さらにブラックな話題。

顧問だった人が

なかなかその筋では有名な人だったらしいです。







http://yamanekenichi.web.fc2.com/
修羅の青春記201411 2


著者:山根 健一
1969年(昭和44年)12月27日生 O型。
神奈川県出身 身長 180cm

資格 横浜山元道院遠藤師範少林寺拳法を小学校4、5年生〜中学3年生まで習い一級茶帯取得。(小学生から入門の場合は、無級からスタートで、次が八級からであり、白、黄、緑、茶、黒帯の順番である。中学3年生最高取得限度は二段黒帯の為、本人は第3位取得記録)・原付・普通自動二輪・普通自動車・普通二種免許



学歴高卒。幼少からグレ始め、以後不良の道は全て歩み、逮捕歴、逮捕件数20件、少年時からの前歴・前科12犯
(その内の10種類の事件の10件が新聞に10回記載される。
自分が過去に逮捕され、拘留前釈放や、拘留後不起訴釈放や、
拘留後処分保留釈放など、計五回の無罪放免の記録。(その内二回は、執行猶予中の逮捕)
異例経歴マルチ人間として、スポーツ万能、小学校4年生〜6年生まで、
横浜市少年野球歴代関東(約300チーム中)トップクラス強豪永田台少年野球部最年少エースピッチャー、
小学生から最強武道の達人、小学生番長、中学校1年で初めてパンチパーマをかける(二日間だけ)、
各分野有名人日本一番多数輩出、小・中学校卒業、その前後、落ち着いた時期があったがメキメキと頭角を現し、
日本最大最強グループブランド系硬派武闘派暴走族総会長(全日本麗心愚連盟横浜連合は
当時、チームと支部を合わせると、約40チームの約1000人)、
日本最大最強最悪定時制高校リーダー(日本最大マンモス校、当時全校生徒660人)、
日本トップクラス右翼団体行動隊、日本トップクラス任侠組織系当時トップクラス名門二次団体系組幹部(行動隊副隊長)などを
十代で経験すると同時に、その反面、好奇心旺盛な性分で端正な顔立ち、長身で、
日本トップクラス東京有名劇団東俳所属、
日本最大ブランド芸能プロダクションJ事務所体験(研修生として、ジャニーズJr.一覧(ジャニーズOB辞典)に記載 web.archive.org/web/20120823103948/http://music.geocities.jp/cake_158/jrichiran.html(ここをクリック)
No.2 jpedia.web.fc2.com/jr.html (ここをクリック))、
ディスコ店員、翻訳家である母親譲りの血筋で、ライター、作家として、
ヤンキーレディース人気雑誌ミリオン出版ティーンズロード連載でもお馴染み。
その他、TVや雑誌などに人材を紹介や派遣をするコーディネーターもこなし、
弱冠23歳で青年実業家として横浜最年少ホストパブ・クラブ社長として店を経営し(約15人)、
その後モデル(東京某芸能プロダクション所属)、モデル管理監督ディレクター(会場ブースの男女のモデル達を取り仕切り、まとめる役)、
愚連隊会長、日本最大最強任侠組織巨大ブランド当時No.1二次団体一門系統組員、組長舎弟、
弱冠27歳で横浜最年少最強最悪武闘派任侠右翼団体会長(約30人)、
日本最大最強ブランド暴走族グループ相談役(全日本麗心愚連盟横浜連合、浜連は全日本麗心愚連盟の
中心グループで、全日本は当時約4000人で、浜連は当時約800人)、
数社会社顧問、人材派遣業山根企画社長、
弱冠31歳で多種人種団体山根会会長として元プロキックボクサー、プロボクサー、空手有段者、柔道有段者、元Jリーガーなどの格闘家や、
元、暴走族総長数人、アウトロー有名人数人、
日本最大最強任侠組織巨大ブランド当時No.1二次団体系統現役組員や
日本最大最強任侠組織巨大ブランド当時No.1二次団体一門系統現役組長や組員や
日本最大最強任侠組織当時No,2二次団体系統現役幹部や元、日本最大最強任侠組織系組長や全国強力任侠組織の極道達などで構成された、
超武闘派極悪組織で大同団結を図り、傘下の横浜成人愚連隊、政治結社好健会、政治結社魂龍会の三団体(約50人)をまとめていた。

過去様々な相手と数々の、喧嘩、タイマン、抗争、掛け合いに勝利し、様々な数々の、制裁加えや悪行や武勇伝や苦境や修羅場を経てきた。
そして、様々な世界で、驚異的な人徳と人脈と経歴の持ち主。
尚アンチ山根も存在するが、本人を支持、崇拝する多数の男女の山根派、山根信者、山根ファンが存在している人気者である。
そして今回、体験談を基に自身の半生を顧みるべく執筆活動にたずさわる。
表社会裏社会の各分野を制覇し、34歳での刑務所入所を境に足を洗い、現在では、しっかりと更正し、
※芸能兼AVプロダクション経営(山根プロダクション 事務所西区)
※運転回送経営(A{ア}運転回送サービス 事務所西区)
※通信販売業(ネットショッパーオーク 古物商許可番号451370010631号 事務所西区)
※出張ホスト(ニューダンディー  神奈川県警察届出済 第451350003907号)
※医科器械店顧問2店(?増田医科器械店 本社南区 東洋医科工業 本社南区 東京支社文京区)
  同・元顧問・瀬谷区三ツ境横浜桐峰会病院:故・松本義峯院長
※高級交際クラブ専属スカウトマン兼顧問(西区)
※クリーニング店顧問2店(おしどりクリーニング 南区・スワンクリーニング 磯子区)
※新・中古車販売・一般修理・板金塗装・車検顧問(オートガレージ アスト 磯子区)
※株式会社山根企画代表取締役社長(会社事務所:横浜西区横浜東口事務所)
として真面目な人生を歩んでいる。伝説の強力極悪カリスマアウトローの、偉大なる人間総合力人徳王者。
尚、家系は母方が鉄道省局長であり、全国私鉄経営者連盟代表の財界人の故・後藤悌次であり、
父方は、当時日本一の資産家で、全国長者番付一位の故・山根銀一や、その実弟の日本一有名音楽評論家の故・山根銀二である。
他には親戚にあの元ペルー大使の青木盛久がいる。
尚、作者と本人の因果関係は不明だが、横浜暴走族伝説の漫画『特攻の拓』のマー坊(鮎川真里)のモデルとも言われており、
ルックス(身長だけ違う)、丁寧な喋り方、普段は穏やかだがキレるとイケイケな性格、
横浜暴走族総長、レディース達の憧れ、横浜の高校のカリスマ、弱い者イジメをしない、
薬物大嫌い、甘党、などなど、全て瓜二つでソックリと言われている。




>※医科器械店顧問2店(?増田医科器械店 本社南区 東洋医科工業 本社南区 東京支社文京区)
  同・元顧問・瀬谷区三ツ境横浜桐峰会病院:故・松本義峯院長

すでに”故”をつけているので

死亡後、HPを改定している様子。




ブラック過ぎて

単純な自殺だけとは

思えなくなってきた事件です。



クリックするとAmazonに飛びます。

疾風伝説 特攻の拓 外伝 ~Early Day’s~(5)<完> (ヤンマガKCスペシャル)


ご参考になりましたら幸いです。

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ









スポンサーサイト

男「心臓の具合が悪い」救急「1階は鍵がかかっている、2階から入るぞ。…あれ同姓?」男、2軒隣で死亡

 



亡くなられた方の

ご冥福をお祈り致します。






救急車、2軒隣の同姓別人宅に…通報者は死亡

2013年1月8日08時01分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130107-OYT1T01729.htm

 横浜市港北区の60歳代男性からの119番で出動した港北消防署の救急隊が昨年12月、市消防局消防司令センターの誤った指示で、男性宅の2軒隣にある同姓の別人宅に到着してしまい、その約30分後に男性宅に入っていたことが7日、わかった。


 男性は発見時、心肺停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。

 市消防局によると、男性から「心臓の具合が悪い」と119番があったのは昨年12月17日昼。固定電話から通報があった場合、同消防司令センターのシステムには、登録してある世帯主と住所が自動的に表示される。センター担当者は、男性の氏名などを把握していたが、男性宅と同じ番地で、2軒隣にある同姓の人の家を、誤って出動先として指示。救急隊は通報から6分後に指示のあった家に到着したが、1階が施錠されており、別の消防隊員らと2階窓から家の中に入った

 しかし、家は留守で、通報のあった番号に電話しても家の電話が鳴らないことから、間違いが判明した。救急隊は通報から約36分後に男性宅に到着。倒れている男性を発見した。





2階から入った消防の方も

偉いと思いますが、

簡単に間違いの指示を出してしまった

システムも問題あるのではないでしょうか。





スピードと確実性を両立させることは

大変難しいことですが、

救命救急ではそれが求められています。









↓励みになっております。1日1回、クリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ









■開業つれづれ:並列麻酔 「県立がんセンターの医療過誤:医師、過失で書類送検 麻酔科医ら負担増も /神奈川」



まともにやっていても

麻酔のトラブルで訴訟になると

かなり厳しいのが現状です。



そのうえ

並列麻酔となると

さらにリスクはアップします。




しかし、厚労省と総務省の

病院潰しによって

一施設当たりの手術数が

どんどん増加し、

ぐるぐる手術を回さなくてはいけなくなり

麻酔科医は並列麻酔をするよう

プレッシャーをかけられている病院もあります。




幸いなことに

私はいままで術者として手術をする際に

並列麻酔だったことはありません。





ただ、

麻酔科医は圧倒的に不足しており、

施設での手術数の増加、

全体の手術数の増加に

対応してはいません。













県立がんセンターの医療過誤:医師、過失で書類送検 麻酔科医ら負担増も /神奈川



毎日新聞 2011年1月13日 地方版

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110113ddlk14040265000c.html



 ◇「長時間手術室を離れた」

 神奈川県立がんセンター(横浜市旭区)で08年に手術中に酸素を送る管が抜けて女性患者(47)が意識不明となった医療事故を巡り、県警捜査1課と旭署が12日、担当した麻酔科医(41)と執刀外科医(37)の男性医師2人を業務上過失傷害容疑で書類送検した。県警は「患者の全身管理の必要があるのに長時間手術室を離れた」(幹部)ことなどを過失と判断した。ただ、現場からは、麻酔手術の増加など構造的な問題も浮かび上がる。

 送検容疑は08年4月16日、患者の乳房部分を切除する際、麻酔科医は麻酔を施した後、引き継ぎをせず退室。執刀医は麻酔器から酸素の管が外れたことに気付かず、酸素供給が止まったため患者に脳機能障害を負わせたとしている。センターによると、患者は、現在は意識を回復してリハビリ中という。

 日本麻酔科学会は「現場に麻酔を担当する医師がいて、絶え間なく看視すること」との指針を制定する。だが、同会指導医で横浜市立大学大学院の後藤隆久教授は「経験ある麻酔科医は、患者は短時間で容体が急変することを知っているが、やむを得ない場合もあるだろう」と指摘する。背景にあるのは、医師の負担増だ。厚生労働省の調査では、08年9月の月間全身麻酔手術件数は18万7097件で96年の同期に比べ約6万件増加している。

 一方で、実施施設は96年から約700減り、08年は3652施設に。1施設当たりの手術件数は平均29・5件から51件に増えている。理由として、高齢化や外科技術の発達などが考えられ、「現場は医師数が手術件数に追いついていない状態」(後藤教授)という。【中島和哉】

==============
 ◇08年4月16日手術の流れ

 8:19    麻酔科医が麻酔器の始業点検。麻酔回路の空気漏れなし

 8:45    患者入室

 8:55    静脈麻酔剤で麻酔導入を開始

 9:00ごろ  気道確保用チューブを挿入し、麻酔回路に接続(換気開始)

 9:08ごろ  麻酔科医が退室

 時刻不明    誰かが手術台を操作

 9:15ごろ  執刀外科医が手術開始宣言

 9:16ごろ  麻酔器から管外れる

 9:17    麻酔器モニターの一部の値が、計測不能を表示。アラームを聞いた者はいない

 9:33    看護師がモニター異常表示を確認。PHSで麻酔科医を呼び出す

 9:34~35 麻酔科医が戻り管再接続。換気を再開

 9:36    患者が心停止

 9:52    心拍数が正常に戻る

10:40    主治医から患者の夫に事情説明

11:30    ICU室で人工呼吸器装着

 ※がんセンターが設置した事故調査委員会報告書と県警発表を基に作成








全麻の際に

ベットの上げ下げや

ローテーションをするのは

術野を確保するのに

どうしても必要ですが、

そのときに麻酔科医がいないと

やはり怖いです。





今一度、

手術の労働環境について

考えてみてください。

















■開業つれづれ:「キャンプ座間の返還候補地に総合病院、市が構想を発表」



キャンプ座間跡地は病院になる、

という方向らしいです。




ただでも少ない医師。

どこから

集めてくるんでしょう?









キャンプ座間の返還候補地に総合病院、市が構想を発表

カナロコ 2010年12月13日(月)22時45分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101213-00000028-kana-l14



 米陸軍キャンプ座間(座間、相模原市)の座間市側の返還候補地(約5・6ヘクタール)について市は13日、土地利用構想を発表、構想図を公表した。市基地返還促進委員会の答申をほぼ踏襲した内容で、総合病院の建設が最大の目玉となる。市の考えが正式にまとまったことで、今後、国との本格的な交渉に入るが、病院整備費の捻出などで課題も残されている。

 市は同日、市議会の代表者会議で構想を報告。構想図では、候補地を「病院(約1・5ヘクタール)」「公園(約1・5ヘクタール)」「陸上自衛隊家族宿舎(約2ヘクタール)」「道路・歩道(約0・6ヘクタール)」に分割。市民要望が高く、救急医療にも対応できる総合病院の整備を中心に、「スポーツと健康の森」という理念の下で構想を策定した。

 仮に候補地全体を買い取った場合、数十億円という経済的負担が出るため、病院整備について、市はことし6月に閣議決定された「新成長戦略」の適用を模索。財務省が地方公共団体を通して未利用国有地のまた貸しを可能とする内容で、11月には財務、防衛の両省と市の3者が、同戦略の適用を話し合う検討会も発足した。

 今後は、キャンプ座間に関する協議会で防衛省に構想を示した上で、協議を本格化。構想が受け入れられた際には、日米合同委員会で返還合意へ新たに協議する。

 また、新成長戦略の適用が実現した場合、病院整備に向け、医療圏で定められている病床数の増枠について、県から了承を得なければならないという。



最終更新:12月13日(月)22時45分

カナロコ








総務省は

「病院は叩き潰せ」

と言っております。

着々と地方の病院は

縮小化されつつあります。




こんな現状で

実際に病院は建つのでしょうか?

そして

建ったとしても

医師はそこにいるんでしょうか?





病院ができる、

となれば誰も

嫌とは言えないでしょうけど、

また土建屋が一儲け

というだけの話に思えてなりません。
















■開業つれづれ:「県立病院で生後2カ月の男児死亡、「病院と和解」原告側が公表/横浜地裁川崎支部」

こんなところで

間違った用語を

覚えないようにしてください。





”乳幼児特別死症候群”

じゃなくて

”乳幼児突然死症候群 SIDS: sudden infant death syndrome”

が正式名称です。





記者さんも日本語で

仕事しているんですから

きちんとチェックしないと。



医療現場でケアレスミスがあっても

紙面で叩いてくるのに

マスコミたちは

平気で誤字脱字、あげくに

自分たちで作ったストーリーで

勝手に事実を曲げたりと、

ひどいものです。








県立病院で生後2カ月の男児死亡、「病院と和解」原告側が公表/横浜地裁川崎支部

神奈川新聞 2010年12月9日

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1012090004/

 2000年9月に横浜市南区の県立病院(現在は独立行政法人県立病院機構が管轄)で生後2カ月の男児が死亡したのは、医療態勢の不備が招いた窒息死だったとして、川崎市川崎区の両親が県に約5100万円の損害賠償を求めた訴訟の和解協議が8日、横浜地裁川崎支部であり、病院側が見舞金100万円を支払うことで和解が成立した、と原告側が公表した。

 原告側代理人によると、病院側は裁判で「死因は乳幼児特別死症候群であると推定され、死因と死亡した事実との間に因果関係は存在しない」などと主張していたという。

 男児の母親(46)は「病院に非を認めて、謝罪してもらいたかったが、裁判所の勧めもあり合意した」と話した。






死因と死亡した事実との間に因果関係は存在しない」などと主張していたという。

>男児の母親(46)は「病院に非を認めて、謝罪してもらいたかったが、裁判所の勧めもあり合意した」と話した。




患者さん側が

無理筋だから

5000万 → 100万

で和解、

という話なんでしょうけど、

できることなら

最後まで行ってほしかった。






なぜ100万を支払わなくては

いけないのでしょう?







こんな前例が

いっぱいありますが、

ごね得だけは

いただけません。

こうしたことが

現場スタッフのやる気を削いでいきます。








■開業つれづれ:「医療危機 疲弊する救命の現場」


ガテン系救急現場。



これを読んでから

ばななン氏のDQN救急レポート(1)も

あわせて読むと

その素晴らしさが分かるかも(笑)。







医療危機 疲弊する救命の現場


asahi.com 2009年08月21日
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000000908210004




  午後6時過ぎ、60代の男性の容体が急変した。横浜市鶴見区の済生会横浜市東部病院救命救急センター。8人の医師が男性を取り囲み、懸命の治療が続いた。


  救急医と専門医、8人のチームワークで男性はひとまず落ち着き、守屋志保医師(28)は胸をなで下ろした。この日は夜勤。そのまま翌朝まで、運び込まれる救急患者の手当てをしながら、男性の容体を気にかけて過ごした。


  5年目の守屋さんは月に平均5回の夜勤をこなす。手術が重なって一睡もできない夜も多い。夜勤の翌日は明け休みだが、結局、担当する患者が気になって病院に足が向くことが多い。


  1日ゆっくり休めるのは月に一度あるかないかだ。「救急は志望だったし、やりがいはある。でもQOL(生活の質)を重視する人には向かないかもしれません」


               ■   ■


  東部病院救命救急センターには、救急車で運ばれる人と、比較的症状が軽く自分で来る人を合わせて、一晩平均約70人の患者が訪れる。夜間は、研修医を含め5人の医師で対応するのが基本だ。清水正幸医師(36)は「東部病院は研修医が多く、恵まれている方では」という。ただ不安もつきまとう。


  「救急に医療の原点を感じて志望した。でもいつまで今のペースでやっていけるか。40代後半になったらきついんじゃないかな」と清水さん。


  救急の現場を離れる同期は多い。


  医師の労働環境を分析した日本医科大の長谷川敏彦教授は06年の論文で「急性期病院の医師の負担が急増している」と指摘。「急性期病院の若年医師(40代前半)の離職が加速している可能性がある。将来は危うい」と警鐘を鳴らした。


  こうした現状を受け、厚生労働省は08年、従来の医師数抑制方針を転換し、中長期的に医師を増やす方針を打ち出した。だが、東部病院の長島敦外科部長(50)は「問題は医師不足でなく勤務医不足。医学生を増やしても開業医が増えるだけ」と指摘する。


  救急や外科、産科、小児科といったリスクが大きく拘束時間の長い診療科は人気がない。特に外科志望の研修医は激減しているという。「このままでは、手術が必要な時でも、すぐに受けられない国になるのでは」。長島部長は心配する。


              ■   ■


  横浜市立みなと赤十字病院の八木啓一救命救急センター長(55)は、疲弊する地方の現場を見てきた。3月まで鳥取大医学部付属病院の救命救急センター長だった。同センターの救急医は4人。うち若手の2人が「体がもたない」と辞職を申し出た。後任もなく、他科の応援も得られない。結局、教授だった八木さんと准教授を含め4人全員が「救急現場の窮状を知ってほしい」と一斉に辞職した。


  今の病院は研修医も多く恵まれた環境だが「国に救急医療の現状が十分に理解されているとは思えない」と話す。「政治家はとにかく医療の現場をみてほしい。何が大事か、どこにお金を出したらいいかをきちんと把握したうえで、配分してほしい」


  医療が今抱えるさまざまな問題を解決するには、まずそこからだと思っている。


  《メモ》小泉政権で年2200億円の社会保障費抑制策が打ち出された。医療費も削減方針で、診療報酬はマイナス改定が続く。04年からは新卒医師の新臨床研修制度が始まった。自分が選んだ病院で研修できるようになったため、大都市の民間病院などに人気が集中、地方の医師不足が顕著になったといわれている。






(1)より引用。


>救急車を呼んで、点滴でもしてもらおうと思ったら、日赤は「もうできることないからじっと辛抱しろ」と拒否。
>まあそりゃそうなんだけど。

>そして近所の有名な恐ろしい外科病院に運ばれた。入院しろというが、まずいきなりくそババー「あなたこのくらいで救急車呼ばないでね!」と怒鳴られ

野戦病院の先生というか、お医者さん的な切れがあったので、もし深夜に手や指や首がもげたら、行ってもいいかもしれない。





まあ、このような高名な方々が

医療を無駄に消費している感じがするのは

医療現場の実感です。




本文の最後に、

なんだか変な文章が載っています。

朝日の意見ですか?

医師の意見ですか?

>医療が今抱えるさまざまな問題を解決するには、まずそこからだと思っている。



まずそこ、というのが

”どこのこと”

だか分かりませんが、

医師に取材して

「宮大は医師免許取得の合宿所といったところ」

とか、医師が言ってないことを

記事にしたりする朝日さん(2)に

したり顔で言われるのは

釈然としません。





日本の医療問題は

そんなに簡単な問題ではありませんし

そもそもマスコミによる医療叩きの

総力戦の結果でこうなっていると

多くの医師は考えています。






さんざん誤報を並べて、

「日本医療は非効率だ」

「日本の医療は金を食いすぎている」

(上記はすべて国際的には間違っています)


「大学は白い巨塔だ。ぶっつぶせ」

(つぶしたら地方医療は崩壊しました)

なんて

自分たちのやったことを

振り返らず、

「医療の問題はここです」

なんて言うのは正直、

卑怯だと思います。





タイトルの

>医療危機 疲弊する救命の現場

は、

まるでジャイアンがぶん殴って

ぼこぼこにしたのび太クンのことを

「だれがそんなひどいことを?」

なんてジャイアン自身がいうような、

あるいは

横であおってたスネ夫くんが

「ジャイアンはひどいね」、なんて

笑いながらいうような、

そんな印象を受けます。







だれが

疲弊させたのか、

胸に手を当てて

よく考えてみてほしいものです。














(1)
■開業つれづれ:ばなな先生、救急車を呼ぶ
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-1019.html

(2)
■「宮大は医師免許取得の合宿所といったところ」朝日がまた何かやったらしい 「学生流出 歯止めに力」
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-771.html















最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール




中間管理職: このブログの管理人。
ID上、ブログではmedさんとも呼ばれてます。

某大学医学部を卒業
 ↓
医師免許取得: 医師にはなったけど、医療カーストの一番下でした。
 ↓
大学院卒業(医学博士): 4年間、院生は学費支払って給料なし。
 ↓
さらにアメリカの大学勤務: 激安給料
 ↓
日本の大学病院勤務: 労働基準法が存在しない。

フルコースをこなしたため貧乏から抜け出せず。
 ↓
大学から地域(僻地ともいう)の救急医療で疲弊しました。
 ↓
田舎で開業、借金は天文学的数字に。


今は田舎で開業して院長になりました。
でも、教授に内緒で開業準備していたころのハンドルネーム”中間管理職”のままでブログを運営してます。

ブログは主に
日本の医療制度(医療崩壊)、僻地医療事情、開業にまつわる愚痴と、かな~り個人的な趣味のトピックスです。

よろしくお願いいたします。


中間管理職 

Author:中間管理職 
↑「勤務医 開業つれづれ日記・2携帯版」はこちらから。

おすすめ開業関連本

クリックするとAmazonに飛びます。

クエスチョン・バンク 医師国家試験問題解説 2017 vol.7: 必修問題


クエスチョン・バンク CBT 2017 vol.5: 最新復元問題


医師国家試験のためのレビューブック 小児科 2017-2018


小児がん診療ガイドライン 2016年版


もっともっとねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書3


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書


診療所経営の教科書〈院長が知っておくべき数値と事例〉


感染症レジデントマニュアル 第2版


40のしまった! 事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック (NHCスタートアップシリーズ)


開業医・医療法人のための医療税務と節税対策Q&A


開業医・医療法人…すべてのドクターのための節税対策パーフェクトマニュアル


開業医・医療法人…すべてのドクターのための税務調査対策パーフェクト・マニュアル


医院の財産 承継&相続パーフェクト・マニュアル


よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方


ねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書


もっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書2


もっともっとねころんで読めるCDCガイドライン―やさしい感染対策入門書3

おすすめ医学書

FC2カウンター

いつもご訪問、ありがとうございます。2009年5月7日からの累計アクセス数です。

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
いつもありがとうございます。現在、アクセスしている方の数です。

Amazon人気商品

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。